ALIENWARE ZONE

facebooktwitter
ALIENWARE SHOP

GAMEPCゲームで勝ち抜くための情報満載!

オープンワールドの世界が広がる『FFXV WINDOWS EDITION』の美麗な映像と広大なマップを自由に旅しよう! 【『FFXV WINDOWS EDITION』レビュー・前編】

王道のストーリーと重厚な世界観の『FFXV』Windows版がついに登場!

2016年11月にPlayStation 4とXbox Oneで発売されたコンソール版の『FINAL FANTASY XV』(以下、『FFXV』)は、オープンワールドを採用したスクウェア・エニックスのRPGだ。このほどWindows版『FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION』がリリースされ、PCならではの強力なグラフィック機能を利用することで、美麗なグラフィックを堪能しながらプレイできるようになった。まずは簡単にストーリーを説明しておこう。

『FFXV』は、ルシス王国の王子であるノクティスがグラディオラス、イグニス、プロンプトという3人の従者とともに王都を出発するところから始まる。長らく対立が続いていたニフルハイム帝国との停戦協定が結ばれる予定となったため、和平の証しとして帝国属州のテネブラエの名門フルーレ家のルナフレーナとの結婚式を執り行うためだ。
しかし、帝国は停戦協定の調印式で王国を裏切り、王都インソムニアを襲撃。ノクティスは王都の陥落と聖石クリスタルが帝国に奪われたこと、ノクティスの父であるレギス王がその戦いの中で死亡したことを知る。ノクティスたちは帝国からクリスタルを奪還するために、歴代王の力を秘めた武器である「ファントムソード」を集めるべく旅に出ることになる。
旅を始めてほどなく、ノクティスは星を支える六神に呼ばれていることを知る。そこから判明し始める世界の危機。クリスタルの力の秘密や暗がりに現われる怪物「シガイ」の正体が明らかになり、帝国との対決は星を救うという壮大な目的へと変貌していく──

あらすじとしては世界を救うという、FFシリーズのみならずRPGの王道で定番のものだが、背景にある世界観や設定が緻密で、それらが本作のストーリーに厚みを持たせている。本作では旅という形で3人の従者が同行することになるが、3人は王子のノクティスとは長年連れ添った仲であり、単なる従者ではなく固い友情で結ばれた仲間だ。物語の各所で描かれる冒険ではそれらのエピソードが展開され、感情をキャラクターたちに重ねながら、プレイヤーをストーリーに引き込んでいく。

また、ゲームだけでなくアニメやフルCG映画、スマートフォンでお手軽にプレイできるモバイル版、作中のミニゲームの配信など、さまざまなメディア展開を見せており、作品そのものの人気が高いこともうかがえる。

王家の力を集める旅
主人公、ノクティスは帝国に打ち勝つため、そして星を救うため、王家の力を集めていく

仲間との会話
ところどころで交わされる仲間とのフルボイスでの日常会話。単なる従者ではなく、仲間ということを感じさせ、主人公に感情移入しやすくなっている


多数のクエストにド派手なアクション、そして広大なオープンワールド

ゲームには本筋のストーリーとは別にさまざまなクエストが用意されている。オープンワールドを採用したことで自由にいろいろな場所に移動することができ、メインクエストを進めつつサブクエストもこなしていくのが一般的なスタイルとなる。メインクエストだけをひたすら進めるもよし、世界を隅々まで回って豊富に用意されたサブクエストをこなしまくるもよし、どんなプレイスタイルでも楽しむことができるのが『FFXV』だ。

豊富に用意されたクエスト

町にあるレストランでクエストを受注しモンスターなどを倒す。クエストをこなすことでハンターランクが上がり、レベルが高く報酬も大きいクエストを受けられるようになる。町やレストハウスごとにさまざまなクエストがあり、本編以外に詰め込まれた要素も多い

メインクエストのストーリーが終盤に入っていくと、話はしだいに直線的な形で進んでいくようになる。ただ、ある程度のところまで進めてもとのオープンワールドマップに戻ることも可能だ。気分しだいでメインストーリーを進めたりサブクエストを受注したりと、最後まで自由度の高い設計で、クリア後にもやり込み要素やダウンロードコンテンツ(DLC)を楽しむことができる。

DLCの中にはオンラインで仲間を募り敵の討伐をする、いわゆるオンラインマルチプレイのものもあり、多様な楽しみ方ができるのも魅力の一つだ。すでに配信済みのDLCのほか、2019年初頭にはさらなるDLCの配信予定も控えており、そちらにも期待が高まる。

FFシリーズを踏襲する剣と魔法+召喚獣の戦闘システム

RPGのクオリティを語る上では欠かせない要素である戦闘システムは、アクション初心者から高度な戦略を用いて戦う上級者まで幅広く楽しめる。戦闘ではプレイヤーはノクティスを操作し、仲間3人はAIによって制御されていて、仲間は自分で考え敵を攻撃し、ノクティスや仲間とサポートし合う仕様だ。

敵の攻撃をかわしながらタイミングを見きわめて攻撃を仕掛けるのが基本だが、複数装備できる武器を細かく切り換え、敵との距離を一気に詰める「シフト」や「シフトブレイク」といったアクションを繰り出すことも可能。これらの技は見た目にも派手で、『FFXV』の真骨頂でもある「かっこいいプレイ」をすることができる。空中に足場があるかのように瞬間移動しながら敵と交戦するシーンは圧巻だ。

FFシリーズでおなじみの魔法は、マップ上にある炎・冷気・雷のエレメントを集め、アイテムなどを組み合わせることで精製。ファイア/ブリザド/サンダーなどの魔法を使用できる。

戦闘自体はノーマルモードだけでなく、攻撃力や防御力がアップしたり、一部を除いてゲームオーバーにならないイージーモードも搭載。戦闘で得られるアビリティポイントを使ってスキルを取得すれば、主人公のノクティスを強化したり、より強力な仲間との連携攻撃を繰り出したりできるようになる。

ド派手な戦闘シーン
迫力の戦闘シーン。相手の後ろに回り込んで攻撃を加えると発生する「バックアタック」。さまざまなテクニックを駆使して効率よく敵を倒そう

仲間と連係して大ダメージ
特定の条件を満たすことで仲間と連携した攻撃を繰り出すことができる。タイミングよく左クリックすることで、最大10回までの連続攻撃が可能な上、繰り返し攻撃することでダメージが増加していく

AIによる仲間の行動
仲間の3人はAIにより動作する。画像は、ノクティスが岩陰に隠れて体力を回復しようとしたところ。主人公を敵から守るために仲間の一人、イグニスが近くで待機してくれている

FFシリーズの代名詞とも言える召喚獣の使役だが、今作でも「六神」という形で導入されており、派手な演出のカットインで敵に大ダメージを与えることができる。召喚獣は意図して使うものではなく、一定の条件が揃ったときにBGMが変わり召喚が行えることがわかるようになっている。召喚可能な状態になったら召喚ボタンを長押しすることで召喚獣の登場だ。ラムウやシヴァ、リヴァイアサンなど、FFシリーズでおなじみの召喚獣たちが敵を蹴散らしてくれるだろう。登場する多数のモンスターなど敵役も魅力的で、迫力満点の巨大な中ボスや山のような大きさの超巨大モンスターが戦闘を彩ってくれる。

召喚獣、リヴァイアサン
本作では六神のうちの1柱であるリヴァイアサン。水神で召喚獣として登場し、圧倒的な強さで敵をせん滅してくれる。見上げるような巨大な姿は圧巻だ

迫力のある巨大モンスター
迫力満点の巨大なモンスター。中ボスクラスでクエストの対象になっていることが多い。倒すことで武器を改造したり、魔法の調合に使ったりするアイテムを得られるので、積極的に強敵を討伐していこう

山のように巨大なモンスター
こちらは、山と同じくらいのサイズの超巨大なモンスター。空中から見てもその巨大さわかる。はたして主人公たちはこんな大きな敵を倒すことができるのか?

オープンワールドでたびたび足かせとなる移動だが、本作には徒歩のほか、ノクティスの父、レギスの残した愛車の「レガリア」でも移動できる。この車は自分で運転してマニュアル操作も可能だが、イグニスに運転を任せるオートドライブもあり、指定した地点まで一気に移動することが可能だ。ゲーム内通貨(GIL)を支払うことで一気に目的地に到着できる「ファストトラベル」も用意されている。シームレスな移動を可能としており、エリア間のジャンプや、ファストトラベルで大きな距離の移動をしなければ、マップなどのロードの待ち時間もいらない。

ファストトラベルで快適に移動
レガリアでのオートドライブはマップで行き先を指定するだけ。リストの右に早送りのマークが付けられている箇所はファストトラベルが可能。GILとロード時間で目的に到着する

FFシリーズでおなじみのさまざまなコンテンツ

FFシリーズではおなじみのチョコボも実装されており、車では入っていけない林の中や、湖の上を泳いでの移動など、便利な乗り物として活躍する。チョコボや車を使ったレースゲームもあり、本編以外の要素でも楽しめる部分が多い。

チョコボのレンタル
本作でも登場する移動手段「チョコボ」は、券売機でレンタルすることで利用できる。レンタル期間中はいつでも笛で呼び出し可能だ

チョコボで移動
ゲームを開始してしばらくの間は、車で移動できるのは道路上に限られている。車で目的地の近くまで移動してから、残りはチョコボで移動するといった使い方が多くなるだろう

チョコボも一緒に戦ってくれる?
チョコボに乗り続けることによってチョコボのレベルも上がっていく。ダッシュするためのスタミナの強化のほか、敵と戦っているときに現れて共闘してくれるなど、チョコボを育成する要素もある

ちなみに、レガリアはハンマーヘッドという拠点にいる女性整備士・シドニーによりカスタマイズしてもらうことが可能だ。改造のためのアイテムは必要になるが、汚れにくくなったり壊れにくくなったり、夜間の移動が安全に行えるようになったりと、ゲームを進める上でうれしいカスタマイズをしてくれる。さらにオフロード仕様のTYPE-D、空を飛べるTYPE-Fへの改造も可能。本来のレガリアは道路上しか進めないが、改造を加えれば道路以外の部分も車で突入できるようになる。

また、宿泊施設に泊まった際には提供されないが、キャンプ時にはイグニスが料理をしてくれる。この料理はキャンプ直後にステータス向上の効果があるため、クエストの目的地到着前などにキャンプをすることで、戦局を有利に進めることができる。しかし、料理の魅力はそれだけではない。料理の描写の緻密さにも注目だ。製作者の力の入れようがうかがえる、本物と見間違えるほどの料理の質感は、一見の価値がある。

このほかにもゲーム内で楽しめる本筋以外の要素が非常に多く、先ほど記述した車やチョコボのレースのほか、レストハウスにあるゲームでも遊べる。また闘技場でモンスターの勝ち負けを予想するギャンブルや畑での作物の栽培も魅力的だ。

キャンプの際に提供される食事
並々ならぬ思い入れを感じるキャンプの際に食べる料理の描写。まるで目の前に本物の料理があるかのようだ

レガリア TYPE-D
オフロード走行が可能なレガリア TYPE-D。改造前は道路上しか移動できなかったレガリアが、道路以外の場所でも走行可能に。ちょっとした障害物やフェンスなどはジャンプで飛び越えることもできるようになっている

レガリア TYPE-F
レガリアはTYPE-Fへの改造をほどこすことで、空を飛べるようになる。しかし、着地をミスると爆発してゲームオーバーになってしまうので、着陸は慎重に


コンソール版との違いはグラフィックの優美さと特典DLC

さて、Windows版の『FFXV』はなにが違うかについても説明しよう。

まず挙げられるのが、PC版はグラフィックが美しくなっているということ。細かいことは省くが、PC版に最適化されたグラフィックエンジンとNVIDIAがリリースした『FFXV WINDOWS EDITION』対応ドライバー「GeForce Game Ready Driver 391.01」のシミュレーション処理により、草原や髪の毛、炎や煙、陰影処理など、美麗な3D表現を実現するための、PCの強力な機能をサポートしている。

最大で8K(7,680×4,320ドット)に対応したNative 4K(3,840×2,160ドット)解像度とHDRに対応しているのも魅力の一つだ。コンシューマーではフルHD(1,920×1,080ドット)が基本だが、対応モニターさえあれば高精細なグラフィックを堪能できる。HDRとは「High Dynamic Range」の略で、明暗の表現が旧来のモニターやテレビより豊かになる機能。もともとテレビは人間の可視光の輝度を完全に再現できているわけではなく、ゲームなどでよくあるのが、暗い場所に入ったときに明暗の差がなくなり映像が見づらくなってしまうというもの。HDRでは、そのようなコントラストの差も表現できるため、人間の目で認識できる明暗の差を、モニター側で再現できるようになるというものだ。

美麗なグラフィックス
緻密に描かれた街並み。PCならではのビデオカードの性能を活かした美麗なグラフィックスを味わうことができる。対応モニターが用意できれば4KでHDRを利用することも可能だ

また、『FFXV』には数多くのDLCが配信されていることは前述したが、現在配信済みのDLCに関しては[y1] 最初から同梱された状態になっている。これは、Windows版とほぼ同時に発売された、コンソール版の『FINAL FANTASY XV ROYAL EDITION』と同様であるが、PlayStation 4およびXbox One版『FFXV』では有料であったDLCが最初から付属するのはうれしいところだ。

このほか、ゲームへの没入感を高めるためにノクティスの視点をFPSのような一人称視点に変更するファーストパーソンモードのサポートや、コンソール版で配信済みの特典アイテムなども同梱されており、お得感がある。

オンラインマルチプレイが可能
DLCも豊富。オンラインでのマルチプレイも可能で友人などと協力して敵を倒せる。Windows版には、すでに公開されているコンソール版『FFXV』のDLCも最初から同梱されている

さらに、Windows版の特徴の一つとして、購入するストアによって特典が違うところも挙げられる。Microsoft ストアで購入した場合は、Xbox One版の『FFXV』や『FFXV ROYAL EDITION』とセーブデータを共有できるクロスセーブが可能だ。どちらのプラットフォームでもセーブしたところからプレイすることができる。また、PCゲーム用プラットフォームのSteamとOriginで2018年5月1日までに購入した場合は早期購入特典として、特別な衣装がダウンロード可能だったが、Steamの特典は好評につき無期限で得られるようになっている。Originでは『The Sims 4』に、Steamでは『Half-Life』にちなんだ服などを装備することができる。これらはオンラインゲームでも利用できるため、個性を主張したい人におすすめだ。

Origin版の特典の衣装
Origin版の『FFXV WINDOWS EDITION』を購入すると、『The Sims』のラマスーツとプラムボンセットをもらうことができる。ユニークでユーモラスな衣装だ

Steam版の特典の衣装
Steam版の特典として用意された『Half-Life』の衣装。ブラックメサ社製の防護服や金属工具のクロウバー(いわゆるバール)を利用することが可能だ


『FFXV WINDOWS EDITION』推奨ゲーミングPCも続々登場!

最後に『FFXV WINDOWS EDITION』の推奨モデルについて紹介しよう。各界が注目するだけあってPC版が発売されるや否や、さまざまな推奨ゲーミングPCが各社から発表されている。動作スペックは他のゲームと比べても突出して高スペックというわけではないが、推奨モデルは余裕を持ってフルHDでプレイできるくらいの性能と言える。4K HDRとなるとハイエンドマシンが必要になる。

ここでは、DELL/ALIENWAREの『FFXV WINDOWS EDITION』推奨モデルをいくつか紹介しよう。

New Inspiron 15 7000 ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION 推奨パソコン
15.6型のフルHDパネルを採用したデルブランドのゲーミングノートPC。クアッドコアのCPU、Intel Core i7-7700HQとNVIDIA GeForcfe GTX 1060を搭載。このサイズのノートPCとしては強力な装備でゲーマーをバックアップ

http://www.dell.com/ja-jp/shop/デルのノートパソコン/new-inspiron-15-7000-ファイナルファンタジーxv-windows-edition-推奨パソコン/spd/inspiron-15-7577-laptop/cai615hlfss16onffojp

ALIENWARE 17 FFXIV / FFXV WINDOWS EDITION推奨パソコン
17.3型の大型パネル、オーバークロックも可能なIntel Core i7-7820HKとNVIDIA GeForce 1070を搭載する、ノートPC最強のゲーミングPC。『FFXV WINDOWS EDITION』に対応したLED発光機能「Alien FX」と、目線追従機能の「Tobii Eyetracking」など、ALIENWAREならではのユニークな機能が満載

http://www.dell.com/ja-jp/shop/デルのノートパソコン/alienware-17-ffxiv-ffxv-windows-edition推奨パソコン/spd/alienware-17-laptop/caaaw175ffjp


ALIENWARE AURORA ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION 推奨パソコン
最新の第8世代CoreシリーズであるCPU、Intel Core i7-8700とNVIDIA GeForce GTX 1080を搭載したゲーマー向けのハイパフォーマンスデスクトップPC。このスペックであれば、『FFXV WINDOWS EDITION』はもちろんのこと、現行の3Dゲームならほとんどがヌルヌル動く

http://www.dell.com/ja-jp/shop/デルのデスクトップコンピュータ/alienware-aurora-ファイナルファンタジーxv-windows-edition-推奨パソコン/spd/alienware-aurora-r7-desktop/caaawar713jp


クリア後もやりこみ要素が満載!

オープンワールドにより自由度の高い設計、多数のクエストやミニゲームなどの豊富なゲーム内要素、クリア後のやり込みやDLCコンテンツなど、『FFXV WINDOWS EDITION』は長期間にわたって楽しめる内容の濃いゲームに仕上がっている。本筋以外の豊富なコンテンツだけでなく、重厚な作りのメインストーリーで物語への没入感も高い。ノクティスに襲いかかる過酷な使命と運命を、読者諸氏もぜひプレイして堪能してほしい。

ちなみに、筆者自身は今回紹介したWindows版の『FFXV』をすでにクリアしているのだが、やりつくしたというにはほど遠く、やり込み要素が盛りだくさんの本作にとってはまだ序の口。クリアしていないクエストやDLCのほか、これから先に配信予定のDLCも待っている。すべてを遊びつくすのにはまだまだしばらく時間がかかりそうだ。

オープニングのノクティスの姿の理由は……?
オープニングムービーに現れるノクティスは、プレイ時のノクティスよりも年齢を重ねているように見える。その秘密とは……? ぜひ最後までプレイしてほしい!

後編では、ALIENWAREの『FFXV WINDOWS EDITION』推奨ゲーミングPCで具体的に遊んでみたレビューをお届けする予定だ。

© 2016-2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

■関連リンク
FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION
http://www.jp.square-enix.com/ff15/PC/