ALIENWARE ZONE

CULTURE PCゲームカルチャーに関する情報満載!

「強さ」とは(後編)ネモ、ありがとう。スト5ゲーマー・マゴのゲーム人間論 第3回

こんにちは、マゴです。 

皆様、お待たせ致しました。
前回に引き続き、「強さ」についての私なりの考えを書いていこうと思います。

その前に、流石に触れておいた方がいいだろうと思うので触れておきます。

ネモさん、あんたの記事……(【プロゲーマー・ネモのストVレビュー】TOPANGAリーグ第6期決勝戦を振り返る(第4回)

俺のトコだけ……長すぎちゃうか!?

他の対戦相手の人に対しては、全体的な流れや勝負の決め手だった部分だけを記事にしているのに、俺のトコではこと細かな手癖や対策、状況説明。
それだけならまだしも、実戦では見せることがなかった対策や、俺の人間性についてまで書いていたのには笑いました。確かに自分は「強がり」なのかもしれません。その部分があるのは、悔しいけれど否定はできません。だけど、覚えておいて下さい。

ネモさん、あなたも俺に負けず劣らず「強がり」ですよ(笑)。

TOPANGA LEAGUE SEASON6」の一幕。強がりが2人、並んでいますね……。

さて、話が少し逸れてしまったので本題に戻りましょう。一人称も「私」に戻します(笑)。

格闘ゲーム、ひいては対人戦ゲーム全般に言えることなのかもしれませんが、対戦相手に勝ちたいと思うのであれば、人は何かしらの「強さ」を身に付けなければいけません。
しかし、「強さ」といっても様々なモノがありまして、パッと思いつくだけでも、技術力、反応、ゲームメイク、読み、勝負強さ、運、これだけあります。もちろん、私が知らないだけで他の要素だってあるでしょう。それらの要素のどこに重点を置くかで、そのプレイヤーそれぞれの個性がうまれ、それによってその人の「強さ」の質も変わってきます。

私、マゴにとっての「強さ」とは何か?

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング