ALIENWARE ZONE

GAME PCゲームで勝ち抜くための情報満載!

『Re Painter』お絵描きで「KAMIESHI」と殴り合う斬新アクション!【Steamジャケ買い1本勝負 第59回】

今日も目の前に広がる無数のゲーム!頼りにするのは自分の直感のみ! 当たれば笑顔、ハズレでもドンマイ次があるさ! そんな調子で続けて59回目となるSteamジャケ買い1本勝負。今回は可愛いメインビジュアルとシステムに惹かれて選んだこちらを紹介。


こーひーあーるから498円で配信中の『Re Painter』です。「描いたイラストが必殺技になる」というシステムが特徴の短編アクション。


センスが無くて売れないイラストレーターである主人公が、腹いせに4人の「KAMIESHI」をぶっ飛ばしに行くという、「そんなだから売れないんだよ!」と言いたくなるストーリーになっています。ドットで描かれたキャラと背景がとってもキュート。

基本は短距離ダッシュで攻撃を避け、接近攻撃で殴るだけのシンプルなゲームです。しかし敵を攻撃して貯まるゲージを最大にすれば必殺技発動。事前にマウスなどで自由に描けるイラストが主人公の周りに表示され、ダメージを与えられるようになっています。


早速、ALIENWARE ZONEのロゴで攻撃だ! 最新ゲームニュースをどこでチェックすればいいか体に刻んでやる! ……という勢いでゲーム開始。イラストは複数書いておくことが可能で、戦闘中にどれを使うか切り替えられます。いろんなALIENWARE ZONEをストックしてぶちかましてやりましょう(そういうゲームではない)。


ザコ敵を倒しながら一本道を進んでいけばボスが登場。サラサラッと巨大イラストを描いて、それを猛烈な攻撃に使用してくるため「おのれ!KAMIESHI!」となること間違いなし。ボスには必殺技でしかダメージが与えられないので、イラストとイラストで殴り合う仁義なきクリエイターバトルが勃発。

しかし、「絵そのもの」ではなく「描かれていく軌跡」にダメージ判定があるので、実際に遊んでみると動く相手に「イラスト」を当てるのはかなり難しい作り。商品ページにあるような可愛い絵を攻撃に使うのは現実的ではなく、攻撃に使いやすい図形や線を使わないと厳しいバランスになっています。せっかく描いたがALIENWARE ZONEのロゴは置いてきた……この戦いには付いていけそうにない。

辛くても「自分の描いたイラスト」で戦うか、それとも楽をするために「効率を重視した図形」で戦うかを考えさせられる作り。クリエイターを題材にしたゲームとしては、かなり面白い構成と言えますね。


とはいえ、全体的に難易度は高めで、終盤はボス戦の仕様もあって理不尽と言っていいレベル。無茶苦茶なパターンの避け辛い弾幕に何度もボコボコにされながら、「ボスに多段ヒットする図形」を探して沢山描くだけのゲームになっているのが残念。イラストを描くなど論外で、図形のみを使ってもキツいバランス。ダッシュに無敵時間でもあればまだ違ったと思うんですけどね……。

ラー油的適正価格:240円(Steam価格498円)】
柔らかい雰囲気、それにマッチしたBGM、マップの雰囲気、アイデア、イラストを描くという攻撃方法のおかげでボスの個性が際立っているところなど素晴らしい点は多いものの、アイデアが上手く活かせているとは言い難く、純粋にアクションゲームとしても課題の多い作り。自分の描いたイラストが必殺技になるのは純粋に楽しいだけに、いろいろと勿体なかった!

©2020 こーひーあーる

■ラー油のプロフィール
SIMPLEシリーズなどを応援するゲームブログ『絶対SIMPLE主義』を運営するブロガー。完全新作ソフトとダウンロード専用ソフトに目が無い。 宇宙人キャラをウリにしつつあるがキャラは固まっていない。
Twitter:https://twitter.com/daikai6
「シシララTV」連載コラム:http://sisilala.tv/myarticles/432

■関連リンク
Steam『Re Painter』のページ
https://store.steampowered.com/app/1096420/
【連載】ラー油のSteamジャケ買い1本勝負

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング