ALIENWARE ZONE

facebooktwitter
ALIENWARE SHOP

eSPORTSeスポーツに関する最新情報をチェック!

【LoL 2018春プロシーン】LCK Spring Split、MSIへと向かう完全無欠の王者【LCK】

世界各地で熱い戦いが繰り広げられている『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』プロシーン。その中でも最も注目されているのが韓国一部リーグ「League of Legends Champions Korea(LCK)」だ。8年目に突入し7回の世界大会を開催してきた『LoL』プロシーンでは、5回の世界王者を輩出している韓国。そんな地域であっても、昨年後半より強豪の失墜と新鋭の台頭が起きつつある。春夏間の国際大会「Mid-Season Invitational(MSI)」へ向けて、この春に「最強地域」で一体何が起こっていたのかを振り返る。

レギュラーシーズン結果
1位 Kingzone DragonX(16勝2敗)
2位 Afreeca Freecs(13勝5敗)
3位 KT Rolster(13勝5敗)
4位 SK Telecom T1(9勝9敗)
5位 KSV eSports(9勝9敗)
6位 ROX Tigers(9勝9敗)
7位 Jin Air Green Wings(7勝11敗)
8位 bbq Olivers(6勝12敗)
9位 MVP(6勝12敗)
10位 Kongdoo Monster(2勝16敗)

プレイオフ結果
優勝 Kingzone DragonX
準優勝 Afreeca Freecs
3位 KT Rolster
4位 SK Telecom T1
5位 KSV eSports

失墜する王者たち

昨年夏以来、不調にあえぐSKT。トップ偏重メタであるLCKにおいて、トップレーナーがその役割をしっかりと果たせないのは致命的だ。ジャングラーのBlank選手も大きな批判にさらされ、サポートであるWolf選手をジャングルに一時転向させるなどの迷走も続いた。春スプリット前半の連敗中には、チームの大黒柱たるミッドのFaker選手の精神状態も体重が減るほどだったという。レギュラーシーズン最終盤には他チームの結果でプレイオフ出場が決まるところまで追い詰められてしまった。

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。