ALIENWARE ZONE

facebooktwitter
ALIENWARE.TV JAPANALIENWARE SHOP

EVENTホットなイベント情報をお届けします!

Faker選手登場で『LoL』ステージ大熱狂!! RAGE 2018 WINTER イベントレポート

株式会社CyberZとエイベックス・エンタテインメント株式会社の共催による日本最大級のeスポーツイベント「RAGE」。その通算10回目となる「RAGE  2018 WINTER」が2018年11月23日(金)、千葉・幕張メッセ3ホールにて開催された。

今回も『Shadowverse』を中心に大きく3つのブースに分かれた本イベントから、本記事ではRAGE初となる『リーグ・オブ・レジェンド』のステージと、2019年から始まるストリートファイターリーグに向けた『ストリートファイターV アーケードエディション』のトーナメントの模様を中心にレポートする。

日本最大級のeスポーツイベント「RAGE」とは

2015年から開催されている「RAGE」は、「次世代型eスポーツ大会」を謳い、様々なジャンルのゲーム大会やエキシビジョン等を行う日本最大級のeスポーツイベントだ。

今回は、世界大会の予選も兼ねたトーナメントの決勝や女性限定大会等が行われた『Shadowverse』ブース、RAGEで扱うのは初となる『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』ブース、来春開幕予定の「カプコン ストリートファイターリーグ powered by RAGE」への参加権をかけたトライアウトを行う『ストリートファイターV アーケードエディション(ストV AE)』の3つに大きく分かれている。その他にもフードエリアや物販も設置され、一日を通して楽しむことができる。


世界のFaker&Bang選手が参戦!「RAGE League of Legends SUMMONER's FEVER」

ご存じのとおり、『LoL』は国内外で数多くのプロリーグや大会が行われ、現在のeスポーツを代表するタイトルのひとつ。本作のブースでは、プロチームの選手や有名ストリーマーを招待してエキシビジョンを行うステージ「RAGE League of Legends SUMMONER's FEVER」を中心に、招待されたプロ選手と1vs1ルールで対戦できたり、プロ選手のレクチャーを受けることができるスペースも設けられていた。

▲入場無料のRAGEだが、『LoL』ブースへは3000円(当日券は4000円)のチケットが必要。にも関わらず、観戦席は常に満席状態だった


▲プロ選手と1vs1ルールで対戦できるエリアも。プロを破った猛者もいたとか!

ステージ……いや、今回のRAGE全体の目玉となったのは、『LoL』において世界最高峰とも呼ばれる韓国のプロリーグ「LCK」に所属するプロゲーマー・Faker選手とBang選手の出演であろう。正真正銘の世界トッププレイヤーである両選手の初来日に、会場の『LoL』ファンも大興奮。

MCには元プロプレイヤーのDay1氏、日本のプロリーグ・LJL公式キャスターのKatsudion氏、そして芸能界きってのLoLプレイヤーとして配信やイベントにも多数出演している、俳優・タレントのケイン・コスギ氏が盛り上げる。

▲進行するのはKatsudion(写真左)とDay1氏(写真右)、そしてゲストにケイン・コスギ氏(写真中央)という豪華なMC

▲北米よりもレベルが高いと言われる韓国LCKにおいて、優勝経験もあるFaker選手(写真左)とBang選手(写真右)が来日

▲試合の実況・解説はeyes氏(写真左)とRevol氏(写真右)が担当

最初に行われたのは、人気ストリーマーがプロゲーマーを相手に1on1ルールでの3人抜きに挑戦するチャレンジマッチ。最初の挑戦者は、ストリーマーのかべお氏。最初の壁として、プロゲーマーのEvi選手が立ちはだかる。

お互いのBANの結果、かべお氏はスカーナー、Evi選手はナーをピックしてのマッチング。スキルの射程で上回るEvi選手が、かべお氏のスカーナーを寄せ付けず逃さない圧倒的な立ち回りで勝利した。

▲試合後、「プレイヤースキルが段違いすぎた」と話したかべお氏(写真中央左)と、「(かべお氏は)思った以上に強くて試合中震えてました」と話すEvi選手(写真中央右)

次の挑戦者は元プロプレイヤーのRaizin氏、対して現役プロゲーマーのPaz選手が登場。Raizin氏はイレリア、Paz選手はフィオラと、お互いに得意とするチャンピオンをピックしたマッチとなったが、
つねに先手を取って仕掛けていたRaizin選手が勝ち抜ける。

▲試合前、「負ける気はしない」と自信を見せたRaizin氏(写真中央左)と、逆に「高身長イケメンには弱い」とゲーム外の要素で弱気だったPaz選手(写真中央右)

続いて、プロゲーマーのapaMEN選手とのマッチング。Raizin氏は先程相手にしたフィオラ、apaMEN選手はビクターをピック。ビクターの回転率の良いシールドと、耐久とスロウに特化したビルドで立ち回ったapaMEN選手が挑戦者を退けた。

▲後ピックの利点も活かし、試合中も表情を変えることなく冷静にプレイしていたapaMEN選手

そして次の挑戦者として、ついにBang選手が登場。イベントとしては挑戦者側とはいえ、世界トップクラスのプレイヤーに日本のプロがどう戦うかに注目が集まる。

流石というべきか、apaMEN選手、Paz選手を破り、プロゲーマー軍3人目・Evi選手まで辿りつくBang選手。スキルの当て方・避け方といった基本的なプレイヤースキルで一枚上を行き、LCKトッププレイヤーの実力を見せつけていく。

そこではBang選手のイレリアに対し、Evi選手はトリッキーなタム・ケンチをピック。開幕から殴り合いを仕掛けるバチバチの対戦を見せた両選手だが、Evi選手がパッシブを活かした耐久や判定が細いQスキルを的確にヒットさせるプレイヤースキルを見せ、なんと世界のBangから6キルを奪いEvi選手が勝利。ハイレベルな試合に、会場も大きく盛り上がった。

▲試合前に楽しくやろうと思っていたが、前の試合を見て火がついたと話していたBang選手

▲Evi選手のタム・ケンチのパッシブによりイレリアでは実HPを削りきることができず、実況席では「卑怯だタム・ケンチ!」の声も(笑)

次に行われたのが、ケイン・コスギ氏率いるストリーマー軍と、会場から抽選で選ばれた一般参加者を含めたプロ×来場者チームで戦うエキシビジョンマッチ「ケイン・コスギのパーフェクトマッチ」。
ケインチームはストリーマーのスタンミ氏、像先輩氏、JACKPOT TEEMO氏に加え、世界で最も有名なmidレーナー・Faker選手が合流したドリームチーム。対するはプロゲーマーのCeros選手、hachamecha選手に、来場者3名が加わる。

▲(中央左から)スタンミ氏、象先輩氏、JACKPOT TEEMO氏がストリーマー代表として出場

▲Faker選手の入場は会場が最も盛り上がるシーンのひとつ

▲対するはプロゲーマーのhachamecha選手(左)、Ceros選手(右)が来場者を率いる

1マッチのみのエキシビジョンではあるが、世界のFaker選手を日本のプロであるCeros選手&hachamecha選手が抑えるという序盤戦、ストリーマーたちによるエンターテイメント性重視のハチャメチャなムーブ、そして拮抗した試合の末、最後は集団戦でビルドを整えたFaker選手の大活躍でストリーマーチームの勝利と、見どころたっぷりの試合となった。

▲色々な意味で各自が自分の役割を果たす、まさに「パーフェクト」な試合だった

▲終盤、すさまじい火力でキルの山を築いていたFaker選手。試合後、midで対面したCeros選手を手ごわかったと振り返る

▲インターバルではゲストの両選手へのインタビューが行われた

▲来年のシーズンから、abemaTVとOPENRECにてLCKの日本語放送を開始するという重大発表も!

ステージの最後となったのは、事前のファン投票で選ばれた8人のプロゲーマーが、チームFaker・チームBangに分かれて行うBO3(2本先取)のスペシャルエキシビジョンマッチ。

▲チームFakerとして戦う、(写真左から)Raizin選手、hachamecha選手、Yutapon選手、かずーた選手

▲チームBangには、(写真左から)Enty選手、Ceros選手、しゃるる選手、Evi選手
]
エキシビジョンと銘打っていたものの、内容は真剣勝負そのもの。1試合目はチーム構成がハマったこともありチームFakerが終始有利に試合を進めて勝利するも、続く2試合目は一進一退の末、自陣サードタワー付近で集団戦を制したチームBangが一気になだれ込んでゲームエンド。

最終戦となる第3試合、こちらも有利不利が目まぐるしく入れ替わる接戦となるも、キャリーとしての本領を発揮したBang選手の活躍でチームBangが勝利した。








▲2試合目、Faker選手があわやペンタキル(5人連続キル)というところを、hachamecha選手が横からキルを取り会場にどよめきが(笑)

こうして幕を閉じた、「RAGE」では初となる『LoL』のイベント。日本ではまだ未知数な部分が多かったにも関わらず、会場の熱気や試合内容も含めて素晴らしいイベントとなった。これだけの熱量があれば、日本の『LoL』シーンが世界に引けをとらないものに成長することも期待できそうだ。

▲最後の挨拶では、Bang選手から「今まで出演したイベントで一番ゲームがやりやすい環境だった」という高評価も!


次代のスター選手を発掘!! 『ストVAE』U-22限定トライアウト

カプコンの対戦格闘ゲーム『ストVAE』ブースでは、来春開幕予定の「カプコン ストリートファイターリーグ powered by RAGE」への参加権をかけたトライアウトを開催。

「カプコン ストリートファイターリーグ powered by RAGE」は、RAGEが主催する「エクストリームクラス(トッププロ選手)」、「ハイクラス(22歳以下の上級者)」、「ビギナークラス(格闘ゲームを始めて間もない初心者)」からそれぞれ1人で構成される3人チームによるリーグ戦で、「エクストリームクラス」にはウメハラ選手、ときど選手、ネモ選手、板橋ザンギエフ選手、ふ~ど選手、マゴ選手という超有名選手が参加。

今回のトライアウトは「ハイクラス」の選手を選考するもので、A~Eブロックに分かれたトーナメントを行い、各ブロック上位2名の計10選手が、6つの枠を巡り来年1月に予定している最終選考に進出することになる。

なお、「ハイクラス」の詳細な条件は、2019年3月31日時点で22歳以下かつ、プロライセンス非所持で、以下のいずれかを満たす者となっている。

・ランクマッチLP7500以上
・CAPCOM Pro Tour公式グローバルランキングポイント1以上
・ルーキーズキャラバン2018各地区大会TOP8以上

▲実況にはなない氏と大和氏(写真左)が交代で担当、解説はマゴ選手(写真右)という豪華な実況席

最終選考に残ったのは、オニキ選手・ひびき選手・さかがみ選手・きのこボクサー選手・こばやん選手・いかはら選手・もっちゃん選手・かわの選手・あんまん選手・makinomaki選手。

90年代の格闘ゲームブームのころ、まだ生まれていなかった世代の選手たちが、リーグ戦と現代の格闘ゲームシーンをどう盛り上げてくれるか今から楽しみだ。


『LoL』など扱うタイトルも増え、ますます盛り上がっていく「RAGE」。世界トップクラスの選手を招待してのイベント等、他ではなかなか見られない光景が繰り広げられているので、次回開催の際には是非足を運び、日本のeスポーツの最先端を体感してみてほしい。


■関連リンク
RAGE
https://rage-esports.jp/
リーグ・オブ・レジェンド
https://jp.leagueoflegends.com/ja/
ストリートファイターV アーケードエディション
http://www.capcom.co.jp/sfv/