ALIENWARE ZONE

CULTURE PCゲームカルチャーに関する情報満載!

嫉妬必然! 同世代プレイヤーにひと言【ストーム久保の「プロ格闘ゲーマーのゲンバから」第13回】

どうも、TEAM iXA所属 ストーム久保です。

ALIENWEAR ZONE様には海外大会に参加した感想や、ゲンバで起きた出来事をまとめたレポート記事をこれまで掲載させていただいていました。しかし今回は趣旨を変えて、大会レポートではなく私の中の意見を執筆してコラムとしての面を強く出させていただくことになります。

新しいことに挑戦できる嬉しさと同時に、しっかりと自分の言葉でお伝えすることができるのか不安でもあります。これまで同様に尽力致しますので、皆様宜しくお願い致します。

それでは、今回私に聞いてみたいと言われたのはこちら。

「同世代のプレイヤーの活躍に対して、久保は何を思うのか?」

……下手したら荒れますね、これ。

同世代の2人に久保は何を思うのか

私は今年27歳になります。意外にも近い歳で海外大会を巡っているプロゲーマーは少ないのですが、だからこそ意識してしまうプレイヤーが2人、すぐに思い浮かびます。

1人目はガチくん選手。カプコンカップ2018覇者」にしてレッドブルアスリートであり、既婚者です。カプコンカップを制すると翌年は活躍できないジンクスもありましたが、2019年も勢い衰えることなく活躍して今年は優勝もしています。最近アフリカのゲームコミュニティを見に現地に飛ぶ行動力の持ち主です。

2人目はりゅうせい選手。FAV gaming所属。『BLAZBLUE CENTRALFICTION』EVO2017チャンピオンで、翌年2018年から『ストリートファイターV アーケードエディション』(以下『ストV AE』)にタイトルを移行してきました。ゲーム性がまったく違うタイトルからの新規参入に関わらず、モチベーションを切らすことなく練習に励んだ結果、『ストV AE』を初めて1年目の「EVO2018」で見事9位タイになったことで周囲に成長と実力を示しました。

▲写真中央がガチくん選手、右がりゅうせい選手。ちなみに左が筆者

そんな2人は今年の「カプコンプロツアー2019」の大会でも大活躍中です。そして私は全く活躍できませんでした。私と違って、彼らは大会で日本・海外の強豪プレイヤー達と勝ったり負けたりして日々評価されていきました。そんな姿を見ているときの私の気持ち、皆さんにはわかりますでしょうか

「カプコンカップ2018」グランドファイナルで板橋ザンギエフ選手を倒したガチくん選手の雄姿、「CEO2019」でトップ8に進出したりゅうせい選手の勢いをそばで見ていた時の気持ちを。

そう、私はとても嬉しかったです。誇らしかったとも言えます。

近い世代のプレイヤーがいよいよトップに食らいつくようになってきたのです! 私の格闘ゲーム人生12年、これまで起こっていなかった流れが起きるかもと期待が持てます。今の日本の『ストV AE』コミュニティは、私たちよりもゲーマーとしてもプロとしてもキャリアが長いベテランゲーマーが世界のトップに君臨しています。あまりにも上の世代の層が厚いために、世代交代は上の世代が自ら引退する以外に起こらない可能性さえありました。

しかし、ガチくん選手やりゅうせい選手が活躍をしている今、近いうちに世代交代が起きてもおかしくない気がしています。人材や知名度に引退後の道などその他もろもろ、本格的な世代交代が発生するのに必要な要素はまだまだ足りないと思いますが、それでも自主引退以外での世代交代が叶わない話では無くなったと思います。今後さらに多くの若い世代の実力者が台頭してきた時に、ぜひとも彼らには舵を取っていただきたい。そしてその尻馬に乗って私も業界を駆け巡りたいものです。

実際、嫉妬はしているのか?

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング