ALIENWARE ZONE

CULTURE PCゲームカルチャーに関する情報満載!

【TGS2019】CYCLOPS athlete gamingステージ 初めてのeスポーツ 〜ゲームを観戦するという エンターテイメント~ イベントレポート

東京ゲームショウ2019の2日目となる9月13日、ALIENWAREブースではプロゲーミングチーム「CYCLOPS athlete gaming」が登壇、それぞれのゲームやeスポーツシーンの魅力を伝えるステージを行った。本稿ではその賑やかな様子をリポートしよう。

『鉄拳7』ステージは3名のプロゲーマーが登壇!

まず最初に開催されたのは、3D対戦格闘ゲーム『鉄拳 7』のステージだ。高い実績を誇る女性ゲーマーのたぬかな選手、『ストリートファイターⅤ』でもプロとして活動しているマルチゲーマーのどぐら選手、そしてスペシャルゲストとしてTeam YAMASA所属のノビ選手の3人が登壇し、会場の注目を浴びていた。

▲左からたぬかな選手、どぐら選手、スペシャルゲストのノビ選手

この日のイベントは初めてeスポーツを観戦する人向けということもあって、選手たちに実際にプレイしてもらいながら、観るべきポイントの解説が行われた。


eスポーツ未体験の方向けのイベントということで、最初に上の左右のゲージが体力で相手の体力を全部奪うとラウンド勝利といった、基本的な説明からスタート。そこから徐々に通常技やコンボ、レイジアーツなど、高度な技術が披露されて行った。

解説終了後には、登壇したプロゲーマーたちによる一本先取の総当たりエキシビジョンマッチへ。第一試合には当初たぬかな選手とどぐら選手の組み合わせとなる予定だったが、ノビ選手とどぐら選手が試合を始めてしまい、急遽組み合わせ変更となるハプニングもあるなど、プロゲーマーの闘志が前面に出たイベントとなった。

ノビ選手はドラグノフ、どぐら選手はデビル仁を選択して試合はスタート。序盤はどぐら選手が積極的に攻めに出て第1、第2ラウンドを連取して王手をかけたが、ノビ選手も果敢に反撃。なんと3、4、5ラウンドを奪い、劇的な逆転勝利を挙げた。

続く第二試合はたぬかな選手とどぐら選手が対戦。たぬかな選手は9月10日に新規実装されたばかりのザフィーナ、どぐら選手はブライアンを選択し対戦し、3-0でたぬかな選手が勝利した。このときたぬかな選手は様々なタイトルで活躍しているどぐら選手は新キャラに対応する時間が無いと読んでザフィーナを選択しており、見事な作戦勝ちとなった。

最終第三試合はたぬかな選手が得意のシャオユウ、ノビ選手は第一戦に続いてドラグノフを選択し戦いに臨んだ。この試合は互いの動きを読みながらのスピーディーな攻防が展開されたが、2-2で迎えた第5ラウンドにたぬかな選手が見事なカウンターを決めて勝利し、エキシビジョンマッチ優勝を果たした。

▲対戦中のノビ選手(手前)とたぬかな選手(奥)

優勝したたぬかな選手は「あたしは大会でノビさんに結構負けてるんですけど、今日は珍しく勝ててすごく嬉しいです!」と笑顔を浮かべていた。

『ストリートファイターⅤ』ステージの特別ゲストはネモ選手!

▲左からどぐら選手、GO1選手、ネモ選手。どぐら選手は『鉄拳7』からの続投となった。

続いて開催されたのは、2D対戦格闘ゲーム『ストリートファイターⅤ アーケードエディション』(以下『ストV AE』)のステージ。『鉄拳7』ステージに引き続いての登場となったどぐら選手と『DRAGON BALL FighterZ』では世界最強との呼び声も高いGO1選手、そして会社員とプロゲーマーの兼業ゲーマーとして活躍しているネモ選手3名が登壇した。

東京ゲームショウでは『ストV AE』のアジアプレミア大会が開かれるということもあり、各選手の大会への想いが語られた。

どぐら選手は「『鉄拳7』の大会にも参加していますが、基本的には『ストV AE』のトーナメントに参加するために海外に行って、毎回頑張っています」と、あくまで『ストV AE』が自身のメインタイトルであることを強調。

GO1選手は「自分はこのゲームでプロになりました。大会で好成績を残すと嬉しいですし誇らしいですね」と、本作への想いは未だ強いことを語る。

タイトルを『ストV AE』に絞ってプロゲーマーとして活動しているネモ選手は、「複数やる時間が無いというのもあるんですけど、『ストリートファイター』シリーズは格闘ゲームの代表作品なので、一番になりたいと強く思っています」と意気込みを見せた。


このステージでも、まずは本作の基本的な説明が行われた。


デモプレイではGO1選手が左のメナト、ネモ選手が右のユリアンを担当し、どぐら選手が解説を務めた。ここではどぐら選手の解説に合わせてGO1選手とネモ選手が巧みなプレイを披露。コンボやクリティカルアーツ、投げと投げ抜けなど対戦の見どころとなる様々な要素を実演し、観客たちを楽しませていた。


エキシビジョンマッチも開催され、第一試合ではどぐら選手のベガとGO1選手の春麗が激突。2-0でGO1選手が勝利し次の試合へと駒を進めた。

第二試合はネモ選手がユリアン、どぐら選手は再びベガを選択し互いに譲らぬ接戦となったが、最後はネモ選手がどぐら選手の暴れを読みきって競り勝ち、決勝はネモ選手とGO1選手の争いとなった。


決勝戦である第3試合ではネモ選手は引き続きユリアン、GO1選手も春麗を選択した。

第1ラウンドは地上での激しい攻防となったが、ネモ選手が端に追いこんでからのエイジスリフレクター連発からの投げを決めてまず1本を先取する。続く第2ラウンドは巧みな飛び込みを決めてからの攻防を制したGO1選手が取り返し、これで1-1。最終第3ラウンドは地上での激しい打撃戦となったが、GO1選手がタイミングの良い飛び込みからクリティカルアーツに繋げて一気に勝負を決め、エキシビジョンマッチ優勝を勝ち取った。

勝利したGO1選手は「(ネモ選手は)普段だったらなかなか勝てない相手なので嬉しいんですが、カプコンプロツアーに出たときも倒せるようにしっかり倒せるように頑張って行きたいと思います」と、今後への意気込みを語った。

『レインボーシックス シージ』は監督&チームメンバー6名で登場

▲左からShokei選手、あにつん選手、BlackRay選手、gatorada選手、SuzuC選手、Mocho選手、監督・コーチを務めるXQQ氏

イベントの最後を飾ったのが、『レインボーシックス シージ』(以下『R6S』)で活躍するメンバーたちだ。本作は国内で150万本以上売れた人気FPSなのはご存じのとおり、プロによるリーグ戦も多くのファンを魅了している。

その中でもCYCLOPS athlete gamingのチームは、今年の8月に世界大会である“Six Major Raleigh”に出場した強豪だ。この日はCYCLOPS athlete gamingがオフラインでのプレイシーンを見ることができるということもあり、多くの観客がブースの前で足を止めて見入っていた。


『R6S』は軍の対テロ特殊部隊から集められた精鋭という設定のキャラクターたちが、様々なシチュエーションで任務を遂行しつつ敵を殲滅するのが大まかな流れとなる。チームワークが極めて重要な競技であり、この日も鍛え上げた連携や巧みな移動を度々見せつけ、歓声を誘っていた。


全イベント終了後には、この日登壇した全選手・監督たちが壇上に勢ぞろいし、長時間に渡ったイベントを盛大に締めくくった。

東京ゲームショウ2019へやってくる来場者はまだeスポーツを観戦したことがない方も多く、観たことある場合でもジャンルや好みが異なるタイトルは追いきれないのがほとんどだ。この日のイベントのように、異なるジャンルのタイトルをまとめて紹介するというのは珍しく、eスポーツにはいろんなタイトルがあるというのを知ってもらうためにも意義のあるイベントだったのではないだろうか。これを機会に、いろんなタイトルのeスポーツシーンを観てみようと思う方が一人でも増えてくれれば幸いだ。

■本イベントの配信映像「CYCLOPS athlete gaming presents. 初めてのeスポーツ ~ゲームを観戦するというエンターテイメント~」
https://www.youtube.com/watch?v=dm7aW-tlBf4

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング