ALIENWARE ZONE

facebooktwitter
ALIENWARE SHOP

eSPORTSeスポーツに関する最新情報をチェック!

対戦格闘ゲーム大会「EVO Japan」は何を目指したのか!? 大会運営委員長「ハメコ。」氏に聞く

2018年1月26〜28日に3DAYSで開催された「EVO Japan」。すでに様々な大会レポート記事を目にし、多くの人がその存在や詳細、結果などはご存じだろう。本記事は、そうしたレポートとは少々違った切り口で構成した。

今回、この記事を執筆するにあたって、EVO Japanの運営委員長である「ハメコ。」氏に話を伺い、多くのコメントを得ることができた。EVO Japanの立ち上がりから次回の構想、そしてEVO Japanが何を目指したのかを探ってみたい。

日本でEVOが開催されるまで

このページを読んでいる人であれば、米国で開催されている「Evolution Championship Series(通称「EVO」)」を知らない人はいないであろう。米国最大、いや世界最大級の対戦格闘ゲームを中心としたゲーム大会だ。そして、その日本版として開催された「EVO Japan」が今年2018年の1月に開催された。近年のeSportsシーンでは、海外発祥のゲーム大会の日本国内版が開催されることもある。その真打ちと言っても過言ではない、満を持して開催されたのが「EVO Japan」だ。

じつは「EVO Japan」の構想は、2010〜2011年にかけて、一度立ち上がっている。その時は志半ばで(東日本大震災の影響もあり)一度立ち消えた格好だ。それが2014年あたりから再び「EVOを日本で」というムードが内々に存在していた。

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。