ALIENWARE ZONE

facebooktwitter
ALIENWARE SHOP

CULTUREPCゲームカルチャーに関する情報満載!

『R6S』観戦のススメ 第1回:『レインボーシックス シージ』はなぜタクティカルシューターなのか?

銃火器や爆発物などの装備品を駆使してフィールド内の敵をせん滅するFPSは、いまさら説明することもないほど競技性の高いゲームジャンルで、eSportsの代表的な存在と言ってもいい。ここ数年は『Counter-Strike: Global Offensive』や『PLAYERUKNOWN'S BATTLEGROUNDS』(以下『PUBG』)が競技FPSシーンの中心となっていたが、急速に注目を浴びているFPSがある。それが『レインボーシックス シージ』(以下『R6S』)だ。

2015年12月10日に発売されたFPS作品で、凶悪なテロリストに立ち向かう特殊部隊の活躍を描いたシリーズ最新作。本ゲーム内のオンラインサービスは、発売から3年が経とうとしている2018年7月現在も多くのユーザーで賑わっており、eSports大会も頻繁に開催されている。チーム戦を主体にしたFPS作品は昨今において特段に珍しいわけではないが、『R6S』は「タクティカルシューター」と公式が名乗っていることもあり、戦術性の高いゲーム内容が大きな魅力だ。ちょっと独特な要素があるため、『PUBG』からFPS/TPSシーンを観るようなったファンは、少し戸惑う部分もあるかもしれない。

本稿では『R6S』のゲームシステムやタクティカルシューターと呼ばれる所以を踏まえながら、他のFPS/TPS作品と異なる部分を、「eSportsとして観戦する」視点で紹介・解説していこう。

▲画像は「銀行」マップの内部。建築物の内部は各マップとも精密に設計されている

『R6S』の観戦ポイント(1):オペレーターの存在


まず、『R6S』のタイトル名にも入っている「シージ」には、「包囲攻撃」や「包囲作戦」、そして「説得」という意味がある。この言葉から読み取れるように、『R6S』は広大なフィールドを自由に動き回るのではなく、あえて「屋内戦」に着目したゲームシステムになっている。

攻撃側は屋外から屋内めがけて包囲網を展開してから侵入し、対する防衛側は屋内に陣取って攻撃チームの侵入を食い止めなければならない。このゲームシステムのおかげで、両チームの大胆かつ繊細な攻防が不可逆的に引き出されるのだ。また、特殊部隊らしいさまざまな技能を備えた「オペレーター」を操作することで、本作の戦術性の高さに大きく貢献している。

▲『R6S』は攻撃・防衛ともにオペレーターが存在する。各オペレーターの特殊装備を正しく運用するのが勝利のカギだ

オペレーターとは、早い話が特殊装備や技能を備えた特殊部隊員であり、プレイヤーが選択するキャラクターたちだ。アメリカやイギリス、フランスといった国に実在する特殊部隊がモチーフとなっており、それぞれ衣装や装備品も忠実にゲーム内で再現されている。プレイヤーは自分のプレイスタイルにあったオペレーターを選び、屋内戦に挑むことになる。

各オペレーターが持つ装備品はどれも屋内戦が主体の『R6S』では必要不可欠で、使用するタイミング次第で吉と出るか凶と出るか結果が変わってくる。

代表的なオペレーターをいくつか紹介しよう。

・アッシュ:遮蔽物や壁を破壊するブリーチング弾を発射(攻撃側)
・テルミット:強化バリケードを破壊するヒートチャージを使用(攻撃側)
・バンディット:金属製のオブジェクトに電流を流すショックワイヤーを設置(防衛側)
・イェーガー:投擲物を自動迎撃するADSを設置(防衛側)

上記以外にもオペレーターは全部で40人いて(2018年7月24日現在)、競技大会では相手チームの戦術を予想してオペレーターを選択する思考も求められる。いずれにせよ、オペレーターは『R6S』をタクティカルシューターたらしめる要素と言っても過言ではない。

▲画像のオペレーターはテルミット。強化バリケードを破壊し侵入経路を確保する重要な役割を担う

『R6S』の観戦ポイント(2):攻め入るか守るか……主戦場は屋内!

オペレーターに加えて、『R6S』には欠かせないもうひとつの要素がある。それは冒頭でも述べたとおり、本作の主戦場が屋内であることだ。

屋内ということは、攻撃側と防衛側でいくつか戦術的プロセスが生じる。攻撃側なら、まず建物内部に入る前に外観から侵入ルートを選択し、可能ならばドローンカメラや目視で索敵する。

これに対し防衛側は、攻撃側プレイヤーが侵入経路として選びそうなルートで待ち構えて迎撃する、といった戦術が有効となってくるはずだ。

攻撃側と防衛側が接敵した場合は、プレイヤー個人のエイム力がものを言うときもあれば、大胆な裏取りで敵の意表を突くプレイングが刺さることもある。

また『R6S』は、各陣営における揺るぎない基本原則として、各プレイヤーは一度倒されると次のラウンド開始時まで復活できない。この仕様も相まって本格的な競技会では、実際の試合時間と同じくらいと言ってもいいほど、作戦立案に多くの時間を割く。

ここで戦術を確保しておかないと、プロゲーマー同士が真剣勝負を繰り広げる競技会では勝つことが難しいからだ。

▲マップ構造を把握し、特に接敵しやすいポイントを割り出しておくだけでも勝率は上がる

そして、これは何もプロシーンだけに当てはまる構図ではない。プロシーンに携わらない一般プレイヤーでも、各オペレーターの性能やマップの構造をしっかり把握するだけで、何も考えずにプレイするときと比べて勝率はずいぶん上がる。

以上の点から『R6S』は、チームメンバーと連携して戦況を有利に導く戦術眼が不可逆に関わり、そしてプレイヤー個人の戦術がダイレクトに反映される奥深さが感じられる丁寧なFPSと言えるだろう。

最後にもう一度述べさせて頂くが、『R6S』は屋内戦に焦点を当てたリアル系のFPS作品である。そして性能も装備品も違うオペレーターを使うことで、特殊部隊とテロリストの戦いをより臨場感たっぷりに楽しめるのだ。これは実際にプレイする際はもちろん、プロ同士の試合を観戦すれば肌感覚で味わえることも多い。本稿でお伝えした情報が、『R6S』のeSportsシーンに興味を持ってもらう手助けになれば幸いである。

© 2015 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Tom Clancy's, Rainbow Six, the Soldier Icon, Uplay, the Uplay logo, Ubi.com, Ubisoft, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries.

■関連リンク
レインボーシックス シージ
http://www.ubisoft.co.jp/r6s/
UBISOFT STORE(『レインボーシックス シージ』カテゴリ)
https://store.ubi.com/jp/tom-clancys-rainbow-six-siege