ALIENWARE ZONE

eSPORTS eスポーツに関する最新情報をチェック!

【特別企画】Team Liquid ネモ選手インタビュー・後編「社会人とゲーマー、2つのプロの矜持」

ALIENWARE ZONEでコラム「勝てるゲーマー論」を寄稿している、Team Liquid所属のプロ格闘ゲーマー・ネモ選手。今回の特別企画では、所属や『ストリートファイターV アーケードエディション』(以下『ストV AE』)の環境変化など、新たな環境が周囲を取り巻く現在のネモ選手に、現在と今後を見据えてのお話を伺う。

前編では「Capcom Pro Tour」や『ストV AE』への姿勢について聞いてきたが、こちらの後編では、社会人プロゲーマーとしての在り方や、プロゲーマーの門を叩く若者へのアドバイス、そして今まであまり語られていない、プライベートの過ごし方などを語ってもらった。


「社会人だから勝てない」とは言わせない──社会人プロゲーマーとして

──兼業プロゲーマーとして活躍されていますが、両立することへの課題や考えは変わったところはありますでしょうか?

ネモ:「社会人だから勝てないよね」って言う人は多いので、「そんなことはないんだよ」ということを証明するために結果を残さなければいけない、と常に思っていますし、兼業でもゲームを続けたらプロにもなれるし、いいこともあるんだよということを示していきたいのは変わらないですね。やっぱり自分が負け続けていたら、「プロゲーマーって専業じゃなきゃダメじゃん」と言う人も多くなってしまいますので。

自分はゲームをもっとやりたいからスクウェア・エニックスに転職したんですが、労働条件も良くなったので、プロゲーマーとして活動をもっと広げられるんですよ。好きなことを夢中でやって成果を出せば、会社にもフィードバックできるので、そういうところでうまく両立はできるんじゃないかなと思ってます。

──スクウェア・エニックスへの転職は、チームの移籍よりも心境的な変化は大きいように見えます。

ネモ:以前までは「仕事は仕事、ゲームはゲーム」っていう思いが強かったんですが、スクウェア・エニックスに入ってからは仕事もゲームに変わったので、何が仕事で何がゲームなんだろうっていう気持ちに陥っちゃうことはありますね(笑)。やってること自体は楽しいですし、仕事でもミーティングや意見交換をしたり、自分がゲームで繋がった人を紹介したりできるんですよ。仕事とゲームの両立はできているとは思いますが、まだ手探り状態なので、これからいろいろやっていきたいなという感じです。

──参加できる大会には出たいとのお話でしたが、どれくらいのペースで参加できそうな感じでしょうか?

ネモ:前までは年に2、3回しか海外の大会に行けなかったのが、今年は8、9回は参加できそうで、倍以上になるんですよ。その中で自分が行ってみたいところを選出して、いろんな大会に出てみたいんですよね。

「Final Round」と「Norcal Regionals」のどちらに行こうか悩んだのですが、「Final Round」は「Capcom Pro Tour」一発目の大会ですし、去年も出場選手が多かった大会なんです。それに比べて「Norcal Regionals」は人数が少なかったことを考えると、こっちに行った方が勝率は高くなりますよね。でも、今まではどちらかしか行けない状態だったので、だったら行ったことのない「Final Round」に参加したかったので選んだんです。

行ってみたい大会は年間でチェックしているので、参加していく中で「Capcom Cup」にも出られれば嬉しいですね。

──最近ですと、一日あたりの練習時間はどれぐらいなのでしょうか。

ネモ:会社のラウンジにゲームができるスペースがあるんですが、昼休みはそこでやってますね。社内にeSportsサークルがあって、練習相手になってくれるんですよ。毎日というわけではないんですが、ミーティングや打ち合わせと被らなければみんなと混ざって対戦してます。

あとは仕事が忙しくなければ、だいたい19時ぐらいには上がれるので、そこから「スタジオスカイ」で2、3時間遊んで帰るという感じです。

ただ、みんなが集まるのって「スタジオスカイ」は金曜日、日曜日、「e-Sports SQUARE AKIHABARA」は水曜日だけなので、それ以外の平日だと吉祥寺の「プラサカプコンeスポーツCLUB」にも行ったりしますが、人がいなさそうであれば自宅で練習することもありますね。基本的にはオフライン対戦がメインです。


この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング