ALIENWARE ZONE

NEWS 厳選する最新ニュースをいち早くチェック!

【速報】『リーグ・オブ・レジェンド』10周年イベントで新作ゲーム一挙発表! カードゲーム、格闘ゲームにMMO RPGも……!?

目次
  1. 『LoL』キャラで戦うカードゲーム『Legends of RUNETERRA』
  2. まったく新しいFPS『Project A』
  3. 『LoL』のモバイル&コンシューマー版『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』が登場!
  4. 『TFT』モバイル版はPCとのクロスプレイが可能!
  5. 格闘ゲーム、MMO RPGも開発中!
  6. 『LoL』のアニメーションが2020年に登場!!
ライアットゲームズは、10月16日に東京・池袋サンシャインシティ展示ホールDで開催された「リーグ・オブ・レジェンド 10周年記念感謝祭」での特別放送「Riot Pls」において、『LoL』をベースにしたカードゲーム、格闘ゲーム、モバイル版などを発表した。

ここでは発表の一部を、第一報としてかいつまんでご紹介しよう。詳細は「Riot Pls」をぜひご覧になってほしい。

https://www.twitch.tv/riotgamesjp

『LoL』キャラで戦うカードゲーム『Legends of RUNETERRA』

『Legends of RUNETERRA 』は、『LoL』の世界観とキャラクターを採用した新作カードゲーム。


カードは『LoL』のチャンピオンで、カードは毎週手に入るほか、レベルアップすることで得られるシャードや課金によって取得することも可能だという。

今日から事前登録が開始される。

まったく新しいFPS『Project A』

『Project A』は『LoL』とは全く異なる世界観とキャラクターの新しいFPSタイトル。
開発中の画面を見ると、一般的なシューターとして銃などを打つ姿の他に、スキルのようなものを使用している様子が見られる。


また、いわゆるチート対策についてかなり考慮している様子で、サーバーのラグやボット対策にも力を入れると語られた。



『LoL』のモバイル&コンシューマー版『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』が登場!

『LoL』に関しては、ついにモバイル版、そしてコンシューマー版のリリースが発表された。

『LoL』のモバイル版およびコンシューマー版は『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』という名称。コントローラーやモバイルならではの操作系などが採用されており、見た目やシステムは似ているが、まったく新しく作られたゲーム。

とはいえ、PC版と同様の戦略性やハンドスキルが求められる点は変わらず、スキルやアイテムといった要素は同様に盛り込まれている。1試合は、PC版よりも短い15分〜20分程度。なお、具体的なコンシューマー機については映像では明らかにされていない。

2019年末から、一部地域でアルファ/ベータテストを実施する。


『TFT』モバイル版はPCとのクロスプレイが可能!

『TFT』のモバイル版は、PC版とのクロスプレイが可能となる。シーズン制が導入され、3週間後にライブサーバーに導入される。新チャンピオンも追加されるほか、リトルレジェンドやアイテム類も追加される予定だ。

リリースは2020年初頭の予定で、12月よりベータテストが開始。ベータをプレイした人には報酬もあるという。



格闘ゲーム、MMO RPGも開発中!

さらに、詳細は明らかにされなかったが、格闘ゲーム、MMO RPGを開発していることも発表され、画面の一部が公開された。


格闘ゲームはいわゆる2Dタイプの1vs1のゲームで、動画ではガレンのコンボやジンクスのシューターなどが登場している。

さらに、MMO RPGのようにフィールドを冒険するタイプのゲームの画面も登場。『LoL』の世界観の中を冒険できるようだ。

『LoL』のアニメーションが2020年に登場!!

最後に発表されたのは、『LoL』のアニメーション「ARCANE」。2020年よりシリーズ展開されることが発表された。




WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング