ALIENWARE ZONE

eSPORTS eスポーツに関する最新情報をチェック!

『ストリートファイターリーグ powered by RAGE グランドファイナル』レポート

2019年2月からOPENREC.tvおよびabemaTVで放送された『ストリートファイターV アーケードエディション』(以下『ストV AE』)のリーグ戦「ストリートファイターリーグ powered by RAGE」。プロゲーマー6人がそれぞれ格闘ゲーム初心者のビギナークラス、若手の強豪プレイヤーのハイクラスのプレイヤーと共に3人のチームを組み、白熱した闘いを繰り広げてきた。詳細はこちらの記事を参照してほしい。

その決勝となるグランドファイナルが、3月21日(木)に秋葉原UDX アキバ・スクエアにて開催されたので、その会場の模様をレポートをお届けしよう。

豪華な会場に多くのファンが集結

全10節のリーグ戦を終え、1位の板橋ザンギエフ選手率いる「ITAZAN OCEAN」、2位のネモ選手率いる「NEMO AURORA」、3位のマゴ選手率いる「MAGO SCARLET」の3チームがグランドファイナルに進出。その闘いをひと目見ようと、多くの格闘ゲームファンが会場に駆けつけた。

▲大会の前説は、今回のリーグにビギナークラスで参加したナガシマパイナポーさん(写真左)が相方のマンゴー北川さん(写真右)とのコンビ「南国バカンス」で担当

▲開幕前、仙台のライブビューイング会場に出演しているプロゲーマー・MOV選手と対戦できるイベントも。会場から参加者を募ると、居合わせたteamWE-R1所属のプロゲーマー・trashbox選手がこっそり参戦

▲プライム1スタジオから発売予定のハイクオリティなフィギュアも展示

▲現在ゲーム中にも広告を出している、ユニクロとのコラボTシャツの実物も見ることができた

▲大会MCはお馴染みの八田亜矢子さん(写真左)、NON STYLEの井上裕介さん(写真中央)が紅白のおめでたい装いで担当。ゴールデンボンバーが誇る格闘ゲーマー・歌広場淳さんも放送席から応援

▲放送席では先述の歌広場さん、解説のハメコ。氏(写真中央)、実況の大和氏(写真右)が試合を盛り上げる

また今回は、通常のリーグ戦とは異なり、
  • 先に勝利ポイントが10点に達したチームが勝利(「エクストリームクラス」3点,「ハイクラス」2点,「ビギナークラス」1点)
  • 「ビギナークラス」>「ハイクラス」>「エクストリームクラス」>「ビギナークラス」~の順で対戦
  • アドバンテージとして、2位のチームは3位のチームに対し勝利ポイントを2ポイント獲得した状態で開始
  • 決勝戦ではアドバンテージなし
という形式で行われた。

準決勝「NEMO AURORA」vs「MAGO SCARLET」

第一試合は、ネモ選手率いる「NEMO AURORA」対マゴ選手率いる「MAGO SCARLET」。リーグ2位の「NEMO AURORA」に2点のアドバンテージがついた状態で試合が始まる。

▲(写真左から)ビギナークラスの奥村選手(ブランカ)、エクストリームクラスのネモ選手(ユリアン/コーリン)、ハイクラスのあんまん選手(ユリアン)からなる「NEMO AURORA」

▲(写真左から)ビギナークラスの国定涼介選手(エド)、エクストリームクラスのマゴ選手(キャミィ)、ハイクラスのさかがみ選手(バイソン)の「MAGO SCARLET」

▲初勝利が待たれる奥村選手がビギナークラス最強の呼声高い国定選手からラウンドを取ると、会場や放送席からも歓声が

▲絶対的リーダー・ネモ選手の闘いを静かに見守るあんまん選手と奥村選手

▲リーグ戦では苦戦したNEMO AURORAを相手に、マゴ選手も気合が入る

▲点取り屋のエース・あんまん選手の活躍にチームメイトも安堵の表情

▲マゴ選手にアドバイスをもらいながら試合に臨むさかがみ選手

▲最後はネモ選手が試合を決め、NEMO AURORAが決勝進出

結果は、アドバンテージを含めて12-2でNEMO AURORAが勝利。ビギナークラスの国定選手が2点を獲得するものの、ハイクラス、エクストリームクラスでNEMO AURORAのユリアン軍団が圧倒し、MAGO SCARLETは敗退となった。

決勝戦「ITAZAN OCEAN」vs「NEMO AURORA」

こうして、優勝賞金300万円を懸けた決勝のカードは「ITAZAN OCEAN」対「NEMO AURORA」に。リーグ戦では最下位スタートながら、尻上がりに調子を上げていき1位通過した「ITAZAN OCEAN」が、準決勝を快勝して勢いに乗る「NEMO AURORA」を迎え撃つ。

▲全員が勝ち越しでリーグ戦を終えた、(写真左から)ビギナークラスの木村圭汰選手(ケン)、エクストリームクラスの板橋ザンギエフ選手(ザンギエフ/アビゲイル)、ハイクラスのもっちゃん選手(ファン)の「ITAZAN OCEAN」

▲お調子者キャラが定着した木村選手だが実力はビギナークラス屈指。カメラにポーズを決めたがり板橋ザンギエフ選手に「そういうのはいい」と止められる場面も……

▲メモを確認しつつ、チームメイトと戦術を練るもっちゃん選手

▲第一試合で惜しくも敗れてしまい、祈るようにネモ選手に託すあんまん選手

▲部下とのコミュニケーションも怠らないホワイト企業・ITAZAN OCEAN

▲準決勝での闘いで大きな成長を見せた奥村選手に初勝利の期待がかかる

▲チームの活躍で7-0の大差がついたこともあり、初戦よりリラックスして臨むもっちゃん選手

▲負けたら9-0に追い込まれる場面であんまん選手が踏ん張る

▲優勝がかかった場面でいつになく真剣な表情を見せる板橋ザンギエフ選手

▲後がないNEMO AURORA。ネモ選手のプレイからも殺気とプレッシャーが放たれていた

▲最後はリーダーの逆転勝利によって優勝を決めた「ITAZAN OCEAN」

試合は1周目をITAZAN OCEANが全勝し、スコアを6-0に。2周目もビギナークラスは木村選手が勝利し7-0にするが、あんまん選手が見事なプレイで返して7-2となる。しかし続くエクストリームクラスの試合では、板橋ザンギエフ選手が今バージョンから被ダメージが半分になったアーマーを生かしてラインを上げ、ネモ選手を撃破。

約2カ月間に及ぶ『ストリートファイターリーグ powered by RAGE』は、昨年の『RAGE ストリートファイターV All-Star League』に引き続き「ITAZAN OSEAN」の優勝で幕を閉じた。

▲試合後のインタビューでは、自分のプレイに少し心残りがあると語った板橋ザンギエフ選手。一方、感激屋のもっちゃん選手は涙が止まらず

ITAZAN OCEANが『RAGE』2連覇!!

プロゲーマーだけでなく、若手の強豪や初心者の成長も見ることができた『ストリートファイターリーグ powered by RAGE』。それぞれの試合にドラマがあり、視聴者を熱く盛り上げてくれた。

最後には『ストV AE』のプロデューサー・小野義徳氏が登場し、全プレイヤーが参加できる公式リーグ戦の開催を予告。こちらも続報に期待がかかる。腕前に関わらず、多くの人が楽しめるeスポーツの面白さを強く感じることができたイベントだった。





©CAPCOM U.S.A., INC. 2016, 2018 ALL RIGHTS RESERVED.

■関連リンク
「ストリートファイターリーグ powered by RAGE」公式サイト
https://streetfighterleague.capcom-s.com/
RAGE
https://rage-esports.jp/
『ストリートファイターV アーケードエディション』
http://www.capcom.co.jp/sfv/AE/
OPENREC.tv
https://www.openrec.tv/