ALIENWARE ZONE

CULTURE PCゲームカルチャーに関する情報満載!

続・ガチでゲームが好きな有名人はこの11名!【シブゲーアーカイブ】

※本記事は「SHIBUYA GAME」で掲載された記事のアーカイブです。当時の内容を最大限尊重しておりますが、ALIENWARE ZONEへの表記の統一や、一部の情報を更新している部分もございます。なにとぞご了承ください。(公開日:2018年11月28日/執筆:シブゲー編集部)

「好きな人が好きだから」から「好き」が始まるってすごくいいことだと思うんですよね。

eスポーツの流行が目覚ましく、中でも最近はeスポーツタイトルとなっているゲームをプレイしていたり、ハマる有名人が非常に増えているなと感じます。

誰もが知ってるゲーム好き有名人から、意外と知られていないけどあんな有名人まで……!?という趣向でリストアップしてみました。

好評いただいた「ガチでゲームが好きな●●」企画。今回は第2弾として、今話題の人にぐんと焦点を当てて「ガチでゲームが好きな」有名人「神11名」を紹介していきたいと思います!

第1弾記事はこちら!
ガチでゲームが好きな芸能人・アーティストはこの10名!【シブゲーアーカイブ】
https://alienwarezone.jp/post/2214

本田翼さん


出典:Instagram

大のゲーム好きを公言し、『ドラゴンクエスト』『スプラトゥーン2』『モンスターハンター:ワールド』『地球防衛軍 5』など数多くのゲームをプレイされているようです。スマートフォンのオンラインゲームではなく「ゲーム機でできるゲーム」にこだわりがあるという所にも、本物のゲーム好きを感じさせますね。

2018年9月22日(土)YouTubeに自身のチャンネル「ほんだのばいく」を開設し、『Dead by Daylight』のゲーム実況で同時接続16万人という驚異的な数字を叩き出したことで話題に。本稿執筆時点で、チャンネル登録者数はすでに110万人を超えています。

本田翼さんのプレイはスリルあり、ドジあり、笑いあり!初めてのゲーム実況とはとても思えないほど見ている側を楽しませてくれます。第1回目のダイジェスト版がアップされているので、ぜひご視聴ください。

 

渡辺直美さん

出典:Twitter

ファッション関連から女優業と幅広いジャンルで活躍されている、マルチお笑いタレント。Instagramフォロワー数は840万人で堂々の国内1位。圧倒的なカリスマ性でファンを魅了しています。

その渡辺直美さんが、『PLAYERUNKNOWN‘S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)のMOBILE版をプレイしているとテレビで公言されました。『PUBG』はeスポーツに該当するゲームタイトルでもあり、10代~20代の若年層に人気の『荒野行動』と並んで、男女問わず注目が集まっています。

またサバイバルクラフトゲーム『One Hour One Life』を始めたとのつぶやきからも、渡辺直美さんがゲーム好きだと知って喜ぶ人たちの姿がうかがえます。ゲームで先に進めなくて困っている様子にアドバイスをする人の姿も……。

 

有吉弘行さん

出典:Twitter

最近では『レッド・デット・リデンプション Ⅱ』『Marvel’s Spider-Man』『Detroit: Become Human』をプレイされていたり、ジャンルを問わず様々なゲーム機で数々のゲームをプレイされているようです。Twitterのツイートからもゲームが大好きということが伝わってきます。

テレビ東京で毎週日曜22:00~放送中の「eスポーツ」をテーマにした新番組「有吉ぃぃeeeee!そうだ!今からお前んチでゲームしない?」は、有吉弘行さん自身「ゲームの仕事がしたい」とラジオで呟いていたことがプロデューサーの耳に留まり、今回のレギュラー番組のオファーに繋がったようです。

同番組では今後もeスポーツタイトルのゲームを中心に番組が展開されると予想されますので、有吉弘行さんのファンはもちろん、ゲーム好きには必見ですね。YouTubeチャンネル「テレビ東京公式 TV TOKYO」では、地上波テレビで未放送のオリジナル配信がアップされていますので、ぜひご覧ください。



大坂なおみさん

出典:Twitter

2018年世界4大大会の全米オープンで、日本選手として初めて優勝を果たした、女子プロテニスプレーヤー。優勝後の会見で「今晩のお祝いは何?」と記者からの質問に対して「寝ること! たぶん、ビデオゲームかな。」と答えました。

eスポーツタイトルとしても世界的に人気が高いアクションシューティングゲーム『オーバーウォッチ』の大ファン。今年7月には米国で行われたプロリーグ最終戦を現地観戦しに行くほど。また遠征にPlayStation 4を持参したりと、かなりのゲーム好きであることが見受けられます。



勝地涼さん

出典:instagram

普段から自宅でオンラインゲームをしたり、ゲームは生活の一部と語られています。よく遊ぶジャンルはFPSで、特に『コール オブ デューティ』シリーズに関しては自腹でソフトやヘッドセットなどを購入し、周りの人に「プレイして欲しい」と配り歩くほどの大ファン。
2018年10月12日(金)に発売された『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』のCMに出演しており、ゲーム仲間とは「いつか大会に出てみたいよね」とよく話しているとのこと。eスポーツの世界でお見かけする…なんていう日が、実際に訪れるかもしれませんね。


本郷奏多さん

出典:YouTube

自宅ではゲームをしながらベッドの上で10時間以上を過ごしたり、手が汚れないように割り箸を使用してポテトチップスを食べる、といった私生活がテレビで放送され、ガチゲーマーっぷりが衝撃を呼びました。

『ロックマン』『ドラゴンクエストX』『KINGDOM HEARTS』シリーズなど、数々のタイトルの中から『ポケットモンスター』を一番長い間好きな作品、と挙げています。
2019年1月25日(金)PlayStation 4で発売予定の『KINGDOM HEARTS III(キングダム ハーツIII)』では声優として参加、東京ゲームショウ2018では「PlayStation presents LIVE SHOW」ステージイベントに出演されています。



歌広場淳さん(ゴールデンボンバー)

出典:Instagram

歌広場淳さんというとゴールデンボンバーでの活動が印象的ではありますが、幼少期からプレイしていた格闘ゲームのおもしろさにハマり、中でも『ストリートファイター』をこよなく愛し、嗜んでおられます。

AbemaTV ウルトラゲームスチャンネル「勝ったら100万円!ストⅡ賞金首」の特別企画にて、プロゲーマーたちを相手に『ストリートファイター II』の対戦が行われ、日々の練習で鍛え続けている腕前を披露されました。
プロゲーマーとの交流も深いようで、CYCLOPS athlete gaming所属のどぐら選手やGO1選手とは男性同士で旅行へ行くほどの仲良し。プロ格闘ゲーマーになることを目標としながらeスポーツに関わるお仕事に力を注ぐ姿からは、eスポーツプレイヤーとしての今後の活躍も大いに期待できます。


清水翔太さん

出典:Twitter

PlayStation 3のソフト『SOCOM』というミリタリーゲームで、チームを組んでやり込み世界1位レベルに。現在は『コール オブ デューティ』一筋で、毎日のようにプレイしていると公言されています。

また名作RPG『CHRONO TRIGGER クロノ・トリガー』のフィールド曲「風の憧憬(かぜのしょうけい)」をサンプリングし、2009年に「風のように」という曲をリリースしています。

ゲームをする時は自分が一番プレイしやすいように、部屋の環境や自身の態勢を整える習慣があり、ゲームに対して相当な熱量を感じますね。『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』のCMに出演してもいます。

GACKTさん


2014年より、ネスレの企画で「GACKTなゲーム!?ガメ先手ル!」がYouTubeで開始、そのゲーム実況がファン以外の人たちにも非常に人気でした。『スプラトゥーン』の対戦で負けてしまった時は、涙を流し悔しがる瞬間も。

怖いものが苦手で過去にホラーゲーム『青鬼』や『BIOHAZARD 4』に挑戦した時は、実況プレイ中のリアクションが面白いと、意外な一面を見て心を掴まれる人が続出したようです。

現在は『PUBG』をプレイされていることを、自らのコスプレと共にInstagramにアップされています。

米津玄師さん

出典:Twitter

主にRPGやFPS好き。ニコニコ動画などで活動しているゲーム実況グループ「ナポリの男たち」のゲーム実況に夢中で、メンバーの中では特に「ジャック・オ・蘭たん」さんのファンなのだそうです。

『ペルソナシリーズ』『大乱闘スマッシュブラザーズ』など、ハマっているものとしてゲームの話が出る機会が多く、過去にPlayStation 2で発売された『ワンダと巨像』がPlayStation 4でリメイクされ発売となった時は、作品への思いを深く語られています。
また、2018年10月31日(水)発売のシングル「Flamingo/TEENAGE RIOT」のカップリング曲「ごめんね」は『UNDERTALE』というゲームに影響されて作ったことが明らかになりました。物語のあるゲームは、曲を作るインスピレーションにもなっているのかもしれません。

岡崎体育さん

出典:Twitter

Twitterではゲームに関するツイートが多め。小学生の頃のものとして「自分を作り上げたゲーム4選」に『ポケットモンスター 緑』『46億年物語 はるかなるエデンへ』『闘神伝3』『モンスターファーム2』を挙げています。

音楽活動の傍らYouTubeのチャンネル「岡崎体育【個人公式】」ではゲーム実況をされていたり、今春はニコニコ生放送の「ナポリの男たちの夜会」にゲストとして出演。同じ「ナポリの男たち」ファンである、米津玄師さんとも繋がりがある模様です。

 

テレビアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』でエンディング・テーマを担当。2018年10月7日(日)からは新たにオープニング・テーマを手がけておられます。岡崎体育さん自身「ポケモンファン」とあってまさに夢が叶ったかたちですね。

キミの冒険|岡崎体育(YouTube Music Premium会員限定)
https://www.youtube.com/watch?v=NjhlcFGlusk  

※ ※ ※

自身がゲーマーである事を、メディアを通して発信する方が増えることで関心が集まり、「初めは興味がなかったけどゲームが好きになった!」という人たちも増えていく効果、これはまさにプラスの連鎖ではないでしょうか。

ただ、ゲームの操作方法が分からなかったり、一見すると威圧感のあるタイトルも少なくないので、楽しみかたを知りたいですよね。

見ているだけで楽しい観戦派か、自分も参加したいプレイヤー派か、果たしてあなたはどちらのタイプでしょうか?

KEYWORD

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング