ALIENWARE ZONE

facebooktwitter
ALIENWARE SHOP

CULTUREPCゲームカルチャーに関する情報満載!

FPSで勝率を上げるために必要な4つの設定

文●加藤勝明

PCゲームは画質を重視したりパフォーマンスを重視したりと、プレイヤーの好みに応じたバランスで遊べるのが強み。そこで今回は人気FPSで勝ちにいくために、押さえておきたい設定をまとめてみた。

画質設定を見直せ!

対戦がメインのFPSで最も重要なのは、フレームレートを上げることだ。PCゲームの画面の動きは1秒間に沢山の映像を描画し続けることで表現される。これはアニメーションの原理と全く同じ。つまり1秒あたりに画面が更新される頻度、すなわちフレームレートが高いほど早い動きもなめらかに補完される。
このフレームレートを上げるには2つのアプローチがある。1つめはPCを買い換えたり、パーツ交換を行って処理性能を上げるやり方。上を見るほど予算はかかるが、高画質&高フレームレートで遊ぼうと思ったら強力なビデオカード(GPU)を載せたPCを使うしかない。

そしてもう一つは画質や解像度を下げてしまうこと。両方下げれば低スペックのPCでもそこそこのフレームレートが出る。今時のゲームはフルHD(1920×1080ドット)で遊ぶプレイヤーが多いが、トッププレイヤーの中にはあえてフルHD未満、1280×720ドットや1024×768ドットで遊ぶ(というより戦う)者もいる。

eスポーツ系FPS『オーバーウォッチ(Overwatch)』はとにかくキャラの動きが速い。素早い動きに付いていくためには高いフレームレートでプレイできるPCが必要になる

オーバーウォッチを60fpsでプレイした時のイメージ

同じシーンを30fpsにした場合。一見違いはないようだがチェーンで引っ張られるキャラの動きなどが捉えにくくなっている

15fpsまで下げると、明らかに動きを目で追うのが辛くなってくる

オーバーウォッチの画質設定。画面描画が重いと思ったら、画質下げ→解像度下げの順番で実行するとよいだろう

特に画質設定の変更はプレイヤーにとって大きなトレードオフになる。画質を下げれば描画負荷は一気に下がるが、画面のクオリティは下がる。特に『バトルフィールド1(Battlefield1)』のように、リアリティ重視で絵作りも売りなゲームであれば、ある程度画質を確保したうえで遊びたいと考える人もいるだろう。画質設定に正解はない。自分が納得できる画質で、プレイしていてカクつかない設定をまずは見つけ出そう。

バトルフィールド1の画質設定。設定項目が沢山あるが、「グラフィックのクオリティー」で選択できる4段階の設定(低/中/高/最高)から選べば、自動的に最適な組み合わせになる。ちなみに「解像度スケール」が100%より大きい場合は、100%に合わせると画面解像度に合わせた負荷に下がる

画質“低”にしたバトルフィールド1。遠景の樹木の色が白く飛ぶ、水たまりの反射がないなど、そこかしこに省略が見える

細部に目を向けると、ナナメの線がガタガタ(ジャギー)になって見える。フレームレートは上がるが、このジャギーが画面を見づらくしてしまう

画質“最高”にすると遠景の樹木もきっちり描画され、草むらもよりリアルな表現になる。水たまりの水もそれっぽく描写されている。

画質を高くするとジャギーがあった部分にアンチエイリアスがかかり、より滑らかに見えるようになる。

さてここまでは、ある程度PCゲームで遊んでいればなんとなく掴めてくることだ。だが今回はもう少し別の方面からFPSで勝ちに行くための設定を考えてみたい。

フレームレートを表示させ、60fpsキープを目指せ!

冒頭で述べたようなチューニングはフレームレートを把握することから始まる。体感で「描画が重い・軽い」と判断するよりも、具体的な数値で判断した方がずっと正確。適切なフレームレートは使用している液晶にもよるが、一般的には常時60fps(以上)をキープできるようにするのが基本。
フレームレートの確認方法はいくつかある。オーバーウォッチのようにゲームの設定に組み込まれているもの、バトルフィールド1のように特別なコマンド入力で表示されているものもある。「Fraps」のようなフレームレートを表示するツールを入れても確認できるが、ゲームによっては使えない(DirectX12ベースのゲームや、Windowsストアのゲームには非対応)などの制約がある。適宜使い分けよう。

オーバーウォッチの画質設定内にある「パフォーマンス統計を表示」を“ON”にすることで、フレームレート表示ができる(カコミ部分)

フレームレートは画面左上に表示。文字が小さいのでゲーム画面を録画しておいて後で見返すとよいだろう

バトルフィールド1はコマンドでフレームレート表示もできるが、Frapsを導入してしまうのが一番楽だ(左上の数値)

視野角(FOV)を調整せよ!

FPSにおける視野角、もしくは「FOV(Field of View)」とは、画面の左右どこまでを1画面に納めるかという設定。視野角を大きくすれば、水平方向のより広い範囲を一度に描画することができる。対戦相手を一瞬でも先に見つけることを主眼に置くなら、視野角は大きい方がよい。ただ視野角を大きくすると描画の負荷も上がるし、描画範囲が広がるぶん全体が縮小されたように見えるので、程々にしておいた方がよい。バトルフィールド1ならおおよそ“90”あたりが多い印象だ。オーバーウォッチだとデフォルトの“103”が最大値となるため特に修正せず戦うプレイヤーが多いが、逆に“98”等に下げてキャラを大きく表示させて戦うプレイヤーもいる。自分のスタイルとうまく摺り合わせよう。

バトルフィールド1におけるデフォルトの視野角設定は“55”。水平方向に70度の範囲を見渡すことができる。まずこの画像を覚えておこう

視野角設定は「オプション」→「ビデオ」設定画面の中にある。“90”に増やせば水平105度の範囲を見渡せるようになる

視野角90設定にした状態。ズームを引いたように表示される範囲が広がった。これで視界の片隅で動く対戦相手も捉えやすくなるが、キャラが小さく表示されるデメリットもある

逆に視野角を一番下げると、標準よりズームしたような状態で描画される。キャラが大きくなりエイミングしやすくなるが、その分周囲の警戒を厳にしないと敵の接近を見逃しやすくなる

垂直同期設定を見直す

PCで処理されたゲーム画面は随時液晶に送られるが、これがいつ液晶側に反映されるかは、通常液晶側の都合で決まる。この都合とは液晶側が持っている「垂直同期(Vsync)」と呼ばれるタイミングで、普通の液晶であれば1秒間に60回書き換わる仕組みになっている(これをリフレッシュレート60Hzと言う)。画質設定の部分で60fpsを常時キープしようと書いたのは、この垂直同期信号が60Hzだからだ。大抵のゲームでは画面描画は垂直同期に合わせる設定、すなわち「垂直同期ON」あるいは「Vsync有効」等と表記される設定になっている。
この垂直同期設定は初心者には良い設定だが、デメリットもある。もしフレームレートが60fpsを下回った場合、画面が30fpsまで一気に下がり、一瞬カクつく“スタッタリング”という現象が発生してしまうことだ。オーバーウォッチのように動きの速いゲームでスタッタリングが発生すると非常に厳しい。

そこで垂直同期をゲーム側でオフ(無効)にしてみよう。オンの状態ではフレームレート表示は60が上限だが、オフにするとGPUパワーの限界までフレームレートが上がる。1秒間に60回書き換えるという液晶側の制約は変わらないが、スタッタリングは完全に抑えられる。表示の遅れが原因でプレイヤーの反応が遅れ、それが元になってミス、という連鎖を食い止めることができる。
ただし垂直同期をオフにすると、画面が横に分断される”ティアリング”も出るのがデメリットとなる。

垂直同期のオン・オフはゲーム側とGPUドライバ側の両方で可能だが、ゲーム側の画質設定で変えるのが一番手軽。図はオーバーウォッチの垂直同期設定だ(カコミ部分)

垂直同期をオフにするとティアリングも出てしまう(図はイメージ)。液晶側が受け取った最新の映像を可能な限り表示しようと頑張った結果だが、非常に見づらい。フレームレートが60fpsより高すぎても低すぎても発生する

だがGeForce®を搭載したPCを使っているなら「NVIDIAコントロールパネル」内で垂直同期モードを「高速」に設定すると、ティアリングもスタッタリングも抑えられる“FastSync”という機能が利用できる。ただ、FastSyncが使えるGPUはNVIDIA® GeForce® GTX 750/750Ti、GTX 900番台、GTX 1000番台に限定されるので、どのPCでも使える訳ではない、という点に注意したい。

NVIDIAコントロールパネルを開き「3D設定の編集」→「垂直同期」と進み「高速」を選択後「適用」ボタンを押す。ゲーム側の対応が不要なため、常時オンがオススメだ

高リフレッシュレート液晶を使え!

いくら高フレームレートがたたき出せるハードと設定をそろえても、一般的な液晶は垂直同期信号ごとにしか描画しないため、60fps表示が限界。垂直同期をOFFにしようが、FastSyncを利用しようが、勝ちを狙いにいくような対戦ゲームでは1秒間に60フレームでは少ない。

そこでトッププレイヤーはほぼ例外なくリフレッシュレートのより高い、ゲーマー向けの液晶を使う。デル製品なら「S2417DG」が代表的だ。S2417DGの場合、工場出荷設定で144Hz、さらに液晶のメニュー操作で最大165Hzまで高めることができる。つまり普通の液晶の2倍以上のフレームレートで表示可能なのだ。最新のNVIDIA® GeForce® GTX 1070や1080といったパワーのあるビデオカードを使っていると、最高画質設定でも120〜160fps以上出すことができる(もちろんゲームにもよるが……)。そういったハイパワーPCのパワーは、高リフレッシュレートのゲーミング液晶でないとフルに引き出せないのだ。

ただし高リフレッシュレート液晶を接続したら、必ずWindows側(ゲームではない!)のリフレッシュレートを再設定しておこう。Windows側が60Hz固定だと、肝心の液晶の性能が活かされないのだ。

デル「S2417DG」は解像度2560×1440ドットの24インチ液晶。リフレッシュレートを最大165Hzまで引き出せる。GeForce®搭載PCならさらにFast Syncよりも効果的にティアリングを抑えられる「G-SYNC」も利用できるお買い得な一台だ

リフレッシュレートが60Hzより高い液晶を使う場合は、あらかじめ「画面のプロパティ」の奥にある「画面のリフレッシュレート」を確認しよう。これを液晶のリフレッシュレートに合わせておかないと、ゲーム側で利用することはできない
(C)2016 Blizzard Entertainment, Inc. All rights reserved. Overwatch and the Overwatch logo are trademarks and Blizzard Entertainment is a trademark or registered trademark of Blizzard Entertainment, Inc. in the U.S and/or other countries
(C)2016 Electronic Arts, Inc.
(C)2016 - fraps and beepa are registered trademarks of Beepa Pty Ltd - ACN 106 989 815

■関連リンク
BLIZZARD ENTERTAINMENT
http://us.blizzard.com/en-us/
『オーバーウォッチ』
https://playoverwatch.com/ja-jp/
『エレクトロニック・アーツ』
https://www.ea.com/ja-jp
『バトルフィールド1』
https://www.battlefield.com/ja-jp
Fraps
http://www.fraps.com/