ALIENWARE ZONE

eSPORTS eスポーツに関する最新情報をチェック!

【特別企画】Team Liquid ネモ選手インタビュー・前編「新環境と、勝ちを見据える視点と現状」

ALIENWARE ZONEでも、コラム「勝てるゲーマー論」を寄稿しているプロ格闘ゲーマーのネモ選手。「勝つため」の攻略方法や持論をはじめ、兼業である社会人プロゲーマーとしての目標、スポンサー獲得に至るまで苦労や喜びなどを書き連ねた内容で、現在までに18回の掲載という数を重ねている。

2018年3月には欧米の名門eSportsチーム「Team Liquid」に移籍し、同時期に入門した竹内ジョン選手ともども、これからの活躍にもますます注目が集まっているネモ選手。そこで、「Capcom Pro Tour」の戦いが本格化する直前の4月に、特別編としてインタビューを敢行した。4月公開の前編では、「FINAL ROUND」から鑑みた「Capcom Pro Tour」への意気込みや、バージョンアップを重ねる『ストリートファイターV アーケードエディション』(以下『ストV AE』)に対する接し方などを伺った。

転職や移籍などの激しい環境変化の中でも、さらにプロゲーマーとしての活動と戦績に磨きをかけているTeam Liquidのネモ選手。

メディアへの露出を通じてスポンサーに還元したい──「Team Liquid」について

──ALIENWAREからスポンサードを受けていたころと、Team Liquidに移ってからで、大きな変化はありましたか?

ネモ:個人的には、ユニフォームが変わったくらいの印象ですね。スポンサー企業が増えたことで、メディアへの露出も増えていくんじゃないかなと思うので、もう少ししたら変化を実感するのかもしれません。
ただ、「いま結果を残すしかない」ということはつねに思っています。ALIENWARE様にスポンサードしていただいて結果を出せたからTeam Liquidに移籍することができましたし、それに伴って契約の条件もすごく良くなったので、結果を残すと後々いいことがあるのは身をもって経験しました。

先日の「FINAL ROUND」に参加したときは、Team Liquidのスタッフが活動を補佐してくれましたね。「何時から試合が始まるよ」っていう連絡もそうですし、大会中は飲み物や食べ物を調達してくれるんですよ。基本的にはPR目的ですが、自分たちが試合しているときはSNSに発信する写真を撮ってくれたりするので助かります。

──「こういったものを」というチームからのオーダーや指標は何かあったりするのでしょうか。

ネモ:Team Liquidは、プレイヤーへの理解がすごくあるところなんですよ。「彼は兼業でやってるから、思うほど大会には出られないかもしれないよ」とスポンサーに説明してくれましたし、(竹内)ジョンくんには「海外に行けていないならどんどん行きなよ」ということで行かせてくれるんですよね。

──竹内ジョン選手の「プロゲーマーになりたい」という本気ぶりをネモさんは以前から買われていましたが、チームメイトとなりましたね。

ネモ:自分は先にTeam Liquidへ移っていたので「EVO Japan」で活躍したジョンくんを推薦できただけですし、彼はちゃんと結果を残したので、ご褒美をもらえたんだと思います。同じチームになれたのは相応の結果だったと思いますし、特に同じチームになれてよかったという感想はなくて、これからお互い頑張っていこうっていう感じですね。

──チームを通して、これからやっていきたいという新たな目標はできましたか?

ネモ:プロゲーマーやeSportsがすごく注目されているので、結果を出すことやメディアへの露出を通じてスポンサーに還元できるようなことはしていきたいですね。自分が活躍することによって、スポンサーも「じゃあ、何かイベントを開こう」っていう動きが増えたりすると思うので、ファンの方々にはそういうイベントに気軽に参加してほしいです。

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング