ALIENWARE ZONE

facebooktwitter
ALIENWARE SHOP

CULTUREPCゲームカルチャーに関する情報満載!

新世代プロ格闘ゲーマー・竹内ジョンとはいかなる人物か【前編】「格闘ゲームやっていて大人しいわけないでしょ(笑)」

『ストリートファイターII』が登場してから27年が経ちました。格闘ゲームは進化し、『ストリートファイターV アーケードエディション』へとタイトルは変わっても、トップ選手の顔ぶれは驚くほど変わっていません。

しかしその鉄壁のベテランたちに、待ったをかける世代がついに登場し始めています。

ヨーロッパ、アメリカを中心に活動する名門ゲーミングチームTeam Liquidに加入した竹内ジョン選手もそのひとり。

この3月に20歳になったばかりですが、1月の「EVO Japan」で準優勝するなどその実力はすでにトップクラスで、『ストV』の最初期からラシードを使い続けているプレーヤーとしても有名です。

ただ、強気なラシードはよく見ていても、実はどういうパーソナリティかはあまり知らない、という人も多いのではないかと思います。

そこで今回は、竹内ジョンとはいかなるプレーヤーなのか、そしていかなる人物なのか、というところを見つけに行ってきました。


18歳、プエルトリコでの大会が人生の起点に

──Team Liquid入り、おめでとうございます。念願のプロゲーマー生活はどうですか?

ジョン:プロになる直前はほんとに切羽詰まっていたので、今はやっと少し落ち着いてきたところです。

──切羽詰まっていた、というと?

ジョン:とにかく結果を出さなきゃ、スポンサーを見つけられなきゃオレは死ぬんだ、みたいな(笑)。なんとかチームが決まって、これでちょっとだけ長い目で見て行動できるなぁってほっとしました。

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。