ALIENWARE ZONE

CULTURE PCゲームカルチャーに関する情報満載!

新世代プロ格闘ゲーマー・竹内ジョンとはいかなる人物か【後編】「プロゲーマーとしての思考法、『ストV』への思い」

格闘ゲーム界の世代交代の先頭を走るひとり、竹内ジョン選手。

前編ではプロになる前の話、ゲームセンターで避けて通れない年上の人とのコミュニケーションの話、19歳で初めて持ったスマホの話などを聞かせてくれて、ようやく人物像がくっきりと見えてきました。

東京で育った20歳とは思えない素朴な一面と、実現までの道のりが見えていない段階でプロを目指す決意をする野心的な面と。

そして後編では、彼の「本業」であるプロゲーマーとしての思考法や『ストリートファイターV アーケードエディション』、そして今後のビジョンについて聞いていこうと思います。


今のラシードは“つむじ風”……でもキャラ変更は考えていない

──ジョンさんといえばラシード、というのはかなり定着してきましたが、ラシードにとって今の環境はどうですか?

ジョン:一瞬強くなったんですけどすぐに調整されて、つむじ風くらいになっちゃいましたね(笑)。なので、まだ今のラシードで何ができるのか、試行錯誤の時間が続くかなという段階です。

──プロになった途端にラシードが弱体化されるなんてひどい、とか思いませんでした?

ジョン:んー、そうでもないですね。今回の調整で弱くなったのは、無条件で画面端を拒否したり、一方的に有利フレームを押し付けるような“誰が使っても強い部分”でした。でも、ラシードっていうキャラの勝ち方というか根っこの部分は残っているので、悪くはないなって。

──キャラ変更は今のところ考えていない、と。

ジョン:キャラ変更も、複数キャラを使うのもあんまり考えてないですね。

──複数キャラを使うプレーヤーも増えていますよね。

ジョン:不利な相手にかぶせるキャラを用意するのはアリなんですけど、プロはやっぱり「魅せる」のも必要だなと思っていて、それには1キャラを詰めていった方がいいのかなって。

前にウメハラさんのインタビューで、「1キャラで攻略を詰めた人の方が最終的には強くなる」と言われていたことがあるんですよ。

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。