ALIENWARE ZONE

facebooktwitter
ALIENWARE.TV JAPANALIENWARE SHOP

GAMEPCゲームで勝ち抜くための情報満載!

『Frio - Lost in old town』いろんなアクションで謎解きするホラーADV -Steamジャケ買い1本勝負(12)-

Steamで配信されているタイトルから、直感で選んだタイトルをジャケ買いして紹介するこのコーナー。第12回は王道ホラーの雰囲気に惹かれて買ったこのタイトルを紹介します。


この『Frio - Lost in old town』はzoocrosより410円で配信中の作品で、サイドビューのホラーアドベンチャーゲームです。制服の女の子を操作して、幽霊を避けながら不気味な廃村を探索するというわかりやすい内容。日本語にも対応しています。


マウスをグリグリと動かして左右に移動しつつ、建物や部屋に入る時やアイテムを使用するときはアイコンをクリックする簡単操作。

朽ち果てた病院や家を探索してアイテムや謎めいたヒントを見つけ出し、それを元に行く手を阻むナンバーロックや、最初は取れないアイテムなどを入手して行動範囲を広げていく作りです。

道をふさぐ布をハサミで切ったり、釘で打ち付けられた板を釘抜きで取り除いたり……。ふたつのアイテムを組み合わせて新しいアイテムを作れる時もあるので、よく調べる必要アリ。


移動していると幽霊が突然現れることがあり、接触された場合はボタン連打やキーボードの特定のキーを押しまくることで回避できます。回避に失敗すると即ゲームオーバー! タイトル画面に直行! なかなかにハードです。

この幽霊遭遇シーン、主人公と幽霊が思いっきり取っ組み合いしていて、回避成功すると幽霊を突き飛ばすのがいろいろすごい。思ったより生っぽい幽霊なんですね。それとも主人公の気合がすごいのか。


幽霊を回避しながらのアイテム探しに、ナンバーロックを使った軽い謎解き。ホラーアドベンチャーとしてはオーソドックスな作り。

ひと昔前の3Dゲームっぽい、ややチープなグラフィックは不気味な雰囲気が出ていて気に入ったのですが、ストーリーらしいストーリーがほとんどなく淡々としている上に、見逃せない欠点がかなり多いのがツラいところ。

アイテムを2個しか持ち歩けないので、新しいアイテムを見つけたら手持ちをその場に置くしかなく、しかも一度使ったアイテムを再度使う場面がちょいちょい出てくる構成。アイテムの種類がそこそこ多いため、置いたアイテムを再度取るために同じ道を行ったり来たり。

その結果、持ってきたアイテムがハズレだったりすると、かなりストレス溜まります。

ランダムに出現する幽霊は音などで接近が判断できるようなのですが、実際はまったくムリで回避不可能な場面がほとんど。後半は連打のタイミングが非常にシビアで、遭遇して数秒以内にボタンを連打しまくらないと即死。

血管が軽く切れそうになりながら3時間ほどでクリアしましたが、アイテムの仕様と、幽霊即死でマップが狭いのを誤魔化しているようなバランスでした。ナンバーロックを使った謎解きは、一部ヒントが見づらいことを除けばちょうどいい難易度だったのもの、謎解きが本当にナンバーロックばかりなのでもう少し何か欲しかったところ。オチも愕然。そりゃないよ!


救いは難易度ノーマルでクリアすると手に入るメイド服。たまに見ることができるパンチラも良し。

【ラー油的適正価格:98円(Steam価格410円)】
オチも含めてイマイチなホラーアドベンチャーのお手本のような内容。雰囲気は悪くないので、幽霊が出ないイージーモードでプレイすれば、そこそこ楽しめるかな。

© 2018 zoocros

■ラー油のプロフィール
SIMPLEシリーズなどを応援するゲームブログ『絶対SIMPLE主義』を運営するブロガー。完全新作ソフトとダウンロード専用ソフトに目がない。 宇宙人キャラをウリにしつつあるがキャラは固まっていない。
Twitter:https://twitter.com/daikai6
「シシララTV」連載コラム:http://sisilala.tv/myarticles/291

■関連リンク
Steam『Frio - Lost in old town』のページ
http://store.steampowered.com/app/453500/Frio__Lost_in_old_town/
ラー油のSteamジャケ買い1本勝負