ALIENWARE ZONE

facebooktwitter
ALIENWARE SHOP

HARDWAREPC周辺機器情報をいち早くお届けします!

ALIENWAREオリジナルキーボード「AW568」と「AW768」レビュー

文●岡安学

デルはALIENWARE アドバンスド・ゲーミングキーボード「AW568」とProゲーミングキーボード 「AW768」を発売しました。AW568は9600円(税抜・送料込み)、AW768は1万3400円(税抜・送料込み)となっています。

両製品は、茶軸メカニカルキーを搭載したALIENWAREオリジナルのゲーミングキーボードです。これまでALIENWAREブランドでのPC周辺機器の展開がなかったので、せっかくALIENWAREのゲーミングPCを購入してもキーボードなどの周辺機器をALIENWAREで統一することができなかったところに、待望の一台と言えます。

当然、そのデザインの統一性を考えると、一番の利点となるのがAlienFX照明の対応です。AW568は本体底部と本体右上にあるALIENWAREのロゴのみが光ります。ALIENWAREのロゴは本体底部のLEDライトのオンオフスイッチにもなっています。このLEDライトは「ALIENWARE コントロールセンター」で管理することができ、好きな色やアニメーションなど、本体のLEDライトと同様に自由に光らせることができます。AW768は本体底部とAILENWAREのロゴに加えて、13ゾーンによるキートップも光らせることができます。

AW568は本体底部とALIENWAREのロゴを光らせることができます

キーボードのサイドから見ると、光っているのがよくわかります

ALIENWAREのロゴも光ります。ロゴはスイッチになっており、LEDのオンオフができます

AW768は本体底部とALIENWAREのロゴに加えて、キートップも光ります

マクロキー、ファンクションキー、数字キー、英字キー、矢印、テンキーなど、キーを13ゾーンに分け、それぞれに好きな色を割り当てることもできます

AW568を接続した時の「ALIENWARE コントロールセンター」。ALIENWAREロゴと周囲の色を自由に設定できます

AW768を接続した時の「ALIENWARE コントロールセンター」。ゾーンに分けられたキーをそれぞれ自由な色に設定できます

ゲーミングキーボードとなると気になるのがマクロキーの設定です。マクロキーはAW568は5個、AW768は15個用意されています。AW568の5つのマクロキーでは、ゲームタイトルによっては、もしくは複数のゲームを同時に遊んでいる人にはちょっと少ない感じもしなくもないですが、足りないと感じるのであれば、上位モデルのAW768の方をオススメします。すべてのキーをマクロキーに設定できるので、多くの人が使わないであろう組み合わせも登録することができてしまいます。

ゲームによってはマクロキーが必要でなかったり、マクロキーを使ってしまうと、腕が上がらなかったりもするのですが、それでも最初のうちは使うと戦績が格段にアップしたりします。例えば『ストリートファイターV』の技コマンドの入力も可能です。マクロキーを押すだけで、必殺技が簡単に出せるようになります。

また、メインのマクロキーはキーボードの左側に集中しているので、無駄に押し間違いをすることがないのもいい感じです。マクロキーの設定も「ALIENWARE コントロールセンター」で、順番にキーを押してプログラムを組むだけです。それをマクロキーにドラッグアンドドロップで割り当てるだけと簡単です。また、ゲームでの使いかたではないですが、よく使うパスワードを入力しておけば、パスワードの入力を求められた時に、マクロキーを押すだけでパスワード入力ができてしまいます。複雑で増長なパスワードを設定しても、入力はキーを1回押すだけなので便利です。

マクロの設定も可能です。AW568なら5個、AW768なら15個登録できます

AW768のみの機能として、ホイール式のボリューム調整やマクロキーの登録ができるオンボードメモリーを搭載しています。つまり、大会などでマクロキーを使いたい場合、AW768を持参すれば、いちいち設定し直す面倒がなくそのままいつもの設定でプレイすることができてしまいます。

打鍵感ですが茶軸を使っているので、クセはない感じです。それでも非ゲーミングキーボードの打鍵感に比べてキータッチがちょっと重く感じます。初めてのゲーミングキーボードとして試してみるには、格好のモデルと言えます。キーの高さがそれなりにあり、メカニカルキーの打鍵感とともに押し込む感じがあるので、スイッチ感もあります。キーボードを打っている爽快感を十分に得られる印象です。

AW768のボリューム調整はホイール式でAW568のボリューム調整はキー式です

すでにゲーミングキーボードを使っている人は赤軸派や茶軸派というように好みがはっきりと分かれていると思われるので、派閥を超えてオススメするのは難しいですが、茶軸派でそろそろキーボードの買い替えを考えている人にはオススメですよ。また、初めてゲーミングPCを購入し、メカニカルキーボードも初めて触るのであれば、こちらもバランスの良い茶軸は最初の一台として最適です。

■関連リンク
デル株式会社
http://www.dell.co.jp/
「ALIENWARE」のページ
http://alienware.jp/