ALIENWARE ZONE

facebooktwitter
ALIENWARE SHOP

GAMEPCゲームで勝ち抜くための情報満載!

『マジョのシマ』雰囲気バツグンのADV-Steamジャケ買い1本勝負(6)-

Steamで配信されているタイトルから直感で選んだタイトルをジャケ買いして紹介するこのコラム。前回は100円ポッキリなお値段に釣られて紹介したが、今回はメインビジュアルの美しさと題名に惹かれて買ってみた、このタイトルをリポート。


『マジョのシマ(The Witch's Isle)』。COCOSOLAより298円で配信中の作品です。

スマホからの移植作品で、マウス操作でキャラを動かしてあちこち調べまわるアドベンチャーゲームとなっています。

舞台は魔女に支配された孤島にある小さな街。主人公の女の子は朝の4時までに「盗まれた壺」を探し出さなければ死ぬ!という呪いを魔女にかけられてしまい、限られた時間の中で小さな島を探索することに。

制限時間が夜の22時から朝の4時までの6時間なのに、魔女のオープニングトークで15分くらい持っていかれるから、これは汚いですね。さすが魔女は汚い。


呪いによって街の人々は島の外に出ることができず、外からやってきた人間は島の人間と会話をすると記憶喪失になり、定期的に生贄も要求されるという過酷すぎる環境。

しかし、年寄りのあいだでは魔女は悪い存在ではないとする声も。主人公は壺を探しつつ、魔女と島にまつわる謎も追いかけることになります。


とにかく雰囲気が抜群のゲームで、光の表現と歴史を感じる街並み、そして細かなキャラの動きが見事。生贄に選ばれてしまった女性、絶望の中でも夢を持っている青年、無邪気な子供、予期せぬ来訪者。

閉じられた島でも様々な住人がおり、空に浮かぶ月と星に見守られる中、彼らと交流してアイテムや情報を集めていきます。

マップはそこまで広いわけではないのですが、探索できる場所がいちいち凝っていて、住居の内装がそれぞれ違っていたり、時間経過で住人が移動する辺りにもこだわりを感じさせます。

釣りができるのもヨシ。釣りができるゲームは良いゲームの法則。

壺を見つけて終わりではなく、集めた情報や見たイベントによってバッドエンドを含めた7つのエンディングに分岐します。ストーリーが大きく変わるというよりはトゥルーエンドへの通過点が6つあるような作りですね。

時間制限があるうえに、するべき行動がわかりづらい箇所も多いのですが、進行フラグは最初からやり直しても引き継がれますし、メニュー画面からヒントも観れるのでそこまでシビアではありません。

コンプまでは3時間かからないくらいで、終盤のストーリー展開や画作りも綺麗にまとまっていて満足感がありました。

【ラー油的適正価格:500円(Steam価格298円)】
この雰囲気だけでも値段以上は取れるお手軽なアドベンチャーゲーム。システムはオーソドックスだけど、ビジュアルに惹かれたら即買いしてOK!

© 2017 COCOSOLA

■ラー油のプロフィール
SIMPLEシリーズなどを応援するゲームブログ『絶対SIMPLE主義』を運営するブロガー。完全新作ソフトとダウンロード専用ソフトに目が無い。 宇宙人キャラをウリにしつつあるがキャラは固まっていない。
Twitter:https://twitter.com/daikai6
「シシララTV」連載コラム:http://sisilala.tv/myarticles/244

■関連リンク
Steam『マジョのシマ』のページ
http://store.steampowered.com/app/701860/The_Witchs_Isle/