ALIENWARE ZONE

CULTURE PCゲームカルチャーに関する情報満載!

手の小さい女性に向けて、手の小さいプロゲーマーはつめのアケコンカスタマイズ【シブゲーアーカイブ】

※本記事は「SHIBUYA GAME」で掲載された記事のアーカイブです。当時の内容を最大限尊重しておりますが、ALIENWARE ZONEへの表記の統一や、一部の情報を更新している部分もございます。なにとぞご了承ください。(公開日:2018年6月29日/執筆者:はつめ)

みなさん、こんにちは。COMP所属プロゲーマーはつめ(@hatsumememe)です。 先日、TwitterでこんなDMが来ました。

「私は女性で手が小さくて、アケコンが手に馴染まずうまく操作することができません」

このDMを見た時の私は

「めっちゃわかるーーーーー!!!!!!!」

と、とても共感しました。私も手が小さくて、たくさん悩んでいろいろとカスタムしました。 そしてそのせいでアケコンカスタムに結構ハマりました……。

今回は、もしかしたら同じ悩みを抱えてる人がいるのかな、と思い記事にしてみました。 参考になればと思います。


まずはじめに。

自分のアケコンは、自分好みに、自分の扱いやすいようにカスタマイズするのが一番です。 しかし、大会などによっては大会側の用意したアケコンを使わなければならない場合や、試合前に突然自分のアケコンが動かなくなってしまった場合など、自分のアケコンを使えなくなってしまう状況になるかもしれません。

そのとき、アケコンをカスタマイズしまくってると、貸し出されたアケコンで十分な力を発揮できません。

そして、アケコンのカスタマイズは自己責任です。

そしてやはり、その人その人によって使いやすい、使いづらいはあるのでいろいろと試行錯誤してみてください。

それだけ心にとめておいてね!

レバーボールが大きくて掴みづらい!



これが、私が初めてアケコンをカスタムしようとしたきっかけです。

ちょっと専門的な話になりますが、レバーボールが大きいとしっかりレバーを握ることができなくて、技を入力する際や入力した後にボールから手が離れてしまうことがありました。

私が考えたカスタムは、レバーボールを変えること。 レバーボールには形やサイズがいくつかあり、違うレバーボールを装填することで、この問題は解決するのかなと思いました(一番いいのは、通常のレバーボールで慣れることなんですけどね)。

(1)30φのレバーボールを使ってみる

通常のレバーボールのサイズは35φ、それより一回り小さいサイズのレバーボールが30φとなっています。 こちらはアケコンのパーツを販売している「セイミツ工業」さんの製品です。

LB-30(セイミツ工業)
http://www.seimitsu.co.jp/

(2)「ナスレバー」を使ってみる

みなさん、「ナスレバー」ってご存じですか? 韓国などでは主流のナスのような縦に長いレバーボールです。

ナスレバーの例:IST 韓国レバー Alpha アルファレバー 49S (テンション30) (ケーブル付き)(ATTASSA SHOP)
https://attasa.shop/shopdetail/000000000346/arcadecontroller_parts/page1/recommend/

ナスレバーはボールのレバーに近いほうが細く、手が小さい人、指の細い人には扱いやすいと思います。

実際に私も一時期ナスレバーを使っていました。個人的にはキャミィの「空中キャノンストライク」が出しやすかったです(斜め上入力からストライクの入力をするときに手が離れがちだったのですが、ナスレバーは細くて掴みやすいので入力がしやすかったのだと思います)。

シャフトが太くてレバーを上手に操作できない

(左)シャフトカバーあり、(右)シャフトカバーなし

手が小さく指も細いひとは、もしかしたら「レバーのシャフトが太くてちゃんと回せない」とか思ったことがあるかもしれません。

レバーの持ち方を変えれば解決するのですが、持ち方を変えて慣らす時間が大変なのでそんな時はこれを試してみてください。

(1)レバーのシャフトカバーを外す

レバーのシャフトには「シャフトカバー」というプラスチックの部品がついています。 結構な厚みがあり、それを外すことによりシャフトがだいぶ細くなります。

(2)特殊なレバーを装填してみる

これは私が今使っているアケコンのカスタマイズなのですが、私は大会やお仕事でアケコンを持ち運ぶことが多いので、レバー部分を取り外すことができる特殊なレバーを装填しています。

このレバーはシャフト部分が特殊な形状となっており、通常のレバーより細く、短いのが特徴です。

取り外しの機能は嬉しいけど細くて短いから無理だ……という方もいるかと思います。

これは、輸入製品になってしまうので少し高い(なおかつ届くのめっちゃ遅い)のですが、「EVO」や海外大会の物販のような場所でも購入することができます。

もし知り合いに、海外大会に参加する人がいたらお使いを頼んでもよさそうです。

※ ※ ※

ということで、手の小さい私がなるべく自分の手に合わせるために試行錯誤したカスタムはこんな感じです。

ほかにもこういうカスタムやりやすかったよ!って方がいたら教えてください。私も試したいです!!

そのほかにも、アケコンカスタムは様々な種類があり、今回ご紹介しませんでしたが、ボタンの付け替えや天板アレンジなど、完全にオリジナルのアケコンを作ることができます。 たぶん、プラモデルとかを作るのが好きな方はめちゃくちゃ好きだと思います。

これからもいろいろなカスタムを紹介していきたいと思います!


はつめ選手のTwitter
https://twitter.com/hatsumememe
はつめ選手のYouTube
https://www.youtube.com/channel/UCq1FEiGmyh-52yYGeOMTVLA

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング