ALIENWARE ZONE

CULTURE PCゲームカルチャーに関する情報満載!

オリジナル俯瞰マップを作成する2つのメリットとは?【『R6S』観戦のススメ 第7回】

レインボーシックス シージ』(以下『R6S』)のプロシーン観戦をより親しみたいユーザーにお届けする本コラム。年が明けた2019年最初のお題は、観戦時に用意しておくと便利な「オリジナル俯瞰マップ」の作成方法について解説する。「プロの試合をよく観戦するけど、マップの構造をまだ覚えていない」という方はぜひ自作してみてほしい。

俯瞰マップを自作する2つのメリット

『R6S』は屋内戦がメインとなっており、複雑な内部構造をもつ建築物も登場する。そこでプロシーン観戦ビギナーにオススメなのが、上から戦場を見下ろせる「俯瞰図」を作成すること。そのメリットは大きく分けて以下のふたつだ。

▲キャスターモードの画面が俯瞰図のイメージに近い

  • 複雑な構造のマップを把握しやすくなる
  • 試合中における各プレイヤーの立ち回りチェックが容易に

ひとつめの「マップを把握しやすくなる」は、誰かが作成したマップをただ見るのではなく、自分で手を動かすことでマップ構造の把握が容易になるというもの。要は「目と手で覚える」わけだが、アナログなように見えて確かな効果を持つ。覚えるためと言っても、英単語を暗記するために何回もスペルを書く……とまではいかないので心配はいらない。

ふたつめ、「プレイヤーの立ち回りチェック」について。『R6S』の大会配信で用いられる観戦画面は、一部を除いて基本的にプレイヤー視点となっており、視界が前方に限られている。そのためスピーディーに試合が動くと、プレイヤーの立ち回りに追いつけない場合もある。しかし、ひと目でマップの構造を把握できる俯瞰図があると、立ち回りをある程度理解しやすくなる。

オリジナル俯瞰マップは白紙(A4程度)と筆記用具があれば作成可能。作図にあたって繰り返し直線を引くので、定規があると便利だ。

デジタル機器に強いなら、紙の代わりにイラストアプリ等を使用しても構わない。「実際に手を動かす工程」が含まれていればOKである。

オリジナル俯瞰マップの作り方

それでは早速オリジナル俯瞰マップの作成に移ろう。まず参考イメージを確認するために、Ubisoftが提供するタクティカルボードへアクセス。こちらは会員登録を済ませると『R6S』に登場する各マップ情報をチェックできるページ。スマートフォンからのアクセスには未対応なので、必ずPCから起動しよう。

▲タクティカルボードでは各種マーカー配置やテキスト入力も可能

タクティカルボードを開いたら、「CREATE A NEW TACTIC」をクリック。次に「TDM-Bomb (Defenders)」をチェックして気になるマップを選ぶ。今回は「オレゴン」をチョイスした。

▲まずはマップの輪郭をざっくりと捉える

選んだマップのイメージを元に、俯瞰図を自分で書き起こす。このとき、手を動かしながら内部構造を頭に叩き込むのがポイント。とはいえ神経質になるよりも、大体のディテールがわかる範囲で作図するほうがいいだろう。オブジェクトや壁破壊が可能な場所も、最初からすべて記入せずとも大丈夫だ。

▲破壊できる壁を赤いライン、トラップドアをTのマークで表した

全体図を大まかに書いた後、破壊可能な壁の場所、メインとなる入口、トラップドアの場所などを記入する。各フロアの名称もセットで書いておくとなお良し。俯瞰で内部構造がわかる程度にまとめれば完成となる。なお、階層が複数に分かれる場合だが、一枚の紙にすべて書くのではなく、別々にした方がスッキリするだろう。

▲試合中にプレイヤーが辿ったルートを見直すのに使うと効果大

出来上がったオリジナル俯瞰マップは、試合観戦のお供にピッタリ。手元に置いておけば、プレイヤーの立ち回りとマップ構造の紐付けが行いやすくなる。特にアーカイブ動画を視聴する際、チームごとの際立った進行ルートや防衛ラインの確認に大きく役立つだろう。

加えて試合中に気になること、例えばちょっと変わった補強壁の展開ポジションやガジェットの設置場所など、些細なことを余白に書き込むことも可能。試合を解説するキャスター陣の有益な発言を残しておくのも悪くない。こうした発見をメモしてストックするだけで、他では見られないオリジナル俯瞰マップが生まれる。

まとめ

自作でオリジナル俯瞰マップを用意するのは確かに手間かもしれない。しかし、『R6S』は屋内戦がメインかつ戦術が勝敗を大きく左右するゲーム性を持っているため、マップを覚えることはプレイヤーだけでなく観戦者にとっても重要だ。

さらに言うと、能動的に俯瞰マップを書く行為は、試合観戦のモチベーションを高めてくれると筆者は考えている。手間はかかる反面、プロシーン観戦の強力なツールとして確かなメリットをもたらしてくれるだろう。

© 2015 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Tom Clancy's, Rainbow Six, the Soldier Icon, Uplay, the Uplay logo, Ubi.com, Ubisoft, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries.

■関連リンク
レインボーシックス シージ
http://www.ubisoft.co.jp/r6s/
UBISOFT STORE(『レインボーシックス シージ』カテゴリ)
https://store.ubi.com/jp/tom-clancys-rainbow-six-siege
Tactical Board
https://rainbow6.ubisoft.com/siege/en-gb/whiteboard/landing.aspx