ALIENWARE ZONE

CULTURE PCゲームカルチャーに関する情報満載!

信念と肯定。全てが叶ったRed Bull Kumite 2019 【ストーム久保の「プロ格闘ゲーマーのゲンバから!」第15回】

ALIENWEAR ZONE様をご覧の皆さま、あけましておめでとうございます! TEAM iXA所属 続投!ストーム久保です。

2020年もプロゲーマーとして生きて行くことになりました。

前回のコラムでは、「Red Bull Kumite LCQ」(Last Chance Qualifier)を抜けて、本戦へと進み始めたときの心境から執筆させていただきました。今回はその続きとなります。


LCQ優勝という出来事は、久保史上最高の瞬間でした。目映いフラッシュの嵐に、かけ続けられる祝い言葉の数々はいい思い出です。あまりにも嬉しくて、余韻にいつまでも浸っていたかったので、翌日の本戦に出るのを少しためらったくらいです。しかし、選ばれたプレイヤーしか出場できない名誉ある舞台に、単身予選から乗り込んでいくシチュエーションから得られる高揚感は「優勝」という甘い余韻をも軽く上回って私を奮い立たせました。

2019年12月22日(日) 日本・愛知にて開催された「ストリートファイターV チャンピオンエディション」(以下、『ストV CE』)の招待制トーナメント「Red Bull Kumite 2019」(以下、Kumite)は、格闘ゲームイベントの中でも類を見ない大舞台です。その開幕から、去り行く瞬間までのあいだにゲンバで経験した数々の試合や感情をお伝えしていきたいと思います。





それでは皆さま、2020年もよろしくお願い致します!

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング