ALIENWARE ZONE

GAME PCゲームで勝ち抜くための情報満載!

『Steel Sword Story』鉄の剣にすべてを込めて!コンパクトで手応えある王道アクション!【Steamジャケ買い1本勝負 第55回】

いよいよ年末商戦突入。大作からそうでもないタイトルまで、凄まじい勢いでゲームが増加中のSteamから、今日も変わらず直感でチョイス! 55回目となるSteamジャケ買い1本勝負は、お手頃価格とドットに惹かれて買ったこちらの冒険譚。


PLAYISM から500円で配信中の『Steel Sword Story』です。鉄の剣と魔法を武器にモンスターと戦う王道の2Dアクションゲーム。
追放された騎士が、故郷の危機に再び舞い戻るというストーリーになっています。難易度はカジュアルとゲーマーの2種類。


剣による接近攻撃と、炎の魔法による遠距離攻撃を使い分けながら進んでいく構成となっています。回数制限のある回復薬や、発動時に無敵になる緊急回避で命を繋ぐのも大事ですね。敵をバシバシと斬りながら進んでいくオーソドックスな作りですが、剣で敵の弾を叩き落とせることに気づいたり、ジャンプ中の上斬りと下斬りの使い分けが出来るようになったりすると、グッと楽になってくる手触り。

回復薬を使うのにスキがあったり、敵に衝突すると大ダメージを受けるようにもなっているので、強引なゴリ押しが出来ないようにもなっています。これがあるのでボス戦は相手の行動を見極めながらの立ち回りがとなります。

「この攻撃はジャンプで避ける!」
「この攻撃は緊急回避で!」
「このタイミングなら回復できる」
「ここで攻撃!」

などといったアクションゲームの醍醐味がしっかり味わえます。ボスの弱点に攻撃がヒットすると効果音が変わるなど、気持ち良さの基本も押さえていますね。


隠し通路の先にパワーアップアイテムが隠されている軽い探索要素や、ボスの直前にアイテムを売ってくれるキャラがいたり、回復ポイントである女神像で最大HPなどを上げられる成長要素もあります。お金は敵を倒すと回収でき、これはやられても引き継がれるので、繰り返しのプレイが無駄にならない仕様です。

まあ自分の場合、女神像でのパワーアップに気づかず、普通にそのままラスボス倒しました。アクションゲーム慣れてる人なら「女神の加護などいらぬ!」で突っ切れるのもアリですね。


主人公の攻撃モーションや、ボスのミノタウロスや巨大ワームの動き、エンディングでのさりげない動きなど、地味ながら丁寧なドットも見所。「これのどこがレトロ風なんだ……?」と言いたくなるドットを山ほど見て来た自分もこれにはニッコリ。

アクションゲームに慣れていれば1~2時間でクリア可能で、隠されたアイテムを探す要素はあるものの、基本的にはクリアしたらそれで終わり。やや賛否ありそうですが、値段とバランスの丁寧さを考えれば、個人的には十分なコンパクトさ。ただ、ダメージでの画面振動演出がやや煩わしかったので、ここはオプションで調整させて欲しかったところ。

ラー油的適正価格:500円(Steam価格500円)】
サクッと遊べる内容ながらも作り込まれており、バランスの上手さなどで値段分しっかりと楽しませてくれるアクション。まさに鉄の剣を思わせる質実剛健な1本でした。

ⓒ2019 8bits fanatics,/KADOKAWA CORPORATION/PLAYISM

■ラー油のプロフィール
SIMPLEシリーズなどを応援するゲームブログ『絶対SIMPLE主義』を運営するブロガー。完全新作ソフトとダウンロード専用ソフトに目が無い。 宇宙人キャラをウリにしつつあるがキャラは固まっていない。
Twitter:https://twitter.com/daikai6
「シシララTV」連載コラム:http://sisilala.tv/myarticles/432

■関連リンク
Steam『Steel Sword Story』のページ
https://store.steampowered.com/app/978190/

【連載】ラー油のSteamジャケ買い1本勝負

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング