ALIENWARE ZONE

twitter
ALIENWARE.TV JAPAN ALIENWARE SHOP

NEWS 厳選する最新ニュースをいち早くチェック!

リールベルト氏が監督となる高校生eスポーツ選手育成プロジェクト「放課後eスポ部 CTG GAMING NAGOYA」始動!

2020年6月19日、中部テレコミュニケーション、ゲインは高校生eスポーツ選手育成プロジェクト「放課後eスポ部 CTG GAMING NAGOYA」を7月17日よりスタートすることを発表した。中部地域の高校生を対象としたプロジェクトで、安心してプレイできる環境が整った「コミュファ eSports Stadium NAGOYA」を高校生たちに定額開放し、世界へ羽ばたく人材やチームの輩出を目指す。タイトルは『League of Legends』を主軸とし、監督として元プロゲーマーのリールベルト氏を迎え入れる。

<以下、メーカー発表文の内容をもとに掲載しています>

【中部発 目指すは世界一】日本一(※1)の監督による高校生eスポーツ選手育成プロジェクト『放課後eスポ部 CTG GAMING NAGOYA』 7月17日(金)始動!

中部テレコミュニケーション株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:宮倉康彰)、株式会社ゲイン(本社:名古屋市中区、取締役社長:犬塚大志)は、高校生向けeスポーツプロジェクト「放課後eスポ部 CTG(※2) GAMING NAGOYA」を開始いたします。
本プロジェクトは、中部地域の高校生(※3)を対象に世界へ羽ばたく人材やチームの輩出をめざすプロジェクトです。
一般的なスポーツと比べ、安心してプレイできる環境が少なく、高価なPC機材や高品質なネット回線が必要なeスポーツ。『放課後eスポ部 CTG GAMING NAGOYA』では、これらのすべてが整った「コミュファ eSports Stadium NAGOYA」を、将来を担う高校生たちに定額開放し、eスポーツの技術を磨き、絆を深める場を提供します。
使用するゲームタイトルは、世界一のユーザー数を誇り、「全国高校eスポーツ選手権」や「STAGE:0」などの国内最大規模の高校生向けeスポーツ大会においても採用されている『League of Legends』を主軸とし、数々の『League of Legends』の大会で監督を務め2019年開催の「第2回全国高校eスポ―ツ選手権」では、チームを優勝に導いた元プロゲーマーのリールベルト(本名:江夏 義昭)氏を監督として迎え入れ、強化プログラムに基づいた指導を行います。
お一人様でも、学校単位の同好会でも、地域単位のサークルでも、eスポーツに興味のある高校生たちの入会をお待ちしています。
※1:2018年アジア競技大会 eスポーツ 「League of Legends」部門 日本代表監督、 2019年全国高校eスポーツ選手権 優勝高校監督
※2:CTG=Catch The Glory(栄光をつかめ)の略 、 ※3:2001年4月2日~2005年4月1日生まれの現高校生を対象

【実施概要】
■日時 : 2020年7月17日(金)~ 毎週月・金曜 16:00~21:00 ※祝休日の場合は休み
■会場 : コミュファ eSports Stadium NAGOYA (名古屋パルコ東館7F)
■主催 : CTG GAMING 事務局 (中部テレコミュニケーション株式会社、株式会社ゲイン)
■総合企画 : 総合プロデューサー 深谷 弘 (東海テレビ放送)
■特別協力 : 東海テレビ放送株式会社


【募集要項】
◆対象 : 現高校1・2・3年生※満15歳~満19歳(2001年4月2日~2005年4月1日生まれ)
◆入会条件:
・本人のやる気があり、eスポーツと勉強の両立ができ責任感がある方。
・本クラブの規約に賛同いただける方。(入会に伴うセレクションはございません)
◆活動場所 :コミュファeSports Stadium NAGOYA
◆活動日時 :毎週月・金曜16:00~21:00 ※祝休日の場合は休み
◆費用年会費: オープン特別特価1,000円
※規約等、詳細はこちらのURLをご参照下さい → https://ctg-gaming.jp/information/news/71/

【メッセージ】
◆主催
中部テレコミュニケーション株式会社
代表取締役社長 宮倉 康彰
「eスポーツプレイヤーが安心して輝ける場所を」という思いの元、コミュファ eSports Stadium NAGOYAをオープンしました。この場所で、このプロジェクトを通し、将来のeスポーツを牽引する高校生の皆さんと共に成長できるようバックアップしてまいります。」

株式会社ゲイン
取締役社長 犬塚 大志
「eスポーツはいま、日々、世界中で熱き戦いが繰り広げられています。全世界で活躍する選手を、このナゴヤ地区から数多く輩出し、eスポーツ文化の醸成・確立、そして地域経済の活性化につなげられるよう、一生懸命サポートしてまいります。」

◆総合プロデューサー
東海テレビ放送株式会社
深谷 弘
「eスポーツ界のスターとなる高校生たちと出会いたい…そんな想いで当プロジェクトは始動しました。オンラインゲームでは、裏腹にもオフラインの場で紡がれた仲間との絆が物を言う場面が多くあります。放課後eスポ部がそんな青春の舞台となれば幸いです。2026年に愛知で開かれるアジア競技大会。集った高校生たちがその“eの頂き”に立つ姿を夢見て、名古屋のテレビ局として全力で支えてまいります。」

◆CTG GAMING NAGOYA 監督
リールベルト (江夏 義明)

「これまでプロチームで培ってきた経験を活かし、高校生のみなさんとeスポーツの楽しさを共有できれば嬉しいです。みなさんと一緒にLeague of Legendsをプレイできる日を楽しみにしています。」

【プロジェクトロゴ】

【コミュファ eSports Stadium NAGOYA】

「コミュファ eSports Stadium NAGOYA」は2019年11月に名古屋パルコ(東館7F)にオープン。コミュファ光10Gサービスを利用した高品質、低遅延な通信環境、高機能なゲーミングPCと配信機器、200インチを超えるLEDビジョンを完備し、最大100名までイベントが可能な、中部地域初の本格的な常設eスポーツスタジアムです。

【参加企業・団体の役割およびプロフィール】
◆中部テレコミュニケーション株式会社
中部地域のお客さまのために高品質な通信・コミュニケーションサービスを提供しています。現在、コミュファ光サービスは中部エリア(長野を含む)95万世帯に展開しており、低遅延・高品質な10ギガインターネット回線にて快適なプレイ環境をお届けします。また、2019年11月にオープンした常設eスポーツスタジアム「コミュファeSports Stadium NAGOYA」にてeスポーツプレイ環境を提供し、大会やイベントを通して活躍の場を創出していきます。
(企業サイト:http://www.ctc.co.jp/)

◆株式会社ゲイン
「月刊ケリー」を中心とした雑誌・書籍の編集出版を始め、広告・販促ツールの制作、インターネットコンテンツの制作・運営、飲食店の運営・コンサルタント業務、販促イベントなどのセールスプロモーション、イベント運営など、東海エリアを中心に幅広い街のコミュニケーション事業を通して、名古屋を中心とする東海エリアの“街文化”の創造・発展をリードしています。
(企業サイト:https://www.gain.co.jp/)

◆東海テレビ放送株式会社
東海3県をサービスエリアとするテレビジョン放送局です。地域の人々の期待に応える番組・情報をお届けしています。また、各種事業イベントを行い、福祉・文化・国際交流活動を通して地域に貢献しています。
「ふるさとイチバン!東海テレビ」のキャッチフレーズのもと、地域密着、地元重視で視聴者の皆様に寄り添ってまいります。
(企業サイト:https://www.tokai-tv.com/)


CTG GAMING
https://www.ctg-gaming.jp

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング