ALIENWARE ZONE

CULTURE PCゲームカルチャーに関する情報満載!

歓喜と怒気のCAPCOM CUP【ストーム久保の「プロ格闘ゲーマーのゲンバから」第2回】

どうも、ストーム久保です。

2018年12月14日から16日にかけて開催された世界大会「CAPCOM CUP 2018」に出場してきました。この世界大会で優勝!なんて言葉から執筆を始めたかったのですけどね……。

結果は9位タイ。TOP8に残ることはできませんでしたが、ここは皆さんに上出来だと誉めてほしいところではあります。

1年間の集大成をぶつけ合うこの大会で経験したことを、「CAPCOM CUP 2018」の思い出が美化も歪みもしないうちに書きまとめたいと思います。

1回戦

初戦は韓国のN.L選手、使用キャラクターはキャミィです。N.L選手とは「CAPCOM Pro Tour」を巡っている最中何度かトーナメントで当たることがあったのですが、トータルの成績は負け越してしまっている相手です。

勝ち越すことができないまま、N.L選手は出場が確実な位置までポイントを稼ぎ終わり、そこからしばらく予選大会には参加しなくなったので、イメージを払拭することができずに本選を迎えることになってしまい、自分の中では大きな不安がありました。

そのことは前評判にも強く影響していて、どちらが勝つかの予想では僅かにN.L選手が上回っていましたが、逆に見返してやるチャンスなのだと自分を奮い立たせて試合に挑みました。

CAPCOM CUP 2018 TOP32(OPENREC.tv)

キャミィは強いキャラクターという事もあって国内外問わずプレイヤーがいますので、大会で勝つためにも一番対策をしていたキャラクターです。

最後にN.L選手と対戦したときとは格段に対策のレベルが上がっていたのでキャミィに対する苦手意識も無く、全体的に緊張せずに自分のプレイを崩さずに戦えたと思います。

対してN.L選手は緊張からなのか、普段なら高い精度で成功させるヒット確認を失敗する場面を見かけました。

この大舞台ではどれだけ強いプレイヤーもミスをしてしまう。それは「CAPCOM CUP 2018」すべての試合で言えることだったと、今私は噛みしめます。


本調子を取り戻される前にN.L選手を倒して2回戦に進出します

平成最後のマジギレ

2回戦目はアメリカの若手プレイヤーPunk選手、使用キャラクターはかりんです。

私は彼のファンでした。「EVO2017」であのときどさんを苦しめたところを見たからです。今年は身をもって彼の上手さ、強さを知りました。

それだけに彼を許せなかった。

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。

WRITER RANKING プロゲーマーやゲーム業界人などの人気ライターランキング