ALIENWARE ZONE

CULTURE PCゲームカルチャーに関する情報満載!

“G”を初実戦投入!! NorCal Regionals 2019のゲンバ 【ストーム久保の「プロ格闘ゲーマーのゲンバから」第7回】

ALIENWARE ZONEをご覧の皆さま、どうも! TEAM iXA所属 ストーム久保です。

今回は2019年3月29日から31日にかけて、アメリカ・カリフォルニア州サンノゼで開催されたCPT大会「NorCal Regionals 2019」(以下、NCR)にて私が経験した出来事を執筆させていただきます。

険しい海外大会に加えて、エントリーミスから始まったデスプールの話や、久保史上初となるサブキャラクターの実戦投入、反省と成長、新しい考えを学んだ今回の海外遠征の経験など、盛りだくさんな内容を皆さまにお届けしたいと思います。

「ストーム久保、デスプールからだってよ」

「NCRのエントリーやっていなかった……」

「登録完了」のマークが見当たらないことに気がついたのは、アメリカへ出発する3日前でした。当然ですが、エントリーをしていないと大会に参加できません。プロ格闘ゲーマーが大会に参加できないということは、もはや会社員が出社しないのと同義です!

慌てて大会主催者にメールを送ります。エントリーの締め切りから2時間ほど経っていましたが、2時間ならばギリギリ滑り込ませてくれるかもしれない。そう祈っているところに、主催者から返事が届きます。

「悪いけど、ルールだからもうエントリーはできないね。でも当日来てくれれば“デスプール”に参加できるよ!」

デスプールとは、大会のエントリーができなかった選手が、大会に参加できる権利を懸けた当日予選のことです。大会当日に現地でのみ受付を開始、集まった未エントリーの選手たちだけでトーナメントを作成します。このトーナメントで優勝、または準優勝をすると本来の大会に参加することができます(デスプールを行わない大会もありますので、エントリーミス、ダメゼッタイ!)。

NCRのデスプールのルールは、優勝者がpool15のウィナーズに、準優勝がpool16のルーザーズに参加となっています。ここはウィナーズで突破して、ほかの参加者と同じ状況になりたいところです。

航空券、宿泊するホテルの予約を無駄にしないためにも、自分がやってしまった失態を取り戻すためにも、まず私の目標は「デスプールの突破」となりました。そして、チームオーナーの板垣さんに連絡して謝りました。TEAM iXA運営の皆様、スポンサー様、ファンの皆様、本当に申し訳ございませんでした。今後二度とエントリーなどの大切な項目のチェックは怠りません。

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。