ALIENWARE ZONE

CULTURE PCゲームカルチャーに関する情報満載!

eスポーツで勝つために必要な“4つの要素”とは? わかさ生活がクラーク記念国際高等学校でユニーク指導

eスポーツでパフォーマンスを発揮するために必要な4つの要素



目の総合健康企業「わかさ生活」は、2019年に日本eスポーツ連合(JeSU)のオフィシャルスポンサーとなり、eスポーツで必須となる一瞬のチャンスを勝ち取るために絶えず酷使される目を鍛えるための提案を行ってきた。

その取り組みの一つとして、2019年12月5日、3人の講師がクラーク記念高等学校eスポーツ学科の生徒たちを相手に、様々なミニゲームやクイズを通して目を鍛えることの重要性を語った。その模様をレポートしたい。


eスポーツと栄養

「eスポーツでパフォーマンスを発揮するために必要な4つの要素」としてわかさ生活が挙げたのは、”栄養・運動”、”目”、”ビジョントレーニング”、”睡眠・脳”の4要素。

まずは食事における野菜の重要性についてひとしきり語られた後、コップ一杯の牛乳とトースト一枚の朝食は良いか悪いかという問題がグループワークの議題に挙がった。


「ちゃんと朝食を食べてるだけ凄いと思う」
「でも栄養が足りていない」
など様々な声が出る中、大勢を占めたのはやはり「タンパク質と野菜が足りていない」という意見。

これに対し講師は、「とはいえ、朝は忙しいので、ゆで卵や簡単なスープをつけると、簡単にタンパク質も摂れるし野菜も食べられる。特にスープは生野菜が苦手な人でも野菜を摂れる」と、理想と現実に上手く折り合いをつけた提案を行っていた。


eスポーツと目

続いての講義は習慣について。「eスポーツ選手にとって大事な習慣とは何か」という問いかけから始まった。それに対して生徒からは「毎日5分瞑想している」「4~5時間練習している」と声が挙がる。


講師の方によると、eスポーツ選手は世界的にはアスリートとして認知されつつあるので、アスリートを目指すという認識で取り組んでもらいたいとのこと。また、eスポーツ選手にとって目から入った情報を瞬時に動作に反映するために必要な目と脳の連携は、プロの卓球選手以上の能力が必要とされる上、大会では緊張によりレーシングドライバー並みのストレスがかかるため、運動能力と脳の力が必要になってくるのだという。

また、「身体的なトレーニングをしているか」という問いかけに対し、鍛えている生徒の数はなんとゼロで、会場からは笑い声があがった。すると講師の方からは「一番大事なのは目のトレーニングですが、アスリートとして体もしっかり鍛え、食事もしっかり摂るように」という説明があった。

eスポーツとルーティーン

次に講師の方が語り始めたのは、ルーティーンについて。ルーティーンは”型にはまった諸作”のことを指し、アスリートの中には心と体をベストの状態に保つために取り入れている方も多いとのこと。一定の動作を行うことにより脳が覚えこんでいる自分の一番いい状態を思い出させ、緊張状態でもパフォーマンスを発揮するために有効な手法として元メジャーリーガーのイチローやサッカーのロナウド、体操の内村選手などが取り入れている事例について説明があった。

「毎日集中力を保つためにしていることはないか」と問われた生徒たちからは「睡眠」という声が挙がり、それに対して「睡眠中に記憶の整理や定着が行われるので、練習をしたらきちんと自分に適した睡眠を重視してください。一般的には7時間から8時間の睡眠が必要とされています」と、講師の方から丁寧な説明があった。


目についてはミニゲーム形式の眼球運動トレーニングが行われ、会場は大いに盛り上がった。1から50までの数字が書かれた紙を見ながら、制限時間内に幾つまで数字を追えるかというゲームで、”ペンで数字を追ってはならない””首を振ってはならない”などユニークなルールが説明され、ゲームがスタート。

このゲーム、最優秀の生徒は20を超える数字を追うことに成功し、会場からは拍手があがった。更にトレーニング用紙を使わずともできるトレーニング方法も実演され、生徒たちは笑顔で応じて全員でトレーニングに興じていた。


eスポーツとビジョントレーニング

さらに、今日習った内容が身についているか確認するための、ビジョントレーニングを兼ねたクイズ大会が開催された。

クイズの内容は一瞬見たものを認識する力、瞬間視を確認するために一瞬だけ表示される文字を当てるというもの。全員が目をこらしスクリーンを見つめるが、超高速で表示される文字を当てるのに大苦戦。たびたび悔しそうな声や笑い声があがる中、見事に的中させた生徒には惜しみない感嘆と拍手が送られた。

全ての講義を終えた講師の方々は、目を大事にしなければならないプロゲーマーを目指す生徒たちに、わかさ生活の「ブルーベリーアイ プロ」をプレゼント。ビルベリーという種類のブルーベリーを使い、アントシアニンを配合した同製品は目に良いとされており、足りない栄養素をサプリメントで摂取することの重要性を説明し、イベントは好評のうちに終了した。


メノコト|わかさ生活
https://menokoto365.jp/magazine/vision-training-mimic-footprint/?argument=Mk7XfcMq&dmai=2001top_mnkt2
クラーク記念国際高等学校
https://www.clark.ed.jp/

KEYWORD

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング