ALIENWARE ZONE

facebooktwitter
ALIENWARE.TV JAPANALIENWARE SHOP

eSPORTSeスポーツに関する最新情報をチェック!

「LJL 2018 Summer Split」Round1レポート 世界大会への切符をかけたリーグの開幕

2018年6月22日、Red Bull Gaming Sphere Tokyoでライアットゲームズによる『リーグ・オブ・レジェンド』の国内公式リーグ「LJL 2018 Summer Split」が開幕した。

本リーグ戦はレギュラーシーズンとプレイオフ、Promotion Seriesで構成されており、レギュラーシーズンはBO3(2試合先取制)で10週にわたって行われる。全6チームのうち、上位3チームはプレイオフに進出し、下位2チームは下部リーグである「LJL Challenger Series(以降 LJL CS)」の上位2チームとの入れ替え戦であるPromotion Seriesに臨むことになる。

本日行われたゲームのパッチは8.11。大きく変わったメタの中で迎えた、初戦の様子をお届けする。

▲平日の昼間にも関わらず、会場は大勢のファンで賑わっていた。応援グッズを身につけているファンや、選手への差し入れを手に会場を訪れる人も多かった

V3 Esports vs Burning Core


1マッチ目は昨シーズンからLJLに参加し、レギュラーシーズン4位の成績を納めたV3 Esports(以下V3)と、LJL CSから勝ち上がり、再びLJLに戻ってきたBurning Core(以下BC)の戦いだ。

序盤からWilder選手とMocha選手のシナジーによって、BCを勝利へと導いた。V3は思惑通りの戦いができなかったが、続く2ゲーム目でもWyvern選手からゲームを動かす構成で挑み、勝利を掴む。

勝敗を決める3ゲーム目。Wilder選手が序盤からゲームを動かし、序盤はBCのペースでゲームが進む。一方のV3は苦しい時間が続く。


このままBCが差を広げていくかと思いきや、ドラゴン前での集団戦でゴールド差が開いているにも関わらず、V3がエースを獲得する。どちらが勝つのかわからない状況が続いたが、バロン前での集団戦をBCが制すことで、BCに軍配が上がった。

このマッチは2-1でBCが勝利することとなった。

▲BCのファンミーティングでは、各選手の名刺が貰えるファンサービスがあった。名刺にサインを書いてもらうファンの姿も

Crest Gaming Act vs Unsold Stuff Gaming


2マッチ目は、今シーズンからLJLに出場するCrest Gaming Act(以下CGA)と、昨シーズンではプレイオフに進出するほどの力を持ったUnsold Stuff Gaming(以下USG)の試合だ。

1ゲーム目はhachamecha選手がマップを縦横無尽に動き回り、相手へプレッシャーをかける。そのままCGAは開始13分でMidレーンのタワーを2本折った。


集団戦ではLavie選手やNap選手がGango選手の行く手を阻み、ダメージを出せない状況を作ることでCGAが勝利する。2ゲーム目、3ゲーム目でもCGAが序盤から有利なゲーム展開となるものの、バロンやタワーの獲得に繋がらない。時間の経過と共にGango選手がパワースパイクを迎え、その差を埋めていく。このマッチはUSGが2-1で制した。

▲本日のUSGの集合写真は「Gangoポーズ」。Player of the MatchでGango選手がしているポーズが元ネタだ

PENTAGRAM vs DetonatioN FocusMe


3マッチ目は昨シーズン優勝したPENTAGRAM(以下PGM)と、準優勝のDetonatioN FocusMe(以下DFM)の対決だ。

静かな空気の中で始まった1ゲーム目。Steal選手と各レーンの連携により、すべてのレーンでDFMが有利になる。その強さにPGMは太刀打ちできず、タワーを1本も取れないまま敗北した。


2ゲーム目ではYutapon選手が体力の少ない状況でキルを返していき、会場には驚きの声があがる。そのままキルを重ね、Yutapon選手の存在は大きいものとなった。立て直しを図るPGMだが、DFMはゲームの流れを緩めることなく、圧倒的な力でネクサスの破壊に成功する。どちらの試合も開始から30分経たずに2-0でDFMが勝利した。

▲Player of the Matchに選ばれたYutapon選手。インタビューでは「いろいろなチャンピオンを使うのが好きなので、今のメタは楽しいです」と笑顔を見せた

初日から白熱した試合の多かった「LJL 2018 Summer Split」。LJL CSから勝ち上がってきたチームの善戦、昨シーズンから残留しているチームの意地など、今シーズンも見所の多いシーズンになりそうだ。

今回もすべての試合が会場で観戦可能になっているため、応援しているチームや選手に合わせて一度Red Bull Gaming Sphere Tokyoに足を運んでみてほしい。白熱した試合を全身で感じることができるだろう。

なお、「LJL 2018 Summer Split」は定期的にレポートする予定だ。なるべく会場の雰囲気も合わせて伝えられればと思っているので、現地でこんなところを取材してほしいなどリクエストがあれば、どしどし意見を寄せてほしい。

© 2018 Riot Games. All Rights Reserved.

■関連リンク
LJL配信サイト
https://www.twitch.tv/riotgamesjp
https://www.openrec.tv/user/riotgames_jp
『リーグ・オブ・レジェンド』
http://jp.leagueoflegends.com/ja/
ライアットゲームズ
https://www.riotgames.com/
League of Legends Japan League(LJL)
https://jp.lolesports.com/