ALIENWARE ZONE

eSPORTS eスポーツに関する最新情報をチェック!

CGA vs USGの2位争いが白熱! 「LJL 2019 Spring Split」Week6ハイライト(後半戦)

目次
  1. 【第5試合】Crest Gaming Act VS AXIZ
  2. 【第6試合】V3 Esports VS DetonatioN FocusMe
  3. 【第7試合】Crest Gaming Act VS Unsold Stuff Gaming
  4. LJLを観るには
  5. LJL公式情報
世界各地で大規模な大会が行われているPCオンラインゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』(LoL)の国内プロリーグ「LJLLeague of Legends Japan League)」(主催:合同会社ライアットゲームズ、運営:株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー、株式会社プレイブレーン)は、2019年のシーズン前半にあたる「LJL 2019 Spring Split」の開幕第6週全試合を2月24日(日)東京・渋谷にあるよしもと∞ホールにて開催した。

今回は、2月24日(日)Week6後半3試合のレポートハイライトをお届けする。


<以下、吉本興業の最新ニュースを伝える「ラフ&ピース ニュースマガジン」のLJL公式レポートを元に掲載しています>

後半3試合もドラマチックな展開に。
熱い戦いの模様をハイライトでお届けします!

【第5試合】Crest Gaming Act VS AXIZ

CGAはWeek5を連勝しチーム状態は良好。3位のUSGを引き離し暫定王者のDFMに追いつくためには負けられない戦いが続く中、AXZに油断することなく勝っておきたい。
対するAXZは前試合からの連戦。1位DFM、2位CGAと、強豪との連戦となるが、最下位脱出を目指し、CGA相手に食らいつき勝利を目指していきたいところ。

試合内容
CGA
Pick CGA ブルーサイド
TOP Nap:アーゴット
JG Hachamecha:リーシン
MID Luna:サイラス
BOT Art:ルシアン
SUPP Grendel:スレッシュ
アーゴット、サイラスと1-3-1でのプッシュを意識した少数戦が強い構成

AXZ
Pick AXZ レッドサイド
TOP uinyan:ジェイス
JG iSeNN:ジャーバンⅣ
MID Gariaru:カシオペア
BOT Day1:アシェ
SUPP ThintoN:タム・ケンチ
こちらも1ー3ー1が強い構成ながらも集団戦を意識した構成となった。

ハイライト
冒頭からCGAはHachamecha選手がTOPに何度もガンクを仕掛け、AXZuinyan選手にプレッシャーを与えます。
さらにクラウドドレイクも獲得し、序盤の有利を築いていく姿勢。


AXZも負けじとMIDで隙を見せたCGA Luna選手にガンクが決まり、なんとファーストブラッドを獲得したのはAXZ!
AXZは勢いそのままに、BOTにもガンクを仕掛けますが、CGA Grendel選手の見事なフックによって逆にCGAが1キルを獲得する結果に!
互いにキルを取り合う形となってしまいました。


CGAはさらにインファーナルドラゴンを獲得しバフを重ねます。
リフトヘラルドを巡る視界の取り合いが繰り広げられる中で先に動き出したのはCGA。
TOPでCGA Nap選手がAXZ uinyan選手をソロキル!そのままリフトヘラルドを獲得していきます。
CGAはBOT4人で圧力をかけてファーストタワーを破壊した後にMIDでダブルキル、TOPでNap選手がソロキルと次々とキルを重ねて、一気に有利を広げていきます。


AXZもリスポーンしたドラゴンを獲得すべく狩り始めますが、集団戦を仕掛けてきたCGAにうまく対応できずCGAが集団戦を制していきます。
さらにCGAはMIDでNap選手の後ろ側から回り込んで裏取りTP、そのまま集団戦を始めて4キルを一挙獲得!そのままバロンも獲得し試合を決めにかかります。
バロンバフを活かして、一気にMID、BOTのインヒビターも破壊してAXZを追い詰めていくCGA。
AXZも最後に集団戦を仕掛けますが、CGAがきれいにいなして集団戦に勝利する形となりました。

そのままネクサスを破壊してゲームに勝利したのはCGA!
CGAはWeek6最終戦の2位攻防戦となる、VS USG戦に向けていい形で勝利することができたのではないでしょうか。このまま勢いに乗ってUSGを倒していきたいところです。

一方AXZは連敗となってしまいました。SGがWeek6で1勝を取ったため最下位脱出からは遠のいてしまったが、気落ちすることなくWeek7に向けて準備して欲しいところです。


【第6試合】V3 Esports VS DetonatioN FocusMe

ここまでなかなか本来の調子を見せられていないV3、王者DFM相手となるが勝利して
ポテンシャルの高さを見せることができるか。
DFMはV3相手に油断せずに勝利し、連勝街道を突き進むことができるのか?

試合内容
V3
Pick V3 レッドサイド
TOP Paz:アーゴット
JG Neo:リーシン
MID Ace:シンドラ
BOT Masyo:ヤスオ
SUPP viviD:セジュアニ
BOTレーンにヤスオ、セジュアニと珍しいピックで奇襲をかける作戦!構成としては1ー3ー1でのプッシュを意識したものになった。

DFM
Pick DFM ブルーサイド
TOP Evi:サイラス
JG Steal:シン・ジャオ
MID Ceros:ハイマーディンガー
BOT Yutapon:カイサ
SUPP Gaeng:ガリオ
DFMはEvi、Ceros選手の得意チャンピオンをピックし、集団戦を意識した構成となりました。

ハイライト
冒頭、まずはV3がBOTレーンで仕掛けます。V3 Neo選手がガンクを仕掛けますがDFMは、HPを大きく削られはしたもののなんとか躱すことに成功します。


さらにBOTで有利を作ったV3は、クラウドドラゴンの獲得にも成功!Pickで奇襲を仕掛けたBOTレーンから試合を作っていく作戦を着々と進めます。
V3はBOTレーンでさらに有利を作るべく、V3 Neo選手が仕掛けようと準備しますが、うまくタイミングが合わずガンクが決まりません。
その間にDFMはリフトヘラルドを獲得し、徐々にDFMのペースへと変わっていきます。
V3はさらにもう一度BOTレーンへと仕掛けます。タワーダイブにてYutapon選手を狙いますが、ここは圧倒的なプレイで1-1トレードに持ち込むDFM。


同時にTOPでガンクを仕掛けたDFMは、V3 Paz選手をキルしてタワーの破壊にも成功します。
三度目の正直!V3はまたもやBOTレーンへとガンクを仕掛けますが、すばやく寄っていたDFM Steal選手とDFM Yutapon選手の見事なプレイによって逆にダブルキルを返していくのは、やはり王者・DFM。
V3はBOTレーンで有利を作るはずが逆にDFMに有利を取られる結果となってしまいます。

DFMも仕掛けられてばかりではありません。MIDで一人浮いていたV3 Ace選手をピックアップしたところから集団戦を始め、完璧な連携プレイで2-5エースを獲得し、DFMは大きな有利を獲得します!

後半、DFMがV3側のJGの視界の取り合いをしている事に気付いたV3、ここから更に仕掛けます。
しかしDFMが築いた有利の差は大きく、2-5エースを獲得したDFMはバロンを獲得、一気に試合を決めにかかります。
ドラゴンを獲得したDFMはそのままV3に集団戦を仕掛け、あっという間に3キルを獲得!
そのままネクサスを破壊し、DFMが勝利する結果となりました。

圧倒王者・DFM!とにかく強いの一言!!!
ここまで11勝0敗とSplitの半分の試合数をこなすも未だ負けなし。不敗記録を更新しています。
どこまで連勝街道をひた走るのか、もはや推しを越えて誰もが注目していることでしょう。

対するV3。BOTにヤスオ、セジュアニをピックし奇襲をかけ、果敢に仕掛ける一戦でした。
試合中もBOTから試合を作ろうとしましたがDFMの見事な返しで、残念ながらうまく試合を動かすことができず、選手もがっかりしている表情でした。
狙いは良かっただけに悔やまれる結果となってしまいましたが、Week7に向けてチームに問題点を修正し頑張って欲しいですね。


【第7試合】Crest Gaming Act VS Unsold Stuff Gaming

Week6最終戦は2位CGAvs3位USGの直接対決となるweek6一番の注目試合だ。
USGが勝てば2位タイと順位争いが面白くなる。さらにはweek6の5戦目のCGAvsAXZ戦でCGAが負けるようなことがあれば
勝ったほうが2位と順位が入れ替わる可能性がある。
4位の好調なRJが迫ってきていることもあり、どちらのチームも絶対に負けられない白熱とした試合となるだろう。

試合内容
CGA
Pick CGA レッドサイド
TOP Nap:エイトロックス
JG Hachamecha:リーシン
MID Luna:サイラス
BOT Art:ブラッドミア
SUPP Grendel:ガリオ
エイトロックス、ブラッドミア、ガリオと集団戦を意識しつつも1-3-1のプッシュもできる構成。

USG
Pick USG ブルーサイド
TOP apaMen:アーゴット
JG Tussle:ジャーバンⅣ
MID Dasher:リサンドラ
BOT Keymaker:エズリアル
SUPP Enty:スレッシュ
リサンドラ、ジャーバンⅣ、アーゴットと集団戦を意識した構成となった。

ハイライト
互いに序盤は大人しい展開から試合は始まります。
先に動いたのはCGAでした!CGA Hachamecha選手がクラウドドラゴンを狩り始めます。しかしUSG Enty選手の素晴らしいチェックにより逆にUSGがドラゴンを獲得。
USGはさらにCGA Hachamecha選手を狙いピックアップを仕掛けます。Hachamcha選手も見事なプレイで逃げ切ったかと思われましたが、USG Keymaker選手の狙いすましたウルトが決まり、ファーストブラッドはUSGが獲得します!
オーシャンドラゴンも獲得し、じわじわと有利を取っています。


ファーストブラッドを獲得し有利を広げたUSGはBOTでCGA Luna選手をキル!
その後BOTでファーストタワーを獲得し、BOTから試合を動かしていきます。

CGAもただではやられない!USGがMIDで仕掛けてきたところ、見事なカウンターでCGA Nap選手がダブルキル獲得!
USGに試合の流れを一切渡しません。
その後も、粘るUSG。CGAはTOPのアウタータワー、USGはMIDのアウタータワーの破壊と互いに一進一退の展開が続きます。


USGはさらにクラウドドラゴンの3つ目のスタックを獲得し、バフを重ねることに成功!
エルダードラゴン獲得時のプレッシャーを高めます。
さらに再度リスポーンしたオーシャンドラゴンも獲得し、USGはドラゴンバフを5つ重ねることに成功し、ますます勢いに乗ります。
USGはそのままバロンをも獲得しようと狩り始めますが、ここはCGAも阻止すべく集団戦を始めます。
USGはこの状況をうまく捌いた後に反転していきますが、素晴らしいプレイで集団戦を制したのはなんとCGAでした!
CGA Nap選手が2キル獲得し、MIDタワーの破壊にも繋げていきます!

再度リスポーンしたマウンテンドラゴンをUSGが獲得し、ドラゴンバフ6スタック目を獲得!エルダードラゴンを巡った熾烈な戦いへともつれ込みます。
なんとか集団戦を起こしてゲームを決めていきたいCGAは強引にUSGに仕掛け、2キルを獲得!

ここからは、リスポーンしたエルダードラゴンを巡る熱い集団戦。
先に触ったのはCGA、USGとのジリジリとした間合いの詰合いが繰り広げられます。
なんとしてもエルダードラゴンを取りたいUSG Tussle選手はスティールを狙って行きますが、エルダードラゴンを獲得したのはCGA!USG Dasher選手をキルしてそのままバロンを開始します。
USG apaMen選手はバロンスティールを狙いますが失敗!そのままキルされてしまいます。

勢いそのままにCGAがネクサス破壊し、ゲームに勝利したのはCGAとなりました。


CGAは、2位攻防戦の直接対決を制し、単独2位の座を守りました!
終盤のエルダードラゴンを巡る戦いで負けていればUSGが勝っていた試合だっただけに、チーム、ファン共にヒヤヒヤした勝利であったことは間違いありません。会場内も息をのむ瞬間の連続でした!Week7Day2の首位DFMとの直接対決に向け問題点を修正して臨んでいきたいところです。

対するUSGは本当に悔しい敗戦となってしまいました。エルダードラゴンさえ獲得できていれば勝利できていた試合だっただけにとても惜しい敗戦、としか言いようがありません。
ここで気持ちを落とさずにWeek7以降も勝利を重ね、2位のCGAを追いかけたいところです…!


来週はWeek7。いよいよ折り返し地点、ここで勝っておきたい各チームの白熱した勝負の数々、見逃せません。

LJLを観るには

観戦方法は2つ!
ファンミーティングなどもできるホールでの観戦の詳細はこちら!

【会場】ヨシモト∞ホール(東京都渋谷区)
【観戦チケット購入サイト】http://yoshimoto.funity.jp/calendar/mugendai/
※座席数およそ220席

オンライン観戦派の方にはこちら!

LJL公式Twitchチャンネル:https://www.twitch.tv/riotgamesjp

LJL公式情報

選手やゲームについて詳しく知りたい方は公式サイトをチェック!
https://jp.lolesports.com

■関連リンク
リーグ・オブ・レジェンド
http://jp.leagueoflegends.com/ja/
ライアットゲームズ
https://www.riotgames.com/
LJL公式Twitchチャンネル
https://www.twitch.tv/riotgamesjp
LJL公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCiN3B0QRdL4wn1TMJ_cJyMQ
【レポート】『リーグ・オブ・レジェンド』日本リーグ「LJL 2019 Spring Split」