ALIENWARE ZONE

eSPORTS eスポーツに関する最新情報をチェック!

【プロゲーマー・letswiseのゲームの理解こそが上達のカギ】第4回 ハイリスクハイリターンなヒーロー『オーバーウォッチ』 ゼニヤッタ編 1

こんにちは。Green Leavesletswiseです。
オーバーウォッチ』連載4回目は、バフやダイブ構成の台頭によりピックされる機会が増えた「ゼニヤッタ」について書いていきたいと思います。
サポートのピックについては、今まで基本だったルシオ+アナの構成から選択肢が増え、ルシオ+ゼニヤッタやゼニヤッタ+アナが用いられるケースもあります。サポートプレイヤーはぜひこの講座でゼニヤッタを学んで、ピックプールを広げていきましょう。まず今回は、ヒーロー性能とメイン武器、スキルについて解説します。

ヒーローの性能について

アナと比較して高い火力を出すことができるため、ダイブ構成の流行とともにピックされる機会が増えています。アナと比較した場合のメリット・デメリットは以下になります。

メリット
・メイン武器の火力が高い(「不和のオーブ」付与時のDPSはマクリー以上)
・「調和のオーブ」は、動きの激しいダイブ構成でもヒールが容易
・「不和のオーブ」により、敵の耐久力を下げることができる
・アルティメットが敵のアルティメットのカウンターとして使いやすい
・攻撃と回復が同時にできる
・シールドにより自動回復ができる(3秒間ダメージを受けずにいると秒間25回復)

デメリット
・偏差撃ちが必要なため弾を当てる難易度が高い
・自衛手段が攻撃しかない上に、ヒットボックスが大きいため狙われると弱い
・ヒール量はアナに大きく劣る
・アナよりも行動の選択肢が多いため状況判断能力が必要

アナと比較してハイリスクハイリターンなヒーローといえます。偏差撃ちのメイン武器と、ヒットボックスが大きい代わりにシールドの自動回復という強みがあるので、壁や障害物をうまく利用して立ち回るように心がけます。
シールドの自動回復、各オーブの射線が切れてから解除されるまでの時間は共通して3秒です。“3秒”をキーワードとして覚えておきましょう。

シールドの自動回復を活かすこと、そしてヒットボックスの大きさをカバーするために、壁をうまく使っていきます

メイン武器について

【破壊のオーブ】
・弾数:20
・ダメージ:46(115DPS、不和付与時149.5DPS)
・セカンダリ:溜め時間に応じて複数弾を発射する。最大5個まで

偏差撃ちが必要ですが、集弾率の上昇のバフにより近距離のゲンジやトレーサーを狙う場合、中距離以降でも高い火力を出すことができるようになりました。
「不和のオーブ」付与+ヘッドショット+近接攻撃で149.6ダメージなため、HPが150しかないトレーサー等のフランカーに対してもかなりの有用性があります。右クリックの溜め攻撃については、基本的には集団戦が始まったらあまり使う機会はなく、おもに集団戦が始まる前のつつき合いで使用します。集団戦時は素直に左クリックで一発一発相手の動きを予想して当てていきましょう。

遠距離でも高い集弾率を誇るため、スパムが有用です

スキルについて

【調和のオーブ】
・回復:秒間30
・範囲:40メートル

味方に付与すると射線が切れてから3秒経つまでヒールが続きます。ダイブ構成ではトレーサーやゲンジ等を用いるためアナによるヒールの難易度が高い一方、ゼニヤッタの場合は付与すれば自動的にヒールを行うのでその時間を攻撃等に充てることができます。
ヒール量はそこまで多くないので、ゲンジやトレーサー等のHPが少ないヒーローに付与する方が有用な場面が多くあります。

【不和のオーブ】
・敵の被ダメージ:30%増
・範囲:40メートル

付与すると敵ヒーローが受けるダメージが30%増えます。これがどういうことか改めて考えてみましょう。仮にHP600のロードホッグに付与するとします。

462*1.3=600.6

つまり462ダメージ与えれば、「不和のオーブ」によって600.6ダメージとなり、倒すことができるようになります。これは付与した時点で138ダメージ与えているようなものです。比較対象としてHP200のアナに付与するとします。

154*1.3=200.2

アナの場合は154ダメージ与えれば倒すことができるようになります。これは付与した時点で46ダメージ与えているようなものです。

以上の比較から、「不和のオーブ」はタンクに付与することで最大限有効に活用できることがわかると思います。付与する対象に迷った場合は敵のタンクに付けておきましょう。

ただし、例外があります。敵にアルティメットが強力なヒーローがいて、既に溜まっていることが予想できる場合は、タンク以外でもそのヒーローに付与して真っ先に倒しましょう。ルシオ・マーシー等がそれにあたります。
また、相手のゲンジやトレーサーに自分が狙われていて殺さなければ殺される場面では、すぐに付与してキルを狙いましょう。そして「不和のオーブ」を付けた敵は、例え壁の裏にいてもしばらく位置が画面に表示されます。障害物を使いながらうまく立ち回ることを心がけます。

相手が出てくる位置を予測できるため、それに合わせてメイン武器を当てましょう

以上、今回はヒーロー性能・メイン武器・スキルについて紹介しました。次回はアルティメットと構成について書きます。お楽しみに!

プロゲーマー・letswiseのゲームの理解こそが上達のカギ
第1回 そのキャラができることを知ろう『オーバーウォッチ』 アナ編 1
第2回 勝利の鍵はスキルの使いこなし『オーバーウォッチ』 アナ編 2
第3回 アルティメットとメタの状況について『オーバーウォッチ』 アナ編 3
第5回 アルティメットとゼニヤッタを含めた構成『オーバーウォッチ』 ゼニヤッタ編 2

■letswise選手のプロフィール
Green Leavesのバックボーンでもある『Team Fortress 2』を筆頭に、数多くのゲームに参戦。24歳で新加入したにも関わらず、メンバー最長となる10年の競技歴を誇る。様々なゲーム遍歴でもたらされた適応力を活かし、あらゆるヒーローを高水準で使うチームの新たな屋台骨。ネイティブレベルの英語力を持つことから、海外での戦いも視野に入れるチームにとっては欠かせない存在。

(C) 2017 Blizzard Entertainment, Inc. All rights reserved. Overwatch and the Overwatch logo are trademarks and Blizzard Entertainment is a trademark or registered trademark of Blizzard Entertainment, Inc. in the U.S and/or other countries.

■関連リンク
letswise選手のTwitter
https://twitter.com/letswise
Green Leaves
http://green-leaves.net/
BLIZZARD ENTERTAINMENT
http://us.blizzard.com/en-us/
『オーバーウォッチ』
http://www.jp.square-enix.com/overwatch/