ALIENWARE ZONE

CULTURE PCゲームカルチャーに関する情報満載!

プロシーンが120%面白くなる「オリジナル観戦メモ」の作り方【『R6S』観戦のススメ 第8回】

レインボーシックス シージ』(以下『R6S』)のプロシーン観戦をより親しみたいユーザーにお届けする本コラム。前回は「オリジナル俯瞰マップ」なるものを紹介したが、今回はその延長線上ということで、「観戦メモ」の作り方について解説する。これは『R6S』の観戦用に特化したメモだが、使い方しだいでいろいろなeスポーツシーン観戦に役立つので、興味のある方は参考にして頂ければ幸いだ。

観戦メモの極意は、情報の整理と新たな発見にあり

▲戦況が目まぐるしく変わるプロの試合はメモを取って情報を整理しよう

「そもそも観戦メモとは何なのか?」という声に対する答えは、「試合の状況を分かりやすく書いたメモ」ということになる。つまり試合を行うチームやマップ名をはじめ、どちらが先に攻撃を仕掛けるのか(または防衛)、獲得ラウンド数、勝敗、ハイライトといった要素を記録する作業ということだ。

観戦メモを作ると試合の展開が一目で把握できるだけでなく、メモに整理した情報を眺めて新たな発見が生まれることも珍しくない。とくに『R6S』は"タクティカルシューター"ということもあり、各選手のハイライトやピックしたオペレーターなどを各ラウンドごとに頭で覚えておくのは大変難しい。

その点、メモを取っておけば、自分が気になる情報を外部に書き出すことで、忘れてしまう心配がなくなる。

一見面倒に思えるかもしれないが、観戦メモはプロシーンを楽しく、そしてワンランク上の視点から分析したい方にぜひとも試してもらいたいツールだ。

オリジナル観戦メモの作り方

観戦メモを作るのに必要な道具は筆記用具のみ。使い慣れたペンとA4サイズ程度の白紙があればOKである。ペンの色が1色だけでは味気ない……と言う場合は赤のペンを用意しよう。とくに何色のペンを使わないといけないという制限はない。白紙に関しても同様だが、あまりに小さい紙だと情報を記入するスペースが心もとないので、「余裕を持って書ける」ぐらいの紙を使おう。

▲今回はタブレット端末のアプリでメモを取る準備を行った

こちらが実際に筆者が普段から使っている観戦メモである(字が汚くて大変申し訳ない)。やや物足りない感じはあるが、基本フォーマットはこれで充分。その中で必ず記載しておきたい情報は以下の8点だ。

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。