ALIENWARE ZONE

CULTURE PCゲームカルチャーに関する情報満載!

「メタ思考」で「レインボーシックスシージ」の戦術を自分なりに分析してみよう【『R6S』観戦のススメ 第5回】

レインボーシックス シージ(R6S)』のプロシーン観戦をより親しみたいユーザーにお届けする本コラム。秋も深まりそろそろ冬の顔が見え隠れしている11月更新の第5回目は、「メタ思考でプロシーンを観戦する方法」について解説する。

「メタ」は「高次な」「一段階上の」といった意味を持つ言葉で、「メタ思考」とは「俯瞰で物事を考える」という意味となる。たとえば、トラブルが起ったらそれを解決するのが一般的であろう。だがメタ思考では「なぜトラブルが起こったのか。なぜそれをトラブルだと思うのか」と一段階上から考える。

日常会話でもあまり使う機会のない言葉が、なぜ『R6S』のプロシーン観戦において重要なのか。まずはその部分の説明を踏まえてから、実際のプロシーン観戦時における思考法をお伝えしていく。

なぜ「メタ思考」が重要なのか?

▲自分の好きな場面を見つけるのもプロシーン観戦に役立つ

まずは自分が『R6S』のプロシーンを観戦する際に注目している場面を思い浮かべてみよう。例えば以下の場面はどうだろうか。

  • 圧倒的な突破力を持つプレイヤーの華麗なキルシーン
  • サポートに長けたプレイヤーやチームメンバーのサポートに徹するシーン
  • 圧倒的人数差を跳ねのけてのクラッチシーン

上記は筆者が観戦時に注目する場面だが、きっと人それぞれ十人十色で様々な光景を思い浮かんだと思う。だが、この3つの共通点はどれも試合中の「戦闘フェーズ」に発生する光景であり、本記事のメタ思考は試合が始まる「準備フェーズ」に焦点を当てた思考法だ。

サッカーや野球などのリアルスポーツで言えば、試合に出場する選手のコンディションやプレースタイルの情報を元に分析して試合の流れを分析する。つまり試合が始まってからではなく、ひとつ上の段階である試合前に自らの知識や考察を交えて戦況を予測すること。これがメタ思考の基本的なスタンスとなる。

メタ思考でプロシーンを観戦する方法

この記事の続きを読むには、ログイン、または会員登録(無料)が必要となります。