ALIENWARE ZONE

facebooktwitter
ALIENWARE SHOP

CULTUREPCゲームカルチャーに関する情報満載!

<前編>FPSで勝率を上げるために必要な4つの設定

PCゲームは画質を重視したりパフォーマンスを重視したりと、プレイヤーの好みに応じたバランスで遊べるのが強み。そこで今回は人気FPSで勝ちにいくために、押さえておきたい設定をまとめてみた。

画質設定を見直せ!

対戦がメインのFPSで最も重要なのは、フレームレートを上げることだ。PCゲームの画面の動きは1秒間に沢山の映像を描画し続けることで表現される。これはアニメーションの原理と全く同じ。つまり1秒あたりに画面が更新される頻度、すなわちフレームレートが高いほど早い動きもなめらかに補完される。
このフレームレートを上げるには2つのアプローチがある。1つめはPCを買い換えたり、パーツ交換を行って処理性能を上げるやり方。上を見るほど予算はかかるが、高画質&高フレームレートで遊ぼうと思ったら強力なビデオカード(GPU)を載せたPCを使うしかない。

そしてもう一つは画質や解像度を下げてしまうこと。両方下げれば低スペックのPCでもそこそこのフレームレートが出る。今時のゲームはフルHD(1920×1080ドット)で遊ぶプレイヤーが多いが、トッププレイヤーの中にはあえてフルHD未満、1280×720ドットや1024×768ドットで遊ぶ(というより戦う)者もいる。


eスポーツ系FPS『オーバーウォッチ(Overwatch)』はとにかくキャラの動きが速い。素早い動きに付いていくためには高いフレームレートでプレイできるPCが必要になる

オーバーウォッチを60fpsでプレイした時のイメージ

同じシーンを30fpsにした場合。一見違いはないようだがチェーンで引っ張られるキャラの動きなどが捉えにくくなっている

15fpsまで下げると、明らかに動きを目で追うのが辛くなってくる

オーバーウォッチの画質設定。画面描画が重いと思ったら、画質下げ→解像度下げの順番で実行するとよいだろう

特に画質設定の変更はプレイヤーにとって大きなトレードオフになる。画質を下げれば描画負荷は一気に下がるが、画面のクオリティは下がる。特に『バトルフィールド1(Battlefield1)』のように、リアリティ重視で絵作りも売りなゲームであれば、ある程度画質を確保したうえで遊びたいと考える人もいるだろう。画質設定に正解はない。自分が納得できる画質で、プレイしていてカクつかない設定をまずは見つけ出そう。

バトルフィールド1の画質設定。設定項目が沢山あるが、「グラフィックのクオリティー」で選択できる4段階の設定(低/中/高/最高)から選べば、自動的に最適な組み合わせになる。ちなみに「解像度スケール」が100%より大きい場合は、100%に合わせると画面解像度に合わせた負荷に下がる

画質“低”にしたバトルフィールド1。遠景の樹木の色が白く飛ぶ、水たまりの反射がないなど、そこかしこに省略が見える

細部に目を向けると、ナナメの線がガタガタ(ジャギー)になって見える。フレームレートは上がるが、このジャギーが画面を見づらくしてしまう

画質“最高”にすると遠景の樹木もきっちり描画され、草むらもよりリアルな表現になる。水たまりの水もそれっぽく描写されている。

画質を高くするとジャギーがあった部分にアンチエイリアスがかかり、より滑らかに見えるようになる。

さてここまでは、ある程度PCゲームで遊んでいればなんとなく掴めてくることだ。だが今回はもう少し別の方面からFPSで勝ちに行くための設定を考えてみたい。

フレームレートを表示させ、60fpsキープを目指せ!

冒頭で述べたようなチューニングはフレームレートを把握することから始まる。体感で「描画が重い・軽い」と判断するよりも、具体的な数値で判断した方がずっと正確。適切なフレームレートは使用している液晶にもよるが、一般的には常時60fps(以上)をキープできるようにするのが基本。
フレームレートの確認方法はいくつかある。オーバーウォッチのようにゲームの設定に組み込まれているもの、バトルフィールド1のように特別なコマンド入力で表示されているものもある。「Fraps」のようなフレームレートを表示するツールを入れても確認できるが、ゲームによっては使えない(DirectX12ベースのゲームや、Windowsストアのゲームには非対応)などの制約がある。適宜使い分けよう。

オーバーウォッチの画質設定内にある「パフォーマンス統計を表示」を“ON”にすることで、フレームレート表示ができる(カコミ部分)

フレームレートは画面左上に表示。文字が小さいのでゲーム画面を録画しておいて後で見返すとよいだろう

バトルフィールド1はコマンドでフレームレート表示もできるが、Frapsを導入してしまうのが一番楽だ(左上の数値)

視野角(FOV)を調整せよ!

FPSにおける視野角、もしくは「FOV(Field of View)」とは、画面の左右どこまでを1画面に納めるかという設定。視野角を大きくすれば、水平方向のより広い範囲を一度に描画することができる。対戦相手を一瞬でも先に見つけることを主眼に置くなら、視野角は大きい方がよい。ただ視野角を大きくすると描画の負荷も上がるし、描画範囲が広がるぶん全体が縮小されたように見えるので、程々にしておいた方がよい。バトルフィールド1ならおおよそ“90”あたりが多い印象だ。オーバーウォッチだとデフォルトの“103”が最大値となるため特に修正せず戦うプレイヤーが多いが、逆に“98”等に下げてキャラを大きく表示させて戦うプレイヤーもいる。自分のスタイルとうまく摺り合わせよう。

バトルフィールド1におけるデフォルトの視野角設定は“55”。水平方向に70度の範囲を見渡すことができる。まずこの画像を覚えておこう

視野角設定は「オプション」→「ビデオ」設定画面の中にある。“90”に増やせば水平105度の範囲を見渡せるようになる

視野角90設定にした状態。ズームを引いたように表示される範囲が広がった。これで視界の片隅で動く対戦相手も捉えやすくなるが、キャラが小さく表示されるデメリットもある

逆に視野角を一番下げると、標準よりズームしたような状態で描画される。キャラが大きくなりエイミングしやすくなるが、その分周囲の警戒を厳にしないと敵の接近を見逃しやすくなる

いかがだっただろうか。後編では残り2つの設定について紹介している。ぜひ、そちらにも目を通して勝利をおさめてほしい。

(C)2016 Blizzard Entertainment, Inc. All rights reserved. Overwatch and the Overwatch logo are trademarks and Blizzard Entertainment is a trademark or registered trademark of Blizzard Entertainment, Inc. in the U.S and/or other countries
(C)2016 Electronic Arts, Inc.
(C)2016 - fraps and beepa are registered trademarks of Beepa Pty Ltd - ACN 106 989 815

■後編はこちらから
<後編>FPSで勝率を上げるために必要な4つの設定

■関連リンク
BLIZZARD ENTERTAINMENT
http://us.blizzard.com/en-us/
『オーバーウォッチ』
https://playoverwatch.com/ja-jp/
『エレクトロニック・アーツ』
https://www.ea.com/ja-jp
『バトルフィールド1』
https://www.battlefield.com/ja-jp
Fraps
http://www.fraps.com/