ALIENWARE ZONE

CULTURE PCゲームカルチャーに関する情報満載!

新連載!【ストーム久保の「プロ格闘ゲーマーのゲンバから」第1回】人生のトリガーを引いた話

2018年からプロゲーミングチーム「Atlas Bear」に所属してプロゲーマー活動を開始しました「ストーム久保」と申します。25歳、男です。

メインで活動しているゲームは『ストリートファイターⅤ アーケードエディション』で、使用キャラクターはアビゲイル。ゲームセンターでアルバイトをしながら、2018年の「Capcom Pro Tour」を巡って12月に行われる「Capcom Cup 2018」本選に出場、結果を残すことを目標に日々活動をしています。

プロゲーマーの現場と本音をお伝えします

普段はゲームばかりしている私が、いろいろな縁あって本サイトでコラムを掲載させてもらえることになりました。

昔、通っていた渋谷のゲームセンター「渋谷スポーツランド」の店長にゲーメスト(アーケードゲーム専門雑誌。1999年休刊)をたくさん譲ってもらったことがあります。そのとき初めてゲーム雑誌を読んだのですが、なんて面白くて素敵なものなのだろうか!と何度も読み直して噛みしめたものです。

そのときから密かに大きな場で記事やコラムを書くことに憧れを抱いていたので、今回お話を頂いた時は跳び跳ねて喜びました(笑)。

執筆を開始してまずはテーマを決めることから始めたのですが、同じくALIENWARE ZONE様で掲載している先輩プロゲーマーたちのように攻略やプロゲーマー論の記事を書くべきか考えました。

先輩たちとは格闘ゲーム歴もプロゲーマー歴も大きく離れていて説得力の差が出てしまい、比べるとどうしても私の方が薄味になってしまう恐れがあります。

なのでどうにか私にしか書けないものを探した結果、「プロ格闘ゲーマーのゲンバから」と題して、「経験」をテーマに書くことにしました。私が経験した大会や対戦、出来事、感情などを頭から絞り出してお見せします。

私の頭の中にしかないものを言語化するのが難しくて難航していますが、自分が楽しんだゲーム雑誌のようにみんなにも喜んでもらえるよう……せめて暇つぶし程度になるくらいのものを書く努力をしていきますのでよろしくお願いいたします。

今回は第1回目なので、まず私が格闘ゲームを始めたきっかけとプロゲームを目指したきっかけ、つまり「人生のトリガーを引いた話」を書かせていただきます。

▲2015年ごろのストーム久保選手


格闘ゲームを始めたきっかけは『キン肉マン』

格闘ゲームとゲームセンター通いを始めたのは2008年の夏。当時ちょうどハマっていた「キン肉マン」が題材の格闘ゲーム『キン肉マン マッスルグランプリ2』がゲームセンターで稼働開始、しかも原作で好きだったキャラクターが使えると知った私は、初めて地元横浜のゲームセンターに行って格闘ゲームをプレイします。

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。