ALIENWARE ZONE

facebooktwitter
ALIENWARE.TV JAPANALIENWARE SHOP

EVENTホットなイベント情報をお届けします!

【TGS2017】倉持由香さんを守りきれ! DeToNatorによる『PUBG』のエキシビションマッチ開催

2017年9月21日(木)から4日間にわたり、千葉県の幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2017。最終日の24日(日)には、DMM GMAESのブースで『PLAYERUNKOWN'S BATTLEGROUNDS』(以下:PUBG)のステージイベントが行われた。Bluehole社のChang-Han Kim氏とBrendan Greene氏が登壇し、今後の展開などが語られた。イベント後半では、プロゲーミングチーム“DeToNator”とタレントの倉持由香さんによるエキシビションマッチが行われ、会場を大いに沸かせていた。

▲イベントのはじめに、『PUBG』が日本ゲーム大賞2017のフューチャー部門を受賞したことを発表。DMM GAMESプロデューサー稲垣順太氏(写真左)によって、トロフィーがChang-Han Kim氏(写真右)に手渡された

今後の展開について

すでに発表されている砂漠マップは、年末にリリース予定の1.0版でリリース予定とのこと。さらに新マップの追加も準備しているが、こちらの詳細は未定のようだ。新車両は発表済みのマイクロバスのほか2種類を用意、アイテムの追加なども検討しているとのことなので続報を楽しみに待とう。

▲今後の展開については、Brendan Greene氏(写真左)によって説明が行われた。

一般プレイヤーの参加と特別ルールで行われたエキシビションマッチ

・StylishNoob氏とSPYGEA氏、SHAKA氏が倉持由香さんとチーム戦
・倉持由香さんが倒されると即ゲームオーバー
・気絶はセーフ、DeToNatorの3名が倒されても続行
・安全地帯の縮小スピードやアイテムのドロップ率がアップ
のルールで行われたエキシビションマッチ。ステージや画面の様子は生配信されていたため、こちらの状況のほどんどが敵に伝わるという、かなり不利な状況で行われた。


▲チーム“DeToNator”のメンバー。YamatoN氏が解説を行い、SHAKA氏とSPYGEA氏、StylishNoob氏がプレイに参加した

▲究極の姫プレイを体験することになる倉持由香さん


▲周りのすべてが敵ともいえる状況だったが、DeToNatorの強力なサポートのもと制限時間ギリギリまで生き残る

▲が……。安全地帯外からの脱出に間に合わす、わずかに残った体力を削られ死亡。とても悔しく惜しく残念な結果に

総勢100人ものプレイヤーでバトルロイヤルを行う『PUBG』。大規模な対人戦ゲームでありながら、個人戦に近い感覚で遊べるので気軽にプレイすることができる。DMM GAMES版は料金体系は2種類あり、ダウンロード購入版なら3000円で遊び放題、定額料金版なら500円で30日間のプレイが可能。気になっているが長く遊ぶかわからないという人は、まずは定額料金版でその世界観を体験してみるのもいいだろう。