ALIENWARE ZONE

facebooktwitter
ALIENWARE SHOP

CULTUREPCゲームカルチャーに関する情報満載!

カプコンカップ参戦リポート! スト5ゲーマー・マゴのゲーム人間論 第11回

こんばんは。マゴです。

行ってきましたよ。参加してきましたよ。『カプコンカップ(Capcom Cup)2017』。
紆余曲折ありながら、なんとか決勝大会に参加できたのですが、こうやっていざ本戦を迎えると、なんというか、感慨深かったです。


大会全体の方はと言うと、前回の記事で紹介したときど、ゆかどん、ウメハラ、MenaRD、ProblemXの5人が最終局面まで残っていて、俺の予想すげぇな!! って個人的に思いました(笑)。
結果的には、激熱な試合展開の末、南米代表で弱冠18歳であるMenaRDが決勝戦でときどを下し優勝となりました。これからの若手勢にも、ひいては我々のようなベテランプレイヤーにも、刺激を与えてくれる結果になりました。


【ここでおさらい・CAPCOM CUPとは?】

カプコンUSAが主催しているプロツアーの決勝大会で、3月~11月の期間中に世界各国でポイントが得られる大会が開催され、そのプロツアー中で得たポイント上位の選手だけが決勝大会に招待される。そのプロツアーと決勝大会含めて総額50万ドル(約5,600万円)もの賞金が用意されている、ストリートファイターというタイトルにおいては世界最大規模の大会。ちなみに、決勝大会優勝者の賞金は年によって差はあるが、約2,000万円ほどにもなる。

さて、自分の大会前の段階での1回戦の相手は、Xian。
2回戦の相手はトーナメントの形式上、勝ったとしても負けたとしても、隣の組み合わせにいるどぐらかBigbirdのどちらかでした。

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。