ALIENWARE ZONE

facebooktwitter
ALIENWARE SHOP

EVENTホットなイベント情報をお届けします!

【TGS2018】『ストV AE』プロゲーマーに挑戦!! HyperXブースイベントレポート

東京ゲームショウ最終日となる9月23日(日)、台湾のゲーミングデバイスブランド・HyperXのブースにて開催された『ストリートファイターV アーケードエディション』(以下『ストV AE』)の人気プロゲーマーとの対戦イベント『ストリートファイターV プロゲーマーチャレンジ』の模様をレポートする。

予選を勝ち抜いた一般参加者6名が、ウメハラ選手、ボンちゃん選手、ときど選手、ネモ選手、ももち選手、チョコブランカ選手とタッグを組み、ミニトーナメントを行うという本イベント。予選は参加者同士が次々と対戦していき、特定の時点で勝者だった人が予選通過という形となっていて、勝ち続けていた強豪プレイヤーから時間の都合で即通過となったラッキーなプレイヤーも。


6名の“持ってる”プレイヤーが決まったところで、ついにプロゲーマーたちが登壇。第一線で大会・配信等で活躍するトッププロだけあって、ブース周辺は大歓声に包まれた。

▲(写真左から)ときど選手、ウメハラ選手、ボンちゃん選手、ネモ選手。女性ファンからの黄色い声援も目立つ

▲メディアでの露出も多いももち選手(写真右)、チョコブランカ選手(写真左)夫妻も登場

チーム分けはクジ引きで行われ、バディとなった憧れのプロゲーマーとガッチリ握手。みんな緊張しながらも、プロゲーマー達が気さくに話しかけ、楽しそうにコミュニケーションをとっている場面も。



トーナメントは“大将・プロゲーマー”固定の2on2となっており、プロゲーマーと対戦するにはまず相手チームの一般参加者に勝たなければならない。

1試合目はウメハラチーム対チョコブランカチーム。ウメハラチームからはユリアン使いのShimiso選手、チョコブランカチームからはいぶき使いのヒロ選手という対戦となった。ここは開幕から攻めきったヒロ選手が勝ち抜け、相手チームからウメハラ選手を引きずり出す。

憧れのウメハラ選手との対決となったが、ウメハラ選手のガイルの前に攻めが通らず、ウメハラ選手が2ラウンド連取。プロゲーマーの強さを見せつける。

続く大将戦はウメハラ選手のガイルvsチョコブランカ選手のブランカ。飛び道具をくぐりながら攻撃できる技を持つブランカだが、ウメハラ選手はおかまいなしとばかりにソニックブームを連発して終始押し込んでいく。チョコブランカ選手も奇襲技のEXワイルドハントを決めチャンスを作る場面もあったが、冷静に対処したウメハラ選手がここでも2ラウンドを連取し、勝ち抜けを決めた。

▲パートナーのチョコブランカ選手によると、まだ中学生だというヒロ選手(写真右)。ウメハラ選手を前に緊張の面持ち

▲ブランカの突進技を的確に迎撃し、まさに要塞といった風格のウメハラガイルが勝利

続く2試合目は、ボンちゃんチーム対ももちチーム。強豪いぶき使いであるももちチームのナリ君選手がボンちゃん選手を引きずりだすと、ボンちゃんは魂のキャラ・サガットを選択し会場を盛り上げる。

1ラウンド目は、上級者であるナリ君が得意の近距離戦に持ち込み、見事ラウンド先取。しかしここからボンちゃん選手がプロゲーマーの意地を見せ、これぞサガットといった弾撃ちと迎撃で試合をコントロールし、2ラウンドを連取して逆転勝利。

ももち選手対ボンちゃん選手の大将戦、ももち選手は数ある持ちキャラの中からケンを選択。ファンの多い「ももちケン」の登場に、ここでも歓声が沸く。飛び道具に対抗する手段の少ないケンをタイガーショットで攻め立てるボンちゃん選手。しかし飛び込みのプレッシャーを盾にした堅実な攻めでチャンスをものにしたももち選手が勝利し、ももちチームが勝ち上がった。

▲昨年はTOPANGAチャレンジカップを制し、海外大会にも出場した猛者・ナリ君選手(写真右)がプロ相手に奮闘

▲ももち選手は試合後、「ボンちゃんに勝てたら世の中のほとんどのサガットに勝てるということなので自信になった」とコメント

3試合目はネモチーム対ときどチーム。ネモ選手のチームメイトのレン選手は、昨年のTGSで開催された『ストV AE』大会を見てストVを始めたらしく、そのときの覇者・ネモ選手とのチームに興奮が隠せない様子。対するときどチームのanton選手は、強豪プレイヤーとして対戦会等ではプロゲーマーとも交流のあるプレイヤー。結果はanton選手のナッシュが勝利するが、レン選手も去年から始めたとは思えないプレイで大健闘。

続くネモ選手対anton選手は、anton選手が牽制しつつ試合を進めるも、ネモ選手のユリアンが要所で的確なコンボを決めダメージレースで圧倒、試合はときど選手(豪鬼)との大将戦に。どちらもこの日行われるジャパンプレミアのTOP8に残っており、これから当たるかもしれない注目の組み合わせとなった。

試合は一進一退の攻防となったが、ユリアンの強力なVトリガーを機能させない立ち回りが光ったときど選手が勝利した。


▲ネモ選手はここで敗退。ジャパンプレミアでのリベンジマッチの可能性を残す

シード権のくじ引きによりウメハラチームが決勝進出し、準決勝はときどチーム対ももちチーム。ナリ君選手とanton選手という強豪二人がプロに引けを取らない試合を見せ、結果はナリ君選手の勝利。

しかし大将のときど選手には一歩及ばず、勝負は同じEcho Fox所属のプロゲーマー同士の対決へ。ここではコーリンを選択したももち選手だが、序盤に被弾してしまう苦しい展開が続き、勝利したのはときど選手。

▲anton選手(写真左)とナリ君選手によるハイレベルな対戦も盛り上がる


こうして決勝戦は、ウメハラチーム対ときどチームに。これまでも各所で名勝負を繰り広げてきた好カードに、会場もますますヒートアップしていく。

まずはanton選手が勝利し、ウメハラ選手との対戦へ。ナッシュ対ガイルという、飛び道具を主体としたキャラクター同士の対決となった。しかしお互いにVスキルが絡むとそう簡単にソニックブームを撃つわけにもいかず、そこでanton選手が前に出たところにウメハラ選手の迎撃が決まって、ウメハラ選手の勝利。トーナメントの行方はウメハラ選手対ときど選手の大将戦へ。

1ラウンド目は、職人のような弾撃ちでウメハラガイルがときど豪鬼を寄せ付けない。ようやくときど選手がウメハラ選手を画面端まで追い詰めた頃には、豪鬼の体力は強攻撃1発分程度を残すのみ。しかしここから、ウメハラ選手の投げは仕方ないとする割り切った防御をときど選手が読み切り、連続で投げを決め続けてまさかの逆転勝利。

2ラウンド目はゲージがMAXの状態で始まったこともあり、ときど選手が弾へのプレッシャーをかけ一進一退の攻防へ。最後はときど選手がVトリガーを使った攻めを通し、ときどチームの優勝を決めた。



最後は6名のプロゲーマー全員のサイン入りヘッドセットを賭けたジャンケン大会も行われるなど、とにかく豪華だった今回のステージ。
トッププロと気軽に交流できるという、eスポーツの大きな魅力を感じさせるイベントだった。



■関連リンク
HyperX
https://www.hyperxgaming.com/jp
ストリートファイターV アーケードエディション
http://www.capcom.co.jp/sfv/