ALIENWARE ZONE

NEWS 厳選する最新ニュースをいち早くチェック!

『リーグ・オブ・レジェンド』の世界大会「2019 World Championship」開催概要が発表!

2019年6月20日、ライアットゲームズは『リーグ・オブ・レジェンド』の世界大会「2019 World Championship」の開催概要を発表した。世界から24チームが集結し、サモナーズカップと世界王座の称号をかけて競い合う。開催地はパリ、マドリード、ベルリンで、ヨーロッパ現地時間の2019年10月2日に開幕する。

<以下、メーカー発表文の内容をもとに掲載しています>

リーグ・オブ・レジェンドの世界大会「2019 World Championship」開催概要発表 開催地はパリ、マドリード、ベルリンに決定

※以下の内容は、6月20日にRiot Gamesがグローバル発表したプレスリリースを抄訳したものです。

米国カリフォルニア州ロサンゼルス ― 「2019 World Championship」は、2019年のリーグ・オブ・レジェンドの競技シーンを締めくくる頂上決戦の舞台で、サモナーズカップと世界王座の称号をかけ、世界から24のトップチームが集結します。リーグ・オブ・レジェンドの「World Championship」は2011年以来、世界の様々な地域で開催されてきました。前回の2018年大会は韓国で開催され、世界王座を決定するFinal(決勝)の様子は世界全体で9,960万人のユニークビューアーを集めました。決勝の対戦カードは中国代表のInvictus Gaming対ヨーロッパ代表のFnaticで、最終的にInvictus Gamingが勝利を収めています。2019年大会はグローバルパートナーであるMastercard、Alienware、Secretlabなどからのサポートが予定されています。なお、2020年のWorld Championshipは中国、2021年は北アメリカで開催されることが決定しています。

「2019 World Championship」の詳細はコチラをご覧ください。

現在、「2019 World Championship」に向け、世界各地にある13地域のリーグで800名を超えるプロプレイヤー達が大会出場権を手にするべく熱戦を繰り広げています。本年は地域リーグのブランド名をLeague European Championship(LEC)へと刷新したばかりのヨーロッパがホスト地域を務めます。現在LECでは総勢10チームが毎週熱戦を繰り広げていますが、最終的に同地域からWorld Championshipの出場権を得られるのは3チームとなります。

World Championshipはプレイイン、グループ、ノックアウトの3ステージ制で行われます。優勝チームは世界王者の称号と優勝トロフィーであるサモナーズカップを獲得し、加えて優勝を記念するゲーム内アイテムも世界に向けて展開されます。

ファン注目のWorld Championshipの様子は、全世界の20を超えるテレビ局/配信プラットフォームで合計100時間以上にわたり生放送されます。大会はヨーロッパ現地時間2019年10月2日に開幕し、11月10日に閉幕します。

(C)2019 Riot Games, Inc. All rights reserved.

■関連リンク
『リーグ・オブ・レジェンド』
http://jp.leagueoflegends.com/ja/
ライアットゲームズ
https://www.riotgames.com/

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング