ALIENWARE ZONE

CULTURE PCゲームカルチャーに関する情報満載!

ターニングポイントで再起を目指して!EVO2019【ストーム久保の「プロ格闘ゲーマーのゲンバから」第10回】

ALIENWARE ZONEをご覧の皆さま、どうも! TEAM iXA所属 ストーム久保です。

今回のコラムは、2019年8月2~4日にかけてアメリカ・ラスベガスにて開催されたカプコンプロツアー(以下、CPT)の大会「EVO 2019」(以下、EVO)に関してのレポートになります。

まずはこれまでの成績表をご覧ください。


前回のコラムを執筆後、イギリスのCPT大会「VSFighting」に参加してきましたが、今年参加した大会の中で最も早く敗退しました。もしも「VSFighting」をレポートしていたら、たった2行の悲しみにまみれた感想に締めの言葉を付けざるを得ない内容になっていたと思います。それくらい伝えることが少なかった大会でした。

さて、今回のゲンバになっていますEVOは、普段私たちが参加しているCPT大会と少し違うところがあります。

CPT大会はランキング、プレミア、スーパープレミアと3つに分けられていて、ランキング→プレミア→スーパープレミアという流れで、獲得ポイントが高い大会になっています。得られるポイントが一番多いスーパープレミアは全部で3回開催されますが、その最初の大会がEVOです。

未だに5ポイントしか持っていない私にとって、一気にポイントを稼ぐため、3日前にラスベガス入りをして、大会まで現地で練習をしながら過ごしました。

EVOはTEAM iXAのオーナー並びに格闘ゲーム部門の所属選手が全員集まる大会なので、不甲斐ないところを見せるわけにはいきません。余計に気合いが入ります。

緊張とプレッシャーを活かすも殺すも自分次第

EVOは『ストリートファイターV アーケードエディション』だけでも約1900人が参加している超大型大会です。参加人数が多いということは、1回戦から猛者と当たる確率は少ないはずですが、私は運が悪いようで……。初戦は2017年の「Capcom Cup」に出場の経験がある春麗使いのCCL選手でした。

CCL選手に辛くも勝利した後も、グランドマスターランクの選手と連戦の険しい道のりが続きます。

そして4試合目でグランドマスターランクのコーディー使いの選手に負けてしまい、ルーザーズに落ちてしまいました。長いトーナメントの早い段階でルーザーズに落ちましたが、今までとは違ってこの大会において私の心に焦りはありませんでした。

EVO前の“2019年最速敗退”を経験したイギリス大会を終えてから、私はいったい何にプレッシャーを感じていて、克服するにはどうしたらいいのかをずっと考えていました。プレッシャーの根源は、プロゲーマーとして生活をさせていただいているチームやスポンサー様、ファンの皆さんに報いたかったからだと気がつきました。

そして「大会で勝つこと=報いる」とずっと考えていましたが、勝つことだけが方法ではないと私は考えるようになりました。もちろん勝つことは最重要です。ですが、いいプレイをして、プロゲーマーとしての生き様を見せて、普通では味わえない経験を共有していただくのも、1つの報いる方法なのではないかと。

勝手な解釈ですが、勝つだけに囚われなくなったことで何だか調子が良くなった気がします。緊張で体が引き締まる感覚も心地よく、私が感じていたプレッシャーが、さらにプレイに集中させてくれました。

ルーザーズに落ちてから、Mo-Joe選手、日本のネカリーノ選手、去年のEVOで負けた相手のGolden Censen選手に勝利して、加速しながら険しい道を進みます。


全てを賭けた心理戦

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。