ALIENWARE ZONE

GAME PCゲームで勝ち抜くための情報満載!

2017年末も『WoT』コラボの「秋葉原上陸作戦です!」が開催!WoTカンファレンスレポート


Wargaming.netは2017年12月20日、報道陣向けのプレスカンファレンスを都内のオフィスにて実施した。オンラインタンクバトル『World of Tanks』の最新バージョンや、今年で5回目となる「秋葉原上陸作戦です!」などが発表されたカンファレンスの模様をお届けしよう。

はじめに発表されたのが、先日アップデート9.21が配信されたPC版『World of Tanks』についてで、WoT APACのAlexander de Giorgio氏が解説した。イギリス駆逐戦車は、打たれ強さを発揮しないことから人気が低いため、側面や正面装甲の弱点を解消し駆逐ラインへの魅力をパワーアップさせたという。さらにTier 10のFV215b (183) が新車輌のFV217 Badgerと入れ替えられた。もちろん、既に所有しているユーザーには、前述の新車輌が新たに追加され、旧車輌もプレミアム車輌として共存可能だ。他にもフランス重戦車のラインナップが強化。さらに、 将来を見込んだカスタマイズ機能のベースとなるものも実装。このカスタマイズ機能では、迷彩パターンや配色など事細かに設定することが可能だ。





さらに12月22日から、2018年1月22日までクリスマスイベント「ホリデー作戦」が実施される。特別ミッションをクリアすることでガレージに飾るアイテムやクレジット、消耗品などを入手することが出来るものだ。 またデコレーションアイテムを入手していくとゲーム内でのクレジットや経験値ボーナスが追加されるようになっている。


『World of Tanks』 関連では他に、「Battle in APEC」開催(11月)。 この大会は日本や韓国、台湾、オーストラリアとニュージーランド、東南アジア(フィリピンやインドネシアなど)で戦う地域内対抗戦のようなもので、ユーザーが自由に参加し戦うイベントであった。 この試合では、当初東南アジア勢が優勢を示したが終盤で日本と韓国が追いつき、日本が優勝を勝ち取った。

年末イベントとして「第五次秋葉原上陸作戦です!」開催!

オフラインイベントとしては、今年も秋葉原にて『World of Tanks』とアニメ「ガールズ&パンツァー」コラボの「第五次秋葉原上陸作戦です!」が12月22日から2018年1月8日までの期間限定で実施される。これは秋葉原のコラボ店舗を利用することで将棋カードを入手し、 王将なら1枚、飛車と角、金、銀、桂馬、香車なら7枚、歩なら10枚集めるとメダルと交換できる。入手したメダルはボークス秋葉原ホビー天国1階で様々な景品と交換可能になるというものだ。 もらえる将棋カードは、集めることで実際に将棋の駒としても使え、告知ポスターの裏を用いて遊ぶことも可能だ。さらに限定ミッションをクリアすることで「Type 97 Te-Ke」と「BT-7 Artillery」が入手出来るボーナスコードも1万5千名限定で頒布される。



さらにガルパン関係のコラボイベントでは12月23日から12月31日までの9日間、池袋サンシャインシティで開催されるの「ガールズ&パンツァー博覧会」にWargaming.net がブースを出展する。これまでのイベントで制作された、コラボグッズとなるTシャツや抱き枕カバー、トランプなどが展示されるという内容。ここでも「Type 97 Te-Ke」と「BT-7 Artillery」のボーナスコードが頒布予定だ。


さらに「ガールズ&パンツァー最終章」に関連した『World of Tanks』のガルパンMOD最新版も公開。 最終章に登場するBC自由学園をイメージしたルノーFTなどが開発されており、近日にリリースを予定しているという。これらのイベントとMODは「ガルパン」そして『World of Tanks』 ユーザーは注目だろう。


また告知として TGS 2017でも告知された山岡晃氏が登場するWG Fest情報も発表された。ライブの模様はYouTubeのWoT RUチャンネルにて配信予定だが、ロシア語で放送されるため新たな音楽などを楽しんでほしいとのことだ。

さらに『World of Warships』情報も発表。しかしながらゲーム関連の情報ではなく、コラボグッズや店舗などについてだ。横須賀限定で販売されている『World of Warships』と海軍カレーコラボ商品が全国向けに通販展開されることになる。このカレーを8つセットで注文すると缶バッヂが1つ付属するというものだ。



続いて横須賀のどぶ板通りにある横須賀のお土産屋さんの「艦マニア 横須賀」では『World of Warships』が常設でプレイアブル展示される。そこではカフェのようなエリアも設けられているため、オフラインイベントを開催することや、最大7台までのPCを出すことで対戦なども可能になるという。

以上が今回のカンファレンスの内容だ。年末に向けて様々に盛り上がりを見せる『World of Tanks』『World of Warships』から目が離せない。

■関連リンク
ウォーゲーミングジャパン
http://asia.wargaming.net/
『World of Tanks』
https://worldoftanks.asia/ja/

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング