ALIENWARE ZONE

facebooktwitter
ALIENWARE SHOP

eSPORTSeスポーツに関する最新情報をチェック!

スタダGG!から学ぶ 勝つしくみ (2) ウルト合わせ

文●Noanoa

お久しぶりでございます。Green Leaves総監督Noanoaでございます。大分日があいてしまいましたが、スタダGG!特別編in東京ゲームショウ2017はご覧になっていただきましたでしょうか?

■東京ゲームショウ2017「スタダGG!」(2017年9月24日配信)

Green Leavesとのガチ対戦、交流戦、一般参加者との交流戦を通してGGメンバーの4か月の成長を見ていただけたと思います。
偉そうなもの言いになってしまいましたが、PCゲームはもちろん、TVゲームの経験がほとんどないスタダGG!のメンバーがあれだけのパフォーマンスを発揮できるようになり、教官として感無量の気持ちです。
まだまだ未熟な指導教官なのですが、一人前の『Overwatch』プレイヤーになったメンバーをリスペクトしております。ありがとう!

■スタダGG!#17「TGSを終えて…」(2017年9月25日配信)

東京ゲームショウ2017でGreen Leavesと対戦した翌日の9月25日に配信したスタダGG!を振り返りつつ、配信で伝えたかった内容をメインで書いていきます。

テーマ: ウルト合わせ

今回のテーマはコンナ人にみてもらいたいです!

・ウルトを使わずに抱えちゃう!とお悩みの方
・ヒーローごとのウルトを使うタイミングをイマイチ把握できてない方

TGS翌日の本配信において、スタダGG!メンバーの全体のプレイの振り返りをさせていただきました。Green Leavesのメンバーとも意見を交換して、メンバーのプレイで足りてないところを洗い出したところ……


ウルト合わせができてない!

これに対しての意見が一番あげられました。ワタシとしても同意見でありましたね。ですので、今回は#17の振り返り配信で深堀できなかったウルト合わせについてしっかりと説明させていただきます。

ウルトとはアルティメットアビリティ、いわゆる必殺技のことです。略してウルト (ult)。チャージが100%になると使用できます。ウルトのチャージは時間経過だけでなく、敵への攻撃、味方への回復などでも増加。ウルトの種類は複数の敵に大ダメージを与えるものや敵の動きを止めるもの、一定時間パワーアップするものなど、ヒーローによって効果はさまざまです。

そしてウルト合わせとは、この強力なウルトを各ヒーロー同時に使うことであり、より効果的な力を発揮することができます。ウルトをどう組み合わせて使うかを考えることはトップチームでも課題になっており、非常に重要なポイントです。

合わせるウルト例

・ザリアのグラビトン・サージと合わせやすいウルトを持つヒーロー
→トレーサー、ファラ、ハンゾー、メイ、ロードホッグ

・アナのナノ・ブーストと合わせやすいウルトを持つヒーロー
→ソルジャー76、ゲンジ、リーパー、ウィンストン

ウルトはこう使おう!/ウルトを抱えちゃう理由はココにあり!

この記事では「なぜこの組み合わせが強いのか?」というのは取り上げません! ウルトを使うときに、使う前に何を意識すればよいのか!という観点でお話しいたします。すなわち、プランニング - セットアップ中・試合中にウルトをどう使うかを考えてみる。まずはコレです。コレを徹底しましょう!

●セットアップ中
味方がピックしていき構成が固まったところで、以下のポイントを実行しましょう!

(1)自分のヒーローのウルトと相性のいいウルトを持つヒーローがいることを確認する。

(2)どこで使うか、どのタイミングで合わせて使うかをイメージしておく。このイメージする作業が重要。イメージしておくことで急なウルト使用に対しても合わせることができるようになります。

(3)他のヒーローとウルトが合わせにくいなと感じた場合、思い切ってピックを変えるのもアリ! とくにペイロード系のMAPの攻撃側は強力なウルトの組み合わせで突破できる局面が非常に多いのです!

●試合中
試合中に意識することはコチラ!

(1)まず味方のウルト状況を確認するためにスコアボードを開きましょう! ここからはじめます。自分のウルトが溜まる前に合わせたいウルトを持ってる人がいたならば、VCで「ウルト合わせたいので待ってください」などのひと言ができれば最高です。

(2)積極的にウルトのパーセンテージ報告をしましょう。デフォルトだとZキーを押すことで味方にウルトゲージのパーセントを報告できます。味方にウルト合わせを意識づけさせることができますし、自分のウルトを合わせてつかいたいんだという意識を共有することができます! 交戦前などには必ずポチっと一度押しておきましょう。

(3)もったいぶらない。ここまで意識できていればもったいぶる必要はありません! ウルトゲージが100%まで溜まったら積極的にガンガンウルトを使いましょう!

まとめ

スタダGG!メンバーに対しての内容なのですが、上記のような事柄を意識できていないと、ウルトをスタダGG!通称「宝物」にしてしまいがちになります。

ただ、意識をしていればウルトが使いたくなってガンガン使えるようになるはずです! 組み合わせを考えながらプレイして、ウルトを重ねてキルを取ってオブジェクトを動かす、止める、奪取する瞬間が『Overwatch』をやっていて一番楽しい瞬間になると信じています!

最後まで読んでくださってありがとうございました!

「次回も……Overwatch、せよー!」

■スタダGG!から学ぶ 勝つしくみ
第1回 ピックについて
第3回 有利なタイミングの見極め!

■関連リンク
Green Leaves
http://green-leaves.net/
Noanoa Twitterアカウント
https://twitter.com/Noanoamnd
スターダストプロモーション
http://www.stardust.co.jp/
スターゲーマーズプロジェクト
http://stardust-ch.info/stardust-gg/
YouTube「スタダGG!」公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC_5qxPldLQdQFnMWQ0dSxwQ
『Overwatch』
https://playoverwatch.com/ja-jp/