ALIENWARE ZONE

eSPORTS eスポーツに関する最新情報をチェック!

【Worlds 2020 プレイインステージ振り返り】16チームが待ち受ける「Worlds」本戦への道程

「Worlds 2020」、開幕

9月25日、新型コロナウィルスという大きな障害により、一時期は開催そのものも不安視されていた「Worlds 2020」が開幕した。

本来、中国国内の各都市を巡りながら行われる予定だった日程は、バブルシステム(※)下での運営へと変更され、すべての日程が上海で行われることとなった。また、出入国制限が厳しいベトナム地域から参加予定だった2チームが参戦を辞退することとなり、プレイインステージの方式も若干の修正が加えられることとなった。

今年のプレイインでは、10チームが2つのグループに分けられ、総当たりのBo1(1本先取)を行い、双方の1位がまずグループステージ進出を確定。続いて3位-4位間でBo5(3本先取)を行い、その勝者が異なるグループの2位チームと再度Bo5を行って最終的な勝利チームがグループステージへと進む方式となった。各グループに振り分けられたチームは以下の通り。

グループA
  • Team Liquid(TL)[LCS/北米リーグ、第3シード]
  • MAD Lions(MAD)[LEC/欧州リーグ、第4シード]
  • INTZ(ITZ)[CBLOL/ブラジルリーグ、1位]
  • Legacy Esports(LGC)[OPL/オセアニアリーグ、1位]
  • Papara SuperMassive(SUP)[TCL/トルコリーグ、1位]

グループB
  • LGD Gaming(LGD)[LPL/中国リーグ、第4シード]
  • PSG Talon(PSG)[PCS/香港・マカオ・東南アジアリーグ、第2シード]
  • Unicorns Of Love(UOL)[LCL/ロシアリーグ、1位]
  • V3 Esports(V3)[LJL/日本リーグ、1位]
  • Rainbow7(R7)[LLA/南北ラテンアメリカリーグ、1位]

※バブルシステム:選手やスタッフを外部から隔離した競技開催形態。Worlds 2020の場合は、関係者が使う交通手段を限定し、安全を確保した上で宿泊ホテルと試合会場のみを行き来する。新型コロナウイルス感染拡大後に安全な環境で競技を行うため、NBAが今年の夏から採用している方式としても知られる。

国際大会の難しさ

プレイインステージに参加するのは、いわゆる4大リーグ以外の地域(マイナーリージョン、あるいはワイルドカード地域)で地域リーグ優勝を果たしたチームが6チーム、そして中国のLPL、欧州のLECからは第4シード、北米のLCS第3シード、東南アジアのPCS第2シードの合計10チームだ。

地域間の評価は過去の国際戦等からある程度は決まっており、当初は4大リーグのチームが快勝するとの見方も多かった。しかし実際のステージでは事前の予想を覆すような、いわゆるジャイアントキリングと言われるような試合も見られた。これは国際大会に参加することの難しさの一端が現れたということだろう。

▲プレイイン・ラウンド2に進出したLEC第4シードのMAD。昨年もSplyceとしてプレイインに出ていた彼らだが、今年はSUPとのBo5フルセットにおよぶ激戦を制することができず、敗退となった

国際戦は各地域のリーグ戦とは全く異なった戦いとなる。地元と全く異なる戦略やプレイスタイルのチームと相対することもさることながら、大きく異なる時差や、長距離の遠征、異なる食文化や気候、大舞台のプレッシャー、ファンからの期待の重さ、そういった様々な問題の種を解消し、本来の能力をステージ上で十分に発揮することが求められる。

ここでつまずけば、前評判の高い強豪リーグの新鋭チームであったとしても、本来の姿を見せることができないということもあり得る。逆にいわゆるワイルドカード地域でも、国際大会の出場経験のある選手や組織が上手くやってのけることもある。

▲プレイイン2日目、ラテンアメリカ代表のR7に敗北を喫してステージを歩み去るLGDのメンバー。勝ち抜きは決めたものの、プレイインでLGDがここまで苦戦を強いられると予想した人は皆無だった

地元開催で期待の大きかったLGDや、新人選手がほとんどのMADが苦戦する一方で、Worlds出場経験豊富なベテランたちで構成されるTeam Liquidが安定したパフォーマンスを発揮していたのは、そういったノウハウや蓄積の差があったように思える。TLはここ数年の国際大会出場回数が多く、選手も新人のTactical選手を除けば「MSI」や「Worlds」の決勝戦まで進み、多くの試合を経験したベテランが揃ったチームだ。今大会もスムーズにスタートし、グループ内1位でグループステージ進出を勝ち取っている。

プレイインでのおすすめ試合


今年のプレイインステージの力関係を象徴しつつ、観戦して楽しい試合を以下に数試合チョイスした。グループステージでのメタゲームがここからどう進化するかも楽しみだ。

<グループA>
TL vs MAD
開幕日早々のEU vs NAのゲーム。国際大会ルーキーvsベテランという構図も見えてくる試合となっている。


SUP vs MAD(Bo5 第3試合)
十分なダメージ、エンゲージ手段を揃えた集団戦構成のSUPが華麗な試合運びを見せた一戦。


<グループB>
UOL vs LGD
非常に攻撃的な地域同士の激突となった試合。Gadget選手の大胆なトゥイッチのプレイに注目。


PSG vs UOL(1位決定戦)
攻めの姿勢を崩さないUOLに対し、一瞬前のめりすぎたところをPSGが的確にとらえ、劇的な逆転を見せた一戦。


グループステージへと進んだ16チーム

10チームの中からグループステージへと進出を決めたのは、最終的に以下のチームとなった。

  • Team Liquid:グループA、1位
  • PSG Talon:グループB、1位
  • LGD Gaming:グループB、4位からR7、LGCとのBo5に勝利
  • Unicorns Of Love:グループB、2位でSUPとのBo5に勝利

TLとPSGは大会初日から好調で、期待の高い地域のチームが上手く調子を取り戻せないのを横目に、それぞれのグループ内で1位を確保してグループステージ進出を勝ち取った。UOLは攻撃的なスタイルを貫いてグループB・2位を確保し、グループA側から勝ち上がってきたSUPをBo5で破って、2016年以来のLCLチームによるグループステージ進出を決めた。

▲チーム名の中国語訳「愛的獨角獣」をあしらったユニフォームで臨んだUOL。シンプルかつ強固な戦術をやりきってプレイインを勝ち抜いた

この4チームの中で最も苦しんだのはLGDだろう。グループB内でBo1を戦っていた時はパフォーマンスが安定せず、まさかの4位。そこからBo5を2つ勝ち上がって、グループAの2位だったLGCを倒してのグループ進出となった。Bo5の2戦目には「Worlds」の舞台にも適応し、得意とするスタイルでゲームを制していた。

10月3日より、グループステージが開幕!

TL、PSG、LGD、UOLは10月3日より、強豪リーグのトップチーム12チームと共にグループステージでの戦いに加わる。ここではLPLやLCK、LECの第1シードチーム、つまりは優勝候補がひしめく厳しい戦いが待っている。

このグループステージでは、優先されるチャンピオンや戦略は全く違ったものになるかもしれない。プレイインステージでは、試合時間が延びた時に強力なチャンピオンを使いつつ、確実性の高いバン/ピックが結果を残すことが多かったが、より早い判断と強力なハンドスキルに自信を持つチーム同士の戦いでは、試合のテンポが全く異なるものになる可能性もある。

本戦とも呼ばれ、最も多くのチームが激しく争うグループステージの開始はもうすぐ。世界最強の座を目指して死力を尽くすチームと選手の戦いを見届けよう。

執筆:山口佐和子
執筆協力:ユラガワ
写真出典:LoL Esports Photos

リーグ・オブ・レジェンド
http://jp.leagueoflegends.com/
LoL Esports Worlds 2020 試合スケジュール
https://lolesports.com/schedule?leagues=worlds
LJL公式Twitter(Worlds 2020 日本語情報)
https://twitter.com/Official_LJL
LoL Esports 公式Twitter(英語)
https://twitter.com/lolesports
LoL Esports Stats(リアルタイムで試合統計についてツイートする公式Twitter、英語)
https://twitter.com/LoLEsportsStats
Worlds 2020 データページ(Leaguepedia、英語)
https://lol.gamepedia.com/2020_Season_World_Championship

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング