ALIENWARE ZONE

eSPORTS eスポーツに関する最新情報をチェック!

【PUBG JAPAN SERIES βリーグ】Phase2 Day4:強豪相手にClass1昇格組の戦いやいかに……!?

DMM GAMESが主催する『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』(以下、『PUBG』)の公式大会「PUBG JAPAN SERIES」(以下、「PJS」)。現在行われている「βリーグ Phase2」の「Day4(Round1~3)」が6月16日からスタートした。

Class1、Class2というリーグに分けられている本大会だが、5月26日に開催された「Day3(Round4〜6)」では、Class 2の上位6チームが昇格、Class 1の下位6チームが降格という入れ替えが行われた。ドン勝によるポイント差を広げるべく、各チームが繰り広げる一戦一戦の攻防は、これまでの「PJS」とは異なる展開となりそうだ。出鼻をくじかれることなく後半戦の好スタートを切ったのは、いったいどのチームになったのだろうか? ハイライト動画と併せて紹介しよう。

【Round 1】陣地取りが見事だったCrest Gaming Xanaduがドン勝!



▲試合後のインタビュー「チーム全体で決めたルートを考慮しつつ、他チームがいるポイントを外しながらルート取りを決めている感じです。日頃のスクリムや野良での練習、チームの報告を頭に入れておくことが大事です。広範囲を取りながら他チームを潰すことができました」

【Round 2】Class 1初の砂漠マップを勝利で飾ったのはPNG Fairy

Class 2への昇格をかけたPJSの下位リーグ「Promotion and Relegation」(以下、「PaR」)の「Day 1・2(6月9日・10日開催)」にて試験的に採用された砂漠マップ「Miramar」が本戦でも導入された。Creast Gaming Xanadu、SCARZ、Zoo Gaming / Penguin、といった上位チームが全滅するという波乱を巻き起こしつつ迎えた終盤戦、単身生き残ったCYCLOPS athlete gamingのfuki6選手がPENTAGRAM Revive、Creast Gaming Windfall、Astro9を立て続けに殲滅。4人生存しているPNG Fairyから2選手をキルするものの、前・後方で囲まれた2体1の状況に惜しくもダウン。Class2から昇格したPNG Fairyがドン勝を取るという大躍進を見せた。

【Round 3】冷静さを取り戻したSCARZが本領を発揮



▲試合後のインタビュー「メンタル面として、前試合の調子がいいと行き過ぎちゃうことがあるのですが、低順位を取ったことで冷静になれるので、次の試合の結果も良い気がします。小屋や木に隠れながら戦っている選手が多かったので、その端っこにいる人を叩いていった感じです」

【Day 4リザルト】ドン勝だけでなくキル数によるポイントが命運を分ける


総合結果は、3試合通してコンスタントに上位入賞していたRascal Jesterが175ポイントの差を付けて1位を飾ったが、SCARZと野良連合 Grim Reaperも同ポイントで並ぶほか、7位のSunSister Suicider’sまでは各チームともに僅差による接戦となった。Day1〜Day3(Round 1〜9)にて1位を獲得したTHE SHABLESは最下位からのスタートという苦い結果となったが、今後の逆転劇にも期待したい。


なお、チームの入れ替えが行われたClass 2のリザルトでは、Class 1から降格した野良連合4U、DetonatioN Gaming、JUPITER NOVAと、PaRから昇格したKw.Berserk、PENTAGRAM Acri(ex.PENTAGRAM Navillera)、PNG ADELIAEが上位に相見えるなど、こちらも入り乱れたランキングとなっている。

次戦の「Day 5」は6月23日(土)に開催。Phase2のセミファイナルということもあり、ドン勝やキルポイントの獲得をさらに目指したアグレッシブな試合展開に期待せざるを得ない。解説を務めるSHAKA氏の的確なコメントと併せて、各チームの戦略に注目しよう。

■関連リンク
PUBG JAPAN SERIES
https://pubgleague.dmm.com/
DMM GAMES『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS
http://pubg.dmm.com/