ALIENWARE ZONE

CULTURE PCゲームカルチャーに関する情報満載!

策に溺れた久保と憧れのリング! CEO 2019!【ストーム久保の「プロ格闘ゲーマーのゲンバから」第9回】

ALIENWARE ZONEをご覧の皆さま、どうも! TEAM iXA所属 ストーム久保です。

今回のコラムは、2019年6月28~30日にフロリダ・デイトナビーチにて開催されたCPT大会「CEO 2019」(以下CEO)のゲンバレポートになります。

エピソードを語らせていただく前に、まずはコラムの更新タイミングと合わなかったため、載せることができなかった2つの大会の結果を反映させた成績表をご覧ください。


自分で言うとまたツライ言葉ですが、相変わらず勝てていません。海開きの季節になりましたが、私の心は冷え冷えでございます。今回行ってきました整った美しさがあるデイトナビーチとは真逆の、荒れた私の心境を交えながら、ゲンバで経験したことをお伝えしたいと思います!


デイトナビーチ1日目。海で溺れませんでしたが、策に溺れました

CEOの話を始める前に、別の大会で良い経験をした話から始めさせていただきたいと思います。

それは6月に開催された韓国のCPT大会でのことです。

poolを突破することも少なくなっていた私は、韓国大会にて同じpoolに居る強豪プレイヤーの動きを事前に調べてから大会に行くことにしました。『ストリートファイターⅤ アーケードエディション』(以下『スト5AE』)ではオンライン対戦を行うと、オンライン上に自動的に対戦のリプレイがアップロードされる機能があります。そしてそのリプレイは、『スト5AE』を持っている人なら誰でも見ることができるので、上級者のリプレイを見て参考にすることも、大会であたる可能性がある相手がどんな動きをする選手なのかも事前に調べることができます。相手の動きや癖を知っておくのは、格闘ゲームにおいて大きなアドバンテージになります。とくに大会の場においては馬鹿にできません。

ただ、この方法に頼りすぎるのは日頃の練習や培ってきた対策が疎かになる危険性もあります。強さの根本がズレてしまう可能性があります。しかし、勝てていない現状を抜け出したい一心から、やってみることにしました。

少しばかり後ろめたさを感じながらも効果は抜群で、おかげで韓国大会のpoolを抜けることができました。

そこで今回のCEOでも同じように、同じpoolに居る強豪プレイヤーを調べることにしました。今回調べていった対戦相手はJustakid選手。スト5AEキャラクター別LPランキング1位のジュリ使いです。ジュリは大会であまり見かけないうえに、対戦経験も少ないキャラクターです。対策に不安があるキャラクターのランキング1位とは、正直怖い存在でした。

ホテルに到着してからJustakid選手の対戦履歴を確認してみると、ちょうど数日前にアビゲイルと対戦をしているリプレイを発見しました。そのリプレイを何度も見て、そこから得た情報、癖や弱点をまとめて「対Justakid選手メモ」を完成させて、まずは一安心です。

そして大会当日、Justakid選手と対戦する時が訪れます。対戦が始まる前に、準備していた対策メモを取り出し、繰り返し何度も確認します。この時点でアドバンテージを感じていた私は、「勝利80%はあるかもしれない……!」と内心ほくそ笑んでいたでしょう。周りに人が居なくて助かりました。

▲実際に作っていたメモの一部です

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング