ALIENWARE ZONE

GAME PCゲームで勝ち抜くための情報満載!

『ファイナルファンタジーXIV』 毎日の思い出を切り取ろう!グループポーズのススメ 【今日から始めるFF14 第15回】

目次
  1. SSを撮影してみよう!
  2. グループポーズの使い方
  3. グルポのおもな機能と活用方法
    1. ライティング
    2. 被写界深度表現
  4. カラーフィルターを活用しよう!
  5. 映したくないものを消してしまおう!
  6. まとめ
皆さんこんにちは! Hatyです。世の中はいろいろと大変ですが、そんなときこそ息抜きにオンラインゲームの世界を楽んでみるのはいかがでしょうか。4月以降、みんなお家にいる時間が増えた影響か、『ファイナルファンタジーXIV』(以下『FF14』)の世界もプレイヤー が増えたように感じます。

さて、今回はそんな普段過ごしているエオルゼアの日常や、特別な思い出 を切り取るスクリーンショット(以下、SS)について解説・説明しましょう。

何気ない毎日をSSに残して、普段満喫している『FF14』の世界を2度3度楽しんじゃいましょう!

SSを撮影してみよう!

場所の選定はもちろんですが、『FF14』の世界は時間帯や天候によってさまざまな表情を見せます。お気に入りのスポット、時間、天候を見定めて、素敵な一枚を撮影しましょう!

▲普通に撮影するSSはこんな感じ

さすがは『FF14』といったところの美麗グラフィック! ですが、以下のようにひと手間加えることで、SSがさらに際立つのです。

▲キャラに照明を当てて、周りのキャラを消して、エーテライトの光を鮮明にして……とちょっと手間加えたSS。上で撮影したSSとまったく同じカメラアングル&時間帯のものです。どうです? こんなに違うんですよ!

今回ご紹介するグループポーズの機能を使ってひと手間加えるだけでエーテライトの光もキャラクターの表情も、周囲のものだっておもいのまま!

SSを普段から撮影されている方にはお馴染み、「グループポーズ」(以下グルポ)を使用して撮影した同じシチュエーションでの一枚なのです。同じ場所やシチュエーションとは思えない一枚に仕上がっていませんか? グルポではさまざまなフィルターやライティング、さらには周囲の表示物の制限といった機能が備わっています。ゲームの中の機能だけでこれだけできるってすごいですよね!

グループポーズの使い方

グルポは、「メインコマンド→マイキャラクター→アクションリスト→EXTRA→グループポーズ」、もしくはコマンドで「/gpose」と入力すると起動できます。
グルポ内ではカメラ位置の調整はもちろん、明るさや構図などの項目の調整を行うことができます。また同時に、それらの設定をセーブ&ロードする機能も備わっているので、好みの設定を保存しておくのもいいでしょう。


グルポのおもな機能と活用方法

いろんな機能があるとはいったものの、そう簡単に使いこなせるの?と心配になられた方もいるかもしれません。なので今回は、私Hatyがグルポ使用時によく使う機能や活用方法をご紹介したいと思います。
撮影にはいろんな方法があります。すでにSSを楽しまれている方の好みや独自の活用方法があると思いますので、あくまで私個人の活用方法ということでご了承ください。試したことがないなら、以下を覚えるだけでSSがグッと映えますよ!

ライティング

まず代表的な機能としてライティングがあります。任意の場所にライトを設置し、光源を増やす手法です。テレビ番組の撮影などで使う照明やレフ板のような役割だと思っていただければ、イメージしやすいかもしれません。 最近はスマホの画像アプリでも簡単に加工ができますが、そのようなイメージで直感的な操作でお気に入りの一枚に仕上げていきましょう。

▲【写真A】ライティングなしの場合

▲【写真B】ライティングありの場合

写真Aは暗い場所で撮影したものになりますが、それにライトを足したものが写真Bです。上からの光源とカメラの後ろに光源を設置することで、カメラのフラッシュのような効果を狙いました。カメラの位置にライトを設置することができ(最大3つ)、タイプを設定することで光源の入り方、雰囲気が変わってきます。RGBの比率を調節することで色合いの調整をしたり、好みの位置にライトを設置してみて、あれこれ試してみましょう。

同じく明るさに関係する部分だと、「明るさのマニュアル調節を有効にする」のチェック項目も大事です。どれだけ周囲が明るい(暗い)状態でも、ベースとなる明るさを任意に設定することができる項目となっています。フラッシュ撮影のような強い光が当たるわけではなく画面全体の明るさを調節できるので、雰囲気を整えるのに一役買ってくれるでしょう。

▲明るさ調整をする前のSS

▲明るさのマニュアル調整後のSS。暗めなシチュエーションでは効果大! 全体と色調を合わせたライティングを組み合わせるとさらに印象深くなりますよ


被写界深度表現

「被写界深度表現を有効にする」という項目は、いわゆるフォーカス機能です。デフォルトでは「有効」になっており、キャラクターにフォーカス(ピント)が当たっており、画面の奥に行くにつれてピンボケになります。実際の一眼レフカメラで写真を撮る場合と同じように、『FF14』の画面もピントがあっていない場所をぼやけた処理にすることができます。

▲深度表現を有効にしたSS

▲深度表現を無効にしたSS

この機能をうまく使えば、実際の一眼レフカメラで写真を撮る場合と同じように『FF14』の画面もピントがあっていない場所をぼやけた処理にすることができます。絞り値のスライダーを調節すればピントも思いのままに調節可能なので、好みの被写体にフォーカスしてピントを合わせてみましょう。フォーカスする位置を変更するだけで、同じシーンでもかなり印象が変わると思います。

逆に、深度表現を「無効」にしてパキっとした一枚を撮影するのもいいでしょう。上の写真でいうと2枚目が深度表現を無効にしたものです。画面の奥のほうまでくっきり見えるようになっているのが、わかりますでしょうか。

先ほどご紹介したライティングと組み合わせてお好みのシーンに仕上げていきましょう!

カラーフィルターを活用しよう!

グルポにはフィルターという機能があります。フィルターを活用すれば、画面全体の色調を変更することができます。
フィルターには非常に明るく色が表現されるものや、モノクロ、セピアといったものもあり、ライティングの色等が反映されづらいものもあります。こちらも好みにはなりますが、うまく活用して印象深い一枚を撮影しましょう。

▲カラーフィルターOFFのSS

▲カラーフィルターを使用 したSS。フィルターだけでも明るさが大幅に変更されるものや、色調が大きく変わるものがあります。これだけでも十分見栄えがする一枚になるかも!

映したくないものを消してしまおう!

グルポのメニューでもっとも活用しやすく、わかりやすい機能をご紹介します。「キャラクターの表示設定」の項目です。

SSを撮影しようと思うと、他のプレイヤーさんたちやNPC、モンスターといったさまざまなものが写り込んでしまいますね。それはそれで日常感があってよいのですが、せっかく絶好のスポットを見つけたから、自分のキャラだけで撮影したい……なんてこと、ありませんか?

この設定項目、デフォルト状態ではすべてのものを表示する設定になっています。つまり普段皆さんがプレイしている画面とほぼ同じ状態を表示しています。
しかし、このチェックをはずしていくと……。

▲キャラクターの表示設定をデフォルトのままで撮影したSS

▲キャラクターの表示設定で自身のキャラクター以外を 外して撮影したSS

なんということでしょう! 自分以外はすべて消えてしまいました! じつは自身のキャラクターも表示を消してしまうこともできるので、『FF14』の素晴らしい景色だけを撮影することだってできます。この機能で名所SS集を作ってもいいですね。

▲自身のキャラクターすらも非表示にして風景を撮影したもの

街中にひとりなんていうディストピア感ある一枚を撮影してもいいでしょう。それぞれのチェック項目は個別に設定ができるので、NPCだけ残しての撮影や、パーティメンバーのみを残しての撮影等お好みで被写体を設定することができます。

この機能の実装により、SSの幅は各段に広がったといっても過言ではないでしょう。いつでもお気に入りのシチュエーションを作り出すことができるのです。

まとめ

いかがでしたか? グルポで私が活用する機能の一部をご紹介してみました。それ以外にもいろんな機能や活用方法が隠されているので、それぞれの組み合わせはもちろん、直感的に操作して毎日のプレイを彩る一枚を撮影しましょう!

『FF14』の世界を切り取った一枚を日常に取り入れるきっかけにも、日々を振り返る思い出にもこうした機能を活用して普段とは違った楽しみ方をされてはいかがでしょうか?

それではまた!

© 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ファイナルファンタジーXIV プロモーションサイト
https://sqex.to/dplgc
ファイナルファンタジーXIV 公式プレイヤーズサイト
https://sqex.to/ExGM6
ファイナルファンタジーXIV フリートライアルサイト
https://sqex.to/PP5BG
スクウェア・エニックス
https://sqex.to/RDF4C

【連載】Hatyの今日から始める『ファイナルファンタジーXIV』

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング