ALIENWARE ZONE

EVENT ホットなイベント情報をお届けします!

【EVO Japan 2019 参戦レポート】ユリアン使いのライター自ら参加! プール抜け目前の一戦で……!?

2月15日(金)から2月17日(日)にかけて、福岡国際センターにて開催された対戦格闘ゲームの祭典「EVO Japan 2019」。当記事ではDAY1の会場の模様と、実際に『ストリートファイターV アーケードエディション』の大会に参加してのレポートをお届けする。

EVO Japanとは

近年ではラスベガスのマンダレイ・ベイで行われている、各タイトルの大会を中心とした世界最大の格闘ゲームイベント「Evolution Championship Series」(以下、「EVO」)。「最も再生されたゲーム動画」としてギネス記録にもなっているウメハラ選手の「背水の逆転劇」(EVO 2004)など、現在のようにプロシーンが確立される以前から、格闘ゲーマーたちが数々のドラマを生み出してきた。

そんなEVOが「EVO Japan」として日本での開催が発表されると大きな注目を集め、第1回を昨年1月に東京の池袋サンシャインシティ文化会館(予選会場)とアキバ・スクエア(決勝戦会場)にて開催。総来場者は約1万4000人と、大きな盛り上がりを見せた。

第2回となる今回は、会場を福岡の福岡国際センターに移して行われ、メインタイトルとして『鉄拳7』、『BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE』、『ソウルキャリバーVI』、『THE KING OF FIGHTERS XIV(以下『KOF14』)、『ストリートファイターV アーケードエディション(以下『ストV AE』』、『GUILTY GEAR Xrd REV 2』の大会の他、有志による様々なタイトルのサイドトーナメントも開催となった。

DAY1:2月15日(金)は3タイトルを予選

『ソウルキャリバーVI』、『KOF14』、『ストV AE』の予選が行われたDAY1。福岡での開催ながら、日本全国、および世界各地からゲーマーが集まり、試合や観戦に熱を上げていた。


▲会場1Fでメインタイトルの予選が行われている

▲物販ブースでは出店したゲームメーカーのグッズや、アニメ『ハイスコアガール』とコラボした公式グッズ等を販売

大会の他にも、物販やプロモーションのための企業ブースを設置。平日にも関わらず多くの入場者で賑わっていた。

▲『ストVAE』のアーケード版『ストリートファイターV TYPE ARCADE』のロケテストも。同日にロケテが行われた各地のゲームセンターとの通信対戦もできる

▲昨年に引き続き協賛している日清カップヌードル。来場者に無料配布されていた

▲会場前には屋台のトラックも。ホルモン入りの焼きチャンポン「博多ホルチャン」は絶品でした

▲2F部分ではメインタイトルの練習用ブースが設けられ、自由に野試合をすることができた

メインタイトルの他に、『ウルトラストリートファイターIV』『ドラゴンボール ファイターズ』等様々なタイトルのサイドトーナメントも行われていた。運営・スタッフ共に有志によって開催されていたこれらのイベントも、ゲーム愛に溢れた暖かい雰囲気で行われていたのが印象的。

▲メインタイトルに劣らない盛り上がりを見せていた『ドラゴンボール ファイターズ』大会。海外からの参加者の姿も

▲シティ筐体が持ち込まれ、『ストリートファイターⅢ 3rd STRIKE』、『ヴァンパイアセイヴァー』、『サイキックフォース2012』など、稼働から20年以上経った老舗タイトルの大会も盛況

▲左側に移動ボタン、右側に攻撃レバーという特徴的なコンパネで操作する対戦“格闘技”ゲーム『〜BURIKI ONE〜』のイベントも。初心者にも現役武力勢が丁寧に教えてくれる

『ストVAE』に出場してみた!

そんな中、筆者はメインタイトルの『ストVAE』に出場。まず出場者用の入場口から入ると、自分の出場するタイトルの選手カードを受け取り、プレイヤーネームと最初のプールが行われるテーブル番号を記入する。

▲プレイヤーネーム「アナキチ」で登録

筆者のプール151-Cは13:00からの開始だったので、12:30頃に151番のテーブルへ。同じプールに『ストリートファイターⅢ 3rd STRIKE』のトッププレイヤー「弟子犬」氏がいたり、隣の151-Aではプロゲーマーの「ときど」選手がいたこともありそこそこの人だかりが。

▲プール番号の書かれたテーブルに集合する

点呼や進行をするスタッフは水色のスタッフTシャツを着たボランティアの方で(運営側スタッフは赤いTシャツ)、地元の大学生などが主な様子。ボランティアはこういった大会自体も慣れてない方がほとんどだったが、筆者のプールは大会経験のある出場者が手助けするなど助け合いの精神で比較的スムーズに進行した。「お客様」ではなく「参加者」であるという意識でいることが大事かもしれない。

前の試合を見ながら自分の出番を待っていると、スタッフから「次の試合、配信台です」との報せが。そんなわけで第一試合からいきなりステージ上の配信台へと向かう。

事前にトーナメント表を見て1回戦の相手を対策するのがセオリーだが、筆者の相手は海外の方だったこともあり調べても全く情報がなく、どのキャラで来るのだろう……と思っていたらキャミィ使い。筆者が使用するユリアンが少し苦手としているキャラなうえ、Vトリガーが使い手の少ないVT2「デルタアドバンス」だったのでめちゃくちゃ不安に。

そもそもデルタアドバンスがどういう技だったか完全に忘れていたので、繰り出してくる中段攻撃を普通にしゃがんで食らうという醜態を全世界に晒しつつも、ユリアンの火力で押し切ってなんとか勝利。ウィナーズ2回戦に進出した。

▲いきなりの配信台(筆者は左)。なんだか恥ずかしいので帽子を深めに被っていたら、実況のササ氏と大和氏に「両者海外勢ですかね?」って言われてた……

ウィナーズを先に消化するという進行だったので、すぐに2回戦へ。相手はかりん使いの方で、配信台に行っていて前の試合が見らなかったのでこれまた手探りのまま試合開始。

お互いに1本ずつ取り合う接戦となったが、暴れのリターンが高いかりんに対し、「起き上がりに技を重ねるのをミスしてはいけない」と意識するあまり全部重ねにいってしまい、リバーサルの無敵技を全部食らって敗北。相手が1枚上手でした。

ウィナーズを先に消化するという関係上、ルーザーズの開始が17:30からとかなり時間が開いていたので、本記事用の写真を撮ったりしながら時間を潰すことに。人によっては4時間以上開いてしまったりもしたので、このあたりは賛否両論あったようだ。

そして夕方になり、ルーザーズのプール卓へ。自分のルーザーズのプールがどこで行われるかは、自分でChallongeのトーナメント表を見て確認する。ルーザーズ初戦の相手はガイル使いの方。先程の敗戦の教訓を活かし、攻めている場面でいったん様子を見ることでEXサマーソルトキックをガードすることができ、2-0で勝利。

続く相手はラシード。対空が非常にうまく何度も飛び込みをしゃがみ中パンチで落とされたが、たまに通る飛びからの火力と、ユリアンの強力なVトリガー「エイジスリフレクター」によるゴリ押しで2-1の辛勝。なんだかすみません。

▲内容的にはなんで勝ったかわからない感じでしたが、最後に立ってたのはユリアンでした

次のさくら使いの方には快勝し、あと1勝で明日へ繋がるプール抜けという場面に。

その前の「これに勝った方と自分が当たる」試合では、「ものすごく堅実なリュウ」vs「ものすごくヤンチャなアビゲイル」という名勝負が繰り広げられていました。個人的には堅実な相手を崩すよりヤンチャな相手をいなす方が得意なので、内心アビゲイルを応援していましたが、要所でぶっ放されるEXナイトロを冷静に処理したリュウの勝利。

こうしてルーザーズプール決勝の相手はリュウ。1本目は「波動拳の出足をしゃがみ中キックで蹴る」という事前に決めていた立ち回りが功を奏して勝利。しかしここで調子に乗ってしまった筆者は、もう波動拳は撃てないだろうと強気に前ステップしたところを止められ、ならばと飛び込んだところを落とされるという小物っぷりが出てしまい敗北。2日目進出はならず。

こうして筆者のEVO Japan参戦は幕を閉じたが、有名プレイヤーのプレイを間近で見られたり、対戦相手の方とIDを交換してネット対戦の相手ができたりと、かなり充実した時間を過ごすことができた。

▲Challongeのトーナメント表を細かく確認しながら進行するボランティアの皆さん。お疲れさまでした

まとめ

首都圏からは遠い福岡の地での開催となったが、昨年と変わらぬ盛り上がりと、ゲーマー同士の一体感を得ることができた「EVO Japan」。テーブル内での筐体番号(A~D)がわかりづらいなど、進行面ではまだ改善の余地もあったが、次に繋げてほしいと思う。

1日中格ゲーのことを考える日というのは、やっぱりいい!

実際の大会がどうだったかは下記配信動画をチェックしてほしい。1024名の頂点を決める『ストV AE』グランドファイナル、ももち選手(コーリン)vs ふ~ど選手(バーディ)の試合は本当に見どころの多い試合だったので、ぜひチェックしてみてほしい。

■EVO Japan 2019 配信サイト
OPENREC.tv
https://www.openrec.tv/user/evo_official
Twitch /evo
https://www.twitch.tv/evo
https://www.twitch.tv/evo2
https://www.twitch.tv/evo3
https://www.twitch.tv/evo4

■関連リンク
EVO Japan
https://www.evojapan.net/2019/
ストリートファイターV アーケードエディション
http://www.capcom.co.jp/sfv/