ALIENWARE ZONE

facebooktwitter
ALIENWARE SHOP

GAMEPCゲームで勝ち抜くための情報満載!

【ニコラスのPSO2バトルアリーナ攻略指南】第1回「バレットボウ」の特徴と効果的に使いこなすための立ち回りとは?

『PSO2(ファンタシースターオンライン 2)』の対人戦コンテンツ、バトルアリーナの攻略の第1回目は、2017年4月19日のアップデートによって追加された武器「バレットボウ」について所感と使い方を解説していこうと思います。

「バレットボウ」の主軸はフォトンアーツではない

バレットボウの通常攻撃は比較的遠距離まで届くのが特徴です。また、単体を対象とした攻撃となっていて、与えるダメージもなかなかの数値を望めます。

通常攻撃はこのあたりまで届くということをイメージして戦いたい

ロッドなど、法撃系武器を携える相手に対して通常攻撃を放てば、おおよそ4発程度攻撃が当たった時点でダウンが奪えます。さらに、ステップなどの回避行動へすぐに移れるため、非常に小回りがきく武器と言えるでしょう。通常攻撃をチャージすることにより、中距離の射程に対して高威力のアロウを3方向に放つことも可能です。

チャージによって攻撃の性質に変化がうまれる点も要チェック

現状、ソードを持つことでもっともHPが多くなるわけですが、そんなタフな相手には至近距離でのチャージ攻撃が有効です。放たれたアロウ3発分が相手にフルヒットした大ダメージは軽視できないものとなります。バレットボウにセットされるフォトンアーツ(以下:PA)は「ラストネメシス」のみとなっています。なお、このPAは非常に多いPP消費量、大きな硬直時間、超長距離射程、超高威力と、とにかくクセがあってまさに《ロマン砲》という言葉がピッタリな特徴があります。その個性はとても強く、使いこなせてきたとしても、一撃必殺で運に左右されやすいPAを主軸として戦ってしまうと、自らのPPを大量に消耗してしまうばかりでなく、味方への負担も増えてエンブレムの獲得ポイントにさえ影響を与えることになってしまいます。なお、通常のランクマッチルールの6対6の場合に限り、リスポーン地点でバレットボウを手に入れた時は、ラストネメシスの射程圏内に対戦相手がいたら、とりあえずその場からPAを1発だけ放ってみるのもアリでしょう。

また、至近距離での戦闘や待ち伏せ等でPAを撃つ場合はロックオンをして使うのがベターだと思います。なお、近距離戦闘向きなラストネメシスですが、射程ギリギリの遠距離戦の状況でも、その弾速を活かすことで対戦相手を撃ち抜くことは可能です。そのような状況で使う場合は、PAが着弾するまでのタイムラグを見越して射抜くテクニックがモノを言います。この戦法はハイリスク・ハイリターンの極みといえますね。

上記より、バレットボウを使った立ち回りは、通常攻撃を主軸において戦いを展開するのが賢明だと思います。僕自身バレットボウはかなりお気に入りで、使い慣れた昨今ではソードを使っていたときよりも相手のダウンを取れるほどです。対戦中の近~中距離戦はチャージ攻撃が猛威を振るい、ダメージの与えやすさと、それによる相手をダウンさせやすい性能によってどんどんアドバンテージを稼いでいけます。このチャージ攻撃はスキルの"プロテクション"を組み合わせて使うことでさらに真価を発揮し、突進してくる対戦相手に対して「足止め+有効な与ダメージ」を稼ぐことが可能です。スキルの"プロテクション"選択時の立ち回りも、ほぼソードの時と変わらないのでスキル選びに迷った際の参考にしてください。

バレットボウの通常攻撃は、チャージをしなくてもアサルトライフルのそれよりも攻撃時の威力が高いので、「ステップアタック→通常攻撃」と連続させたコンボをくり返すだけで、安定したダメージソースをもたらし、追撃の手段としてとても優秀な点も見逃せません。

「バレットボウ」は近接戦闘向きな武器である

バレットボウは近接戦闘での立ち回りにおいて、常に対戦相手と対峙することが増えて自然と肉薄して戦う状況が多くなります。各種近接武器を装備した対戦相手と渡り合い、討ち倒すことが勝利への条件といえるでしょう。ここでは、具体的にどう立ち回って対峙していくべきか、おもにバレットボウを使っていると個人的に相性が悪いと感じる武器種を絡めてお話させていただきます。

近接戦闘時といえば、やはり「ソード」を持った相手が、バレットボウを使っていると厄介に感じる場面が多くなります。ソードには2種類のPAがセットされる場合がありますが、とくに「ライジングエッジ」がセットされたソードを持った相手は天敵と言えるレベルです。どうしてなのかといいますと、ライジングエッジのほうがバレットボウのチャージ攻撃よりも攻撃のリーチが長く、PAが当たれば即ダウンとなる大ダメージを受けてしまします。一方、バレットボウでのチャージ攻撃は射程がギリギリとなり、攻撃を当てても相手のHPがかなり減っていない限りダウンは望めません。

ソードを握った対戦相手との一騎打ちはリスクが高め

このことから、ソードを持っている相手とは正面からの撃ち合いは避け、物陰からの奇襲や対戦相手のPPがなくなって反撃されにくいタイミングとなったのを見計らって切り込んでいくのがいいでしょう。もしも正面からの撃ち合いが避けられない状況になった場合は、通常攻撃を撃ちながら下がったり、大人しく仕切り直して自陣に下がったほうが無難でしょう。しかし、セットされているPAがもう一方の「ノヴァストライク」の場合は、PAの攻撃判定が空中の上方まで伸びていないため、ジャンプ等を駆使することで対戦相手の攻撃をかわしながら、一方的に攻撃することも可能です。

戦いながら相手の使っているPAを見極めることも重要なポイント

武器種ごとのしっかりとした対策が勝利への近道

ここからは、比較的対戦相手が使っていることが多い武器種に対しての対策を解説していきます。
  • 「ソード」を持った相手と対峙した場合
立ち回りが近接戦闘が主軸ということでカチ合うことが多いソードですが、バレットボウは通常攻撃が強力なため、これを主軸に立ち回れば勝機を見いだせます。1つ1つの動きにメリハリがあり、並行処理が必要なシーンがあってもソードより容易なのが強みとなります。
例えばソードを装備している際、「ライジングエッジ」の攻撃を外してしまうと、それだけで消費したPPの回復を待つ時間が生まれてしまいます。基本的にはこの時間は回避に専念するしかなくなるため、実質的に攻撃を封じられているのと同じ状況です。バレットボウにはそのリスクがありません。ソードを持った対戦相手に臆することなく、常に次の攻撃へと転じていきましょう。
  • 「アサルトライフル」を持った相手と対峙した場合
こちらがチャージ攻撃を主軸とする必要があるのに対し、アサルトライフルのPA、「ピアッシングシェル」は即時発射出来る厄介な相手です。待ち伏せの条件下では引けを取りませんが、正面で撃ち合うとなるとピアッシングシェルのほうがやや優勢と言えるでしょう。また、もう一方のPAである「ワンポイント」は全弾受けてしまうとダメージも大きいですが、どちらも回避重視で立ち回ることを心がけるとクリーンヒットされる危険性を下げられます。また、通常攻撃で比較すると3発1セットを受けたダメージよりもバレットボウ1発の与ダメージの方が威力が高いです。以上を踏まえ、攻撃時は対戦相手も障害物から身を乗り出さなければならないリスク等も考慮すると、こちらが優位となるシーンが多いといえるでしょう。

最後にバレットボウを端的に言い表すとすれば、「戦術に厚みを持たせる事ができる武器」であるということ。通常攻撃の性質が2種類あるので、PAに縛られがちなほかの武器種と比較しても、立ち回りに幅が生まれて「対戦相手を翻弄できるチャンスも増えるのが強みの武器」、といったところでしょうか。駆け足での解説となってしまいましたが、以上が僕のバトルアリーナにおけるバレットボウの所感です。
次回は「ジェットブーツ」について解説する予定ですので楽しみにお待ち下さい!

【フォトンアーツとその効果】
●バレットボウ
ラストネメシス:精神を集中し、全てを貫く力を矢に託して放つ、究極の一射。
●ソード
ライジングエッジ:目標を打ち上げての空中コンボへの連携が可能。
ノヴァストライク:勢いよく回転しながら吹き飛ばし攻撃を行う。
●アサルトライフル
ピアッシングシェル:貫通性能のある弾丸を装填、発射する。集束された一撃の威力は高い。
ワンポイント:一点に射撃を集中させる。シンプルな分、純粋火力は高い。
【スキルとその効果】
プロテクション:一定時間、状態異常耐性と被ダメージ軽減効果を得る。

(C)SEGA

■エリック・ニコラスのプロフィール

1989年6月12日生まれ 2009年4月デビュー。オンラインゲーム歴は10年以上にわたり、「ファンタシースター感謝祭2016アークスグランプリ」東京大会優勝などの実績も兼ね備える。

■【ゲーマータレント・ニコラスのバトルアリーナ攻略指南】
第2回 「ジェットブーツ」の特徴を身に染み込ませて対戦に挑む
第3回 火山フィールドの基本的な戦術をおさらい
第4回 周囲の戦況と味方の情報を把握して東京フィールドを優位に立ち回る
第5回 シンプルながら奥深い森林フィールドでバトルアリーナの基本的な仕組みを体感
第6回 バトルアリーナに新たな風が吹く!? 拡張要素に触れて感じた新たな主役武器はコレだ!
■【特別企画生放送】
<エリック・ニコラス×ALIENWARE ZONE> ゲーマータレント・ニコラスが『PSO2』バトルアリーナ新規追加要素を生放送!
『PSO2』新エピソード配信記念特別企画 ゲーマータレント・ニコラスが実装されたエピソード5追加要素を12時間生放送で遊び倒す!
夏休み特別企画『PSO2(ファンタシースターオンライン 2)』新コンテンツ配信記念 ゲーマータレント・ニコラスが新規実装される攻防戦コンテンツを12時間生放送で戦い抜く!
『PSO2』コンテンツ拡張記念 ゲーマータレント・ニコラスが新戦闘フィールド「荒野」で6時間大暴れ!

■関連リンク
セガゲームス
http://sega-games.co.jp/
『ファンタシースターオンライン 2』
http://pso2.jp/
エリック・ニコラス氏のTwitter
https://twitter.com/luna_e_nicolas?lang=ja
エリック・ニコラス氏のYoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCd9bYxSyl6O-PhdoN8EaKcQ