ALIENWARE ZONE

CULTURE PCゲームカルチャーに関する情報満載!

アマチュアリズムで行けるところまで行きたい【「LJL」解説者・Revol氏インタビュー】

Revolさんはちょっと不思議な人です。



LJL」のキャスターたちと比べても他のゲームで実況や解説をする人と比べても、基本的にふわっとしていて、「俺が俺が」というガツガツ感がないことががかえって大きな存在感になっています。時々、スルっと毒も吐きます。

でもちょっと意地悪な見方をすれば、こんなふうにも思います。「力抜けてますっていうその感じ、どこまで本当なんですか?」と。表舞台に自分の意志で立っている人が、自己顕示欲が薄いってありえるんでしょうか。

なので今回は、Revolさんが何を考えて「LJL」のキャスターを始め、続け、自分と「LJL」の今後について何を考えているのかを教えてもらいに行ってきました。

ちなみに当日は令和元年12月24日のクリスマスイブ。日程はRevolさんからの指定でした。


観客も「LJL」をスポーツとして見ている

――お久しぶりです、こんな日になんだかすいません。

Revol:KeSPAカップ(韓国のカップ戦)見るだけだったんで全然大丈夫です。

――日程の候補をもらって、正直Revolさんっぽいなと思いました(笑)。この季節の「LJL」は会場変更や選手移籍が毎年話題になりますけど、今年もソフトバンク加入というビッグニュースがありました。「LJL」は本当に大きくなりましたよね。

Revol:今でも時々ネタにするんですけど、僕が2014年に解説をはじめた頃は視聴者も600人くらいでしたからね。当時のeyesさんは実況しながらゲーム内のカメラを操作していて、『この人、脳2個あるな』って思っていましたよ。

LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE Summer Season powered by Logicool G 最終戦(ニコニコ動画)
https://live.nicovideo.jp/watch/lv188895085

――かなり手作り感があったとは聞いています。そこからの成長スピードは、イメージと比べてどうですか?


Revol:んー、結構難しいところですよね。長いスパンで見れば予想以上の成長だと思いますけど、2017年の夏のファイナルを幕張メッセでやった後、しばらく大きな会場でのファイナルがなくなって、あの時期は正直ちょっと停滞感がありましたし。紆余曲折あったなっていう印象です。

――確かに、代々木第2体育館、品川プリンスホテル、東京ビッグサイト、幕張メッセって右肩上がりで会場が大きくなってましたからね。

Revol:幕張の時は「このまま行ったら『LJL』どんだけ大きくなっちゃうんだろ、やばいやばい」って思ってました。同じ感覚の人も多かったんじゃないかなぁ。だから、2019年の夏はまた大きいところでできて嬉しかったです。

▲2019年の「LJL Summer Split Finals」は3000人を収容できる立川立飛アリーナで開催。ファンで埋め尽くされた

――内側から見て、大きくなったなぁと感じるのはどんなところですか?

Revol:なんていうか、アングラ感が減りましたよね。昔は「LJL」の配信ブースってオフィスビルの倉庫の一角みたいなところで、場所も秋葉原でした。あの街ってやっぱり独特の雰囲気があるじゃないですか。たぶんあの雰囲気は「LJL」の大事な要素なんだけど、それでも場所が中野になり渋谷になり、幕張や立川の大きな会場ってなってきて、文化としてメジャーな雰囲気に変わってきたなと。

――アングラ感。たしかに試合前の演出とか選手写真のスタイルも変わりましたよね。

Revol:選手たちの振る舞いもかなり変わって来ましたよね。ファンの方が見ていることを意識するようになってきたのが見ててもわかりますし。環境の変化が人格に与える影響は大きいですよね。

――アスリートっぽさとゲーマーっぽさの絶妙なバランスがなんとなく定着してきた感じがします。

Revol:たまにまだ状況に慣れていない若い選手が、インタビューで強めの発言をしてお客さんがざわつく、みたいなこともありますけどね(笑)。昔だったら、元々アングラなものだから多少相手を煽ってもスルーされていたけど、もうお客さんも「LJL」をアングラなものだとは思っていなくて、スポーツに近いレベルを要求するようになってきたんでしょうね。


――Revolさん自身はあんまり変わってないように見えるんですが、変化はありました?

Revol:僕も、人に見られる意識はさすがに増えましたね。大きかったのが、2018年からメイクさんが入ったこと。それまでは化粧水とかも全然使っていなかったんですけど、乾燥していると怒られるんですよ。「乾いてますね、言ったのに化粧水つかってなかったでしょ?(怒)」みたいな。

――面白いです。意外とケアとかしないタイプなんですね。

Revol:なんかめんどくさくないですか? 今も本当はあんまりやりたくないんですけど怒られてるんで……。

――その割に肌めっちゃきれいですけど。

Revol:たしかに肌荒れは出にくい方なんですよね。あとゲーマーは日に当たらないんで、それで何とかなってたんだと思います。肌は要は紫外線ですよ。

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング