ALIENWARE ZONE

facebooktwitter
ALIENWARE SHOP

eSPORTSeスポーツに関する最新情報をチェック!

<前編>【インタビュー】日本のeSportsを世界へ! DetonatioN Gaming CEO 梅崎氏に聞く

代表的な日本のゲーム業界団体としてゲームショウなども主催する「一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)」とオンイランゲームメーカーで作る団体「一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)」、eSports業界団体の「一般社団法人日本eスポーツ協会(JeSPA)」と「一般社団法人e‐sports促進機構」「一般社団法人日本eスポーツ連盟(JeSF)」の5団体は9月19日にeSports団体の統合と新設を行うと発表した。

東京ゲームショウ2017の基調講演でeSports団体の統合と新設を発表した 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会 会長 岡村秀樹氏

これはアジアオリンピック評議会が2022年に中国杭州で開催されるアジア競技大会で、eSportsを公式種目にすると発表したのを受けたものであり、上記5団体で新設する団体は日本オリンピック委員会(JOC)への加盟も目指している。乱立状態だったeSports関連の団体を1本化することで、eSportsの“日本代表選手”を選考して世界大会へ選手を送り込む体制を整えるほか、eSports選手の正式なプロライセンスの発行など、eSportsの選手がアスリートとして本格的に活躍できる場を作っていこうというものだ。なお、eSportsは2024年のパリ大会でも正式種目化が検討されている。

日本eスポーツ連盟の共同代表理事であり、日本最大級のプロeSportsチームである「DetonatioN Gaming」のCEOを務める梅崎伸幸氏に今後の日本のeSportsについて伺った。
(取材日:2017年7月13日)

梅崎伸幸(うめざき のぶゆき)1983年7月1日生まれ。福岡県福岡市出身。東海大学政治経済学部卒。株式会社Sun-Gence代表取締役。プロeSportsチーム DetonatioN Gaming CEO。日本eスポーツ連盟共同代表理事。

――アジア競技大会でeSportsが公式種目になりましたが、これに対して日本の動きを教えてください。

梅崎氏:eSportsの公式種目化に関しては、アジアオリンピック評議会が先行して動いていて、JOCから我々にこれに対応するための打診がありました。私たちとしては、「一般社団法人日本eスポーツ協会(JeSPA)」と「一般社団法人e‐sports促進機構」「一般社団法人日本eスポーツ連盟(JeSF)」の3つの団体が一体にならないと日本代表の選手団を結成できないと考え、新しいeSports団体を作ることを決めました。2017年の後半からeSportsのプロライセンスの発行など様々な大きな動きがありますので、ぜひ注目をして頂ければと思います。プロライセンスを発行する組織ができれば、今までよりメーカーさんが協賛する敷居が下がっていくので、よりeSportsの大会が盛り上がるのではないかと思います。

――この動きのなかで梅崎さんが果たす役割はどのようなものがありますでしょうか?

梅崎氏:まだ未定の部分も多いですが、日本代表の選手や監督の選定、育成などを担当していくと思います。日本代表の統一ユニフォームなども策定していくと思います。具体的な動きはもうすぐ正式に発表できるのではないかと思います。

後編では、主に日本チームの今後の動きについて伺った。

■後編はこちらから
<後編>【インタビュー】日本のeSportsを世界へ! DetonatioN Gaming CEO 梅崎氏に聞く

■関連リンク
DetonatioN Gaming
http://team-detonation.net/
日本eスポーツ連盟 プレスリリース「eスポーツ団体の統合・新設に向けた取り組みについて」
http://jesf.or.jp/news/20170919pressrelease
梅崎伸幸氏のTwitter
https://twitter.com/umezaki_ceo